427899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~若さんの日々徒然~(旧名:スタンバイ・レディ)

2007.07.05
XML
カテゴリ:注目のアニメ
 
 (↓OPENING↓)

ひとりぼっちの切なさと
普通と違うことの寂しさ

きっと、皆知っている

大切な人がいて
いろんなものを分け合えて
支えてもらったから
私は今ここにいる

だけど、魔法の力以外で
戦うこと以外で
私は何が出来るんだろう

行き場の無い小さな瞳に
私は、どう応えればいいんだろう




StrikerS 第14話 1-1

朝の訓練(朝練)のため早起きするなのはパパ(自称)は、ヴィヴィオを
起こさないように起きます。

ヴィヴィオがなのはを無意識に探して、フェイトママの方に…(Good)

また、いつもの朝練の風景から始まって・・・
今日もボロボロなスバルたち。それでもセカンドモードにも慣れた様子。
エリオのストラーダ2(ツー)はスゴイです。


訓練の後は、なのはパパは、フェイトママと愛娘ヴィヴィオと朝食を。
ホントに仲のいい親子の肖像ですね…構成に何か?


StrikerS 第12話 1ー2


今日はデスクワークのターンのスターズ。
はやてに呼び出されたティアナは、偉い人と会うこと
にも慣れるため本局へ同行することに。

ライトニングが現場調査に向かい、副隊長はオフ…残るのはスバルとなのは。
何も起きないようにと心配するスバルですが、起きる時は起きます(笑

 
なのはたちがいない間は、寮母アイナさんがヴィヴィオの面倒を見てます。
ザフィーラは人間モードにもなれるから遊び相手には便利そう。

時空管理局本局は次元空間内にあり、クロノたちの乗るのは次元航行部隊
XV級艦船「クラウディア」惑星上にある地上部隊が『陸』で、次元航
行部隊が『海』って区分けなんですね。


StrikerS 第14話 1ー3


カリムの予言を警戒し本局は警備体制を強化、レジアスは予言も信じないので
対策をとらず。 事件がレリック騒ぎですまない場合、本局と教会の主力投入
まで最前線で独自に動ける部隊が必要。

それが、六課の役目なのでした。


フェイトは、予言のことはぼやかして、エリオとキャロに地上部隊がテロの
危険にあることを示唆。ついでに管理局の成り立ち、質量兵器の根絶と
ロストロギアの規制を目指して魔力文化に世界標準になってきた歴史
をここでおさらいする。

これからの六課の役割を考えると、大事な子供エリオとキャロには平和な道
を進ませたかったフェイトで。フェイトは、そんな二人やはやて、
なのはを守りたいと願う。

なのはは、ヴィヴィオの身の降り方が心配で、自分が保護責任者になることに。
そう言われても理解できないヴィヴィオだけど、なのはがママだと言われて
理解してくれました。 この風景は和みますね~。


StrikerS 第14話 1-4


ふたたび時空管理局本局。
ヴェロッサは、過去の罪の意識を消せないはやてを心配。
ティアナに、六課のメンバーではやての支えに
なって欲しいと頼みます。

はやてのことはみたいに見てるヴェロッサ、いい人だけど。
動けないクロノの替わりに査察官として動くみたい…
はやてはクロノは、長年親しんだ艦アースラの話題。


ミッドチルダ地上の陸士108部隊。
ナンバーズのデータを解析した結果を報告
する本局第四技術部主任のマリエルさん。

ナンバーズは、最新技術で造られた戦闘機人。
ゲンヤは、はやてにそのことを伝えに六課に
直接伝えに向かう。ギンガとマリエルも同行します。





---------------------------------------
 【当管理人の率直な感想と次回への考察】

時間が要するために、少し内容を省略してお送り
致しましたが、どうでしたでしょうか?

サブタイトルが「母と子」。

母の偉大な力と、子供を大切にそして平和を切に
祈るフェイトさんの想いには私も賛同します。

少しずつだけれど、はやての活躍が光出してきている
予感がします。活躍に期待しましょうね。


後半部分にヴィヴィオがスポットライトが当たり、
主役というか話の重要な役目を果たしている
感じがします。

まぁ、どういう役目を果たすのか?まだ未知数ですが…


さて、新婚ホヤホヤの生活を過ごしている、なのは&フェイト。
どちらも過保護的な存在で、誰もが憧れる存在になりつつ
あります。

まぁ、なのはさんとユーノがゴールイン!の確立は低ですが。。。


さて、次回は『Sisters&Daughters』 。

監督さん、英語にこだわっている訳は何でしょうか?
もしかして、世界制覇進出を企んでる?

姉妹兄弟にスポットが当たりそう。

画質が上がっているので、自己的には上出来ですがね。


次回を乞う待て! 次回作も期待大だ。



 それでは、皆さんのトラックバック・感想(考察)お待ちしております!!









最終更新日  2007.07.05 22:59:34
コメント(0) | コメントを書く

PR

サイド自由欄

 ~訪問いただきありがとうございます~ 

◇お願いとお断り

当ブログにアップした写真の
無断転載はご遠慮願います。

尚、リンクはフリーです。


【2017年1月 update】

カレンダー

お気に入りブログ

カテゴリ

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.