045041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

社労士 わかふじ の 人事は心

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


就業規則専門の社労士

Headline News

Calendar

Favorite Blog

大阪北区・天満天神… エムツーさん

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
エムツー@ Re:採用面接のポイント(03/20) こんな人って本当にいるんでしょうか?・…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…

Freepage List

ようこそ

ホームページへ

いらっしゃいました

ありがとうございます
2020年01月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
働く人の側では、ワークルール教育の必要性が強くなっています。これに対応する形
で経営者側も対策・研修を行う必要があります。いわゆる「ブラック企業」「ブラッ
クバイト」問題が提起した労基法違反などの防止です。賃金、労働条件、雇用契約上
の権利義務問題、過労死・過労自殺、メンタル不調、正規労働者と非正規労働者の処
遇格差、ハラスメント、働き方・働かせ方の諸問題が多発しているのでワークルール
を職場に定着させようというわけです。青少年雇用促進法(2015年)26条で国は学校と
協力して学生等に労働法令に関する知識を付与する努力義務が規定されていますし、
厚労省告示で事業主にとっても新入社員研修の機会に労働法の基礎を周知することは
望ましいとワークルール教育について言及されています。企業がワークルールを守っ
て人事労務管理を行うと人材確保にもつながります。労働法遵守を実践している企業
の離職率は低いというデータがあります。










Last updated  2020年01月15日 11時01分57秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.