1667212 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わかくさ日記

全25件 (25件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

全て | カテゴリ未分類 | 園芸 | 外食 | お出掛けしました♪ | 四季の生活 | 思い出の本から | タロ | 偐万葉・ひろみ篇 | 楽天ブックスのお買物 | 楽天市場でのお買物 | 歳時記 | 川柳 | メダカ | お出掛けしました♪(大阪府内≪東大阪市の他≫) | 四季の生活(病院) | 園芸(春) | 四季の生活(春) | 外食(奈良) | お出掛けしました♪(奈良県) | 外食(大阪) | 四季の生活(冬) | お出掛けしました(東大阪市) | 園芸(冬) | 四季の生活(家族) | 四季の生活(友人) | 四季の生活(花木) | 四季の生活(色々な事) | お出掛けしました(中部地方) | 園芸(夏) | お出掛けしました(大阪府、奈良県他 関西地方) | 四季の生活(夏) | 園芸(秋) | 四季の生活(秋) | お出掛けしました♪(四国) | お出掛けしました♪(東海地方) | タロとアル | 四季の生活(家) | お出掛けしました(九州) | 岬麻呂さんマンホールカード

お出掛けしました♪(東海地方)

2016年10月07日
XML

こんばんはスマイル

9/27 大王崎灯台へ続く商店街で たくさんの地域猫が寛いでいました猫


P1000691


P1000693


P1000694


この仔は、右足が悪いようで、逃げて行きました。
きっと心ない人間に ワルサをされて、人間不信になっているのかもしれません。
P1000697


最後に遠くに居た大人の猫
P1000698
黒猫は全部同じに見えます。遺伝子が同じだという話を聞いた事があります。
うちのタロも ソックリです。


温暖な気候だから 人間も動物も住み易く 優しい人達に 
見守られ、地域猫として大切にしてもらっているのでしょう。
右足が悪い白黒子猫ちゃんを省いて みんな逃げないで 
手書きハートゆったりと暮らしているように見えましたハート音符3e417f6daa7237e6e54cb4228e3a5280b7faa716_68_2_9_2







最終更新日  2017年09月22日 16時54分50秒
コメント(18) | コメントを書く
2016年10月06日

こんばんはスマイル

9/28 志摩地中海村のクルーズとランチに行き、その後 大阪へ帰りました車


クルーズ
戻って来た際に撮りました。船長さん兼案内人さんの前は志摩地中海村 
P1000862


水上スキーが気持ち良さそう、狭い英虞湾で見たのは初めてでした。
(と言っても 英虞湾を訪れたのは数回ですが...ウィンク)
P1000822


アオサや真珠の養殖でしょうか?
英虞湾には こうした筏が無数に見られます。
P1000831


これは、観音様
でも 普通の観音様ではないそうです。
真珠が貼り詰められているとか...
P1000836


御木本幸吉氏が最初に真珠養殖を創めた島
ここには、迎賓館もあるそうな。。。
P1000840


立派な要塞のような石垣
P1000855
御木本幸吉氏によって造られた石垣で、英虞湾には60個もの
島がありますが、このような石垣があるのは、ここだけ。


志摩大橋(志摩パールブリッジ)
P1000848
別名志摩パールブリッジの名前が示すとおり真珠色に輝くアーチ型の橋で、
志摩市のシンボルです。橋の長さは234mあります。
2014年10月02日のパールブリッジ右矢印こちら


ここ辺りから 急に曇って来て、今にも降り出しそうでした。


この島は、英虞湾で人が住んでいる4つの島の一つ
P1000851
小泉元総理がお忍びで泊られた お宿があるそうです。
知られた時点で「お忍び」ではないのでは?(笑)
一泊何十万もするとかびっくりそれも連泊でないと ダメだとか。。。へぇ~~びっくり
何という島か、何という お宿かを聞いていませんでした。


P1000853
向こうは、リゾート施設、海水浴場でしょうか?


昨年、一昨年泊った「パークホテルみち潮」は、こんなに大きかったのですね。
P1000860
2014年09月29日 & 30日「パークホテルみち潮」泊右矢印こちら & こちら


空が真っ黒でしたので、海の色も どす黒かったのですが、
雨だけは降らずに幸運でした。


そして、レストランでランチ。予約していたので、待つ事もなく、通されて。
人気のレストランですので、前回は、待ったのですよ。
P1000863


P1000867 P1000868

P1000869 P1000871

P1000872 P1000874

クルーズとランチを合わせて 3,500円なんて、とても お得だったと思います。


伊勢志摩は、御木本幸吉氏によって 大きく発展した地域ですね。
宿泊した志摩観光ホテルは 志摩には泊る場所もないので 真珠のバイヤーの
為に 御木本幸吉氏から依頼されて 創始された迎賓館だったそうです。
「日本の美しい真珠、真珠王」を あらためて 感じた今回の旅行でした。

志摩にお別れして、伊勢道に入り、
P1000891
「天の岩戸口」を過ぎると すぐに猛烈なワイパーも利かない豪雨
伊勢道は、グネグネした細い道路。いやいやながらも 切り抜けなければならない...

帰りには、お伊勢さんへ詣でる時間はないものの 写真だけでも
撮ろうと期待していたのですが、走るのがやっとでした。
P1000892


下は、行きの車中から撮った 
伊勢神宮の「神聖な川、清浄な川」五十鈴川を載せておきます。
P1000591


大阪へ帰っても こんな状態
P1000900


昨年、一昨年も二日間のうち 一日は雨に降られています。
手書きハート雨女、泣き女の私ですが、今回は帰り道中だけの雨で 
まぁまぁ我慢が出来る範囲で 幸運という他ありませんウィンク
ハート音符

余談ながら スペインを旅行した時、ジブラルタル海峡を
船で渡り、セウタへ着き、モロッコへ行くつもりでした。
港には、モロッコへ行く為のタクシーが列をなして、客引きをしていました。
すぐに行ける環境。が、が、連れて行ってくれたドイツ勤務の日本人の
友達がその場になって、治安が悪いから行かないと言いだしたのです。
結局 仕方なくモロッコには行かず、セウタで買い物、ランチをして
スペインへ帰った1993年の一幕を 地中海村で思い出しました。
お陰様で危ない目にも遭わず、今 こうして生きていますウィンク大笑い







最終更新日  2017年09月22日 16時55分23秒
コメント(28) | コメントを書く
2016年10月05日

こんばんはスマイル


9/28朝 志摩観光ホテルから20分 予約済みの志摩地中海村へ行きました。右矢印こちら


下で、受付をします。
P1000885
地中海ランチとデイクルーズ プラン3,500円(税込)
【デイクルーズ出航時間】11:00 
【ランチ時間】11:30


上の写真の扉は、恐らく お伊勢さんの注連縄だろうと思います。
この地中海村では場違いな感もありますが、
伝統が守られているようで、1年中掛けられています。
P1000880


地中海村の宿泊施設
P1000804


同上
P1000879


一昨年は 雨の為 滑る石畳の足元を気にしながら 上り下りしたレストラン
P1000805
対岸に志摩観光ホテルが見えます。
前回は、2014年10月04日&05日右矢印こちらこちら


クルーズまで時間があったので、ここで一休み
P1000810


昨年2015年05月17日クルーズしたエスぺランサ号も見えて右矢印 こちら
P1000807


この桟橋から船に乗り込みました。
P1000814


レストランから桟橋までに見た植物
P1000815 P1000821


手書きハート次は、英虞湾クルージングとランチに致します ハート音符







最終更新日  2017年09月22日 16時56分18秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年10月04日

こんばんはスマイル

9/28は、大阪へ帰る日、志摩観光ホテル⇒志摩地中海村
のうち 賢島大橋と賢島橋を記載します
車


9/28の行程
志摩観光ホテル⇒志摩地中海村⇒大阪 
200km 3時間15分の行程
(観光時間は入れていません)

キャプチャ
志摩観光ホテルから地中海村まで10.0 km. 約 20分でした。


志摩観光ホテルをチェックアウトすれば2~3分、2016年(平成28年)5月26日の
サミットの為に各国首脳陣が次から次へと車で渡られた賢島大橋を撮りました。
なぁんでも ない橋が ニュースで、すごく立派な橋に見えました。
P1000768


賢島へ入る橋は一本で 警備上 守り易い場所との理由で 賢島が選ばれました。
ところが、ところが...です、それは、私の勘違い大笑い
地図を見ると小さな小さな 渡っていても気付かない橋が あります。右矢印こちら


キャプチャ (6)

賢島大橋(左上)は すぐにわかりますが、167号線(黄色)が 
近鉄志摩線に沿って走っていて、そこに橋があります。
これが昔からある古い橋、賢島橋だそうです。
どちらの橋も サミット時には封鎖されたそうです。
9/27 志摩観光ホテルへ入る時は、この賢島橋を 
渡ったのですが、実際気が付きませんでした。


賢島から相当北上した地点ですが、167号線が 近鉄志摩線
の横を沿っていて、賢島橋の雰囲気だろうと撮りました。
P1000889


手書きハート今日は、地中海村のつもりでしたが、賢島大橋と
賢島橋に終わってしまいました、すみません
ハート音符







最終更新日  2017年09月22日 16時56分53秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年10月03日

こんばんはスマイル

9/28 志摩観光ホテルの朝ですくもり


昨晩と同じ伊勢志摩サミットテーブル ラ・メール での朝食
洋食 又は 和食?を尋ねられ、“志摩観光ホテルは 
フレンチでしょうウィンク”と すかさず 洋食を選択。
 P1000762


志摩観光ホテルにとって 大きなプライド。
2016年(平成28年)5月26日のサミット第1日目のワーキングディナーで利用され、
レストラン ラ・メール内では お客が通る場所にそのまま残してあります。
P1000764


同上
P1000766


この藤田嗣治の絵画辺りが中央ですので、多分 サミットテーブルがあったのでしょう。
現在は、お客様ファーストですから テーブルは横にずらされています。
P1000800


朝食を済ませて 9:00から40分間の館内見学ツアー
ザ クラブのウッドデッキ(開業時1951年ロビーであった木造空間)で集合。
開業は戦後すぐ 資材不足で、ザ クラブの資材は、鈴鹿の旧海軍
クラブを移築して創られ、今も改造され、使われています。 
P1000774


茶室『愚庵』、本格的な茶室を見学して、


ザ クラブのワインバーでは、サミットで提供されたワイン 
P1000782


左上の高い場所は オーケストラのスペースですって...びっくり
P1000787


説明では、テーブルクロスの下は、何だったか?有名な木材(聴き逃しました)
P1000783


以下、3枚は、前日に 独自に庭を散策して撮っておいたものです。
館内見学ツアーでも ここを紹介されていました。
実際に首脳が立たれたのは、ザ ベイスイートの屋上庭園だったのでしょう。
P1000706


同上 西側から
P1000702


山崎豊子さんが 志摩観光ホテルを 定宿にされていて、
(『華麗なる一族』の舞台としても知られる。『華麗なる一族』の冒頭「陽が傾き、
潮がみちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」)(ウィキペディアより)
はこのホテルで、書かれました。


耐震工事の際に取り換えられた(のだったと)、何メートルあるでしょうか、
大きな配電盤が保存されていました。
P1000797


そして、レストラン ラ・メールで (上2~4枚の写真)の
説明を受け、屋上展望台へ向かいました。


屋上展望台では、それから向かう地中海村(右手の茶色)が 真正面に見えました。
前の建物は、ザ ベイスイートです。
P1000801


志摩観光ホテルは、大浴場はなく、同じ近鉄系の「宝生苑」へ1000円で入れます。
タダにして欲しいですね(笑) 写真にある中央の広い道路(多分)を通る送迎バスがあります。
「宝生苑」は、サミット期間中、安倍総理大臣が宿泊されたそうです。


説明は、20名という大人数ですので、『聴き取れない、えぇ加減に聞いていた』
があり、“でしょう、多分”の推測が多く申し訳ありません。


手書きハートと、こんな志摩観光ホテル体験で、次は地中海村へ向かいましたハート音符







最終更新日  2017年09月23日 18時06分37秒
コメント(20) | コメントを書く
2016年10月02日

こんばんはスマイル

志摩観光ホテルの1泊です月星右矢印こちら

去年 伊勢志摩観光に行った際、コーヒーブレイクしたいと 電話
したところ、耐震工事の為に 営業していない由、叶いませんでした。
「G7伊勢志摩サミット2016」の会場となる事が発表されていません
でしたが、内定していたのではないか?と勘ぐってしまいました。
という事で、やっと叶った宿泊でした。


志摩観光ホテル ザ クラシックの玄関
P1000700


ホテルから見える英虞湾の日の入り
P1000713


夕食は 伊勢志摩サミットテーブル ラ・メール
P1000729 P1000727
P1000730 P1000732
P1000734 P1000736
P1000738 P1000739
お料理は、さすが 美しく美味しかったのですが、
デザートとコーヒーの味は、惜しく感じました。


「 星のソムリエによる星空観察会」(火曜日)に当たり、夕食後 参加しました右矢印こちら


生憎の曇り空でしたが、北極星がはっきりと見えて感激星
かすかに見える星をレーザー光線で見せて頂きましたが、星があまり見えない
ので屋内のビデオ視聴になり、ソムリエが撮られた素敵な写真で癒されました。
晴れた夜でなかったのが とても残念です。


P1000746


P1000750 P1000754


「 星のソムリエによる星空観察会」の後、ゲストラウンジで
ワインと冷酒を飲んで お部屋に戻るとぐっすり眠ってしまいました。
P1000757 P1000720


次の28日は、館内見学ツアーがあり、参加の申し込みをしました。
手書きハートかくして 27日の夜が更けましたハート音符







最終更新日  2017年09月23日 18時07分03秒
コメント(22) | コメントを書く
2016年10月01日

こんばんはスマイル

安乗崎灯台の次は、大王崎灯台へ行きました車右矢印こちら
大王崎は、志摩半島の東南端にあり、遠州灘と熊野灘の荒波を二分
するように突出した海の難所として知られていたところです(上のHPから)


安乗崎灯台から大王崎灯台への道は 家々の槇の防風林がきれいでした。
P1000673


大王崎灯台へは途中の駐車場に車を置いて、割と急な坂道を歩きます。
ここは、商店が開いていませんが、開いているお店からは 明るい声をかけられました。
何となく 大阪の石切参道商店街に似ていました。
P1000680


大王埼灯台は全国有数の参観灯台の一つ。
階段を伝って頂上まで上ることができます。
P1000675


大王埼灯台の頂上から下
P1000676
大王埼灯台は地上~構造物頂部までの高さ22.5mで、先に登った安乗崎灯台は、
地上から頂部まで13mでしたので、大王埼灯台の方が 登るのも かなり辛く、
頂部から海を見ると もっと怖かったです。


P1000677


すぐ下の展望台からは、画家が好んで描く場所になっています。
P1000682


画家の像もありました。
P1000690
撮影ポイント?ではなく、描くポイントなのでしょう。


尚、2014年10月04日に行った時は酷い雨の為に近付けませんでした右矢印こちら


手書きハートこれで 9/27の観光は終わり、志摩観光ホテルに向かいましたハート音符







最終更新日  2017年09月23日 18時07分37秒
コメント(16) | コメントを書く
2016年09月30日

こんばんはスマイル

9/27 横山展望台の後、安乗埼灯台へ行きました車右矢印こちら
灯台への道は、車1台がやっと通れるような狭いクネクネ道を 過ぎると


灯台を管理されている方が育てられているのか、
たくさんの花が植えられていて迎えてくれました。
P1000632


P1000662 P1000665
右 もうサザンカが咲いているのですね。


そこから進むと パッと広がる「日本の灯台50選」にも選ばれている白亜の美しい灯台
P1000633


P1000636


左の階段から 右のてっぺんまで登れます。 
P1000649 P1000648
安乗埼灯台は一般公開されている参観灯台。登ることができる15基の灯台の1基です。


そこからは、美しい風景(ちょっと足がすくみました)
波が比較的に静かな的矢湾と荒々しい熊野灘の様子を見ることができます。(HPから)
(私には、どこが的矢湾か?熊野灘か?わかりません)
P1000638


灯台の真下
P1000644


下中央に 東屋がありますが、帰り際には、ここに寄って 下の写真を撮りました。
P1000645


P1000666


木下惠介監督、佐田啓二・高峰秀子主演の映画「喜びも悲しみも幾歳月」
(1957年松竹作品)の舞台となり、ロケが行われたことでも知られている。
(ウィキペディアから)

一昨年 訪れた際には 雨が降っていて、
この地へ来ただけでしたが、2014年10月03日右矢印こちら
手書きハート今回は 美しい灯台を堪能出来て 満足でした。
次は 大王崎灯台へ向かいました
ハート音符







最終更新日  2017年09月23日 18時08分06秒
コメント(26) | コメントを書く
2016年09月29日

こんばんはスマイル

9/27 28 伊勢志摩観光に行きました車
毎年のように伊勢志摩に行くのですが、今回は伊勢志摩
サミットが行われた志摩観光ホテルに泊るのがメインでした。
そして、電車で行くのではなく、今回は車で行きました。
無理がないように 綿密に計画を立てて 殆どが その通りに運びました。
が、次の日の天気予報が心配だった為に 横山展望台を前倒しに 
9/27に済ませ、それは正解で、明くる日は、案の定 荒天候でした。
  
9/27の行程 
大阪⇒横山展望台⇒安乗崎灯台⇒大王崎灯台⇒志摩観光ホテル 
229.5 km. 約 4時間 (観光時間は入れていません)
キャプチャ (5)

B.大阪⇒横山展望台 190 km. 約 2時間47分
C.横山展望台⇒安乗崎灯台 12.9 km. 約 26分
D.安乗崎灯台⇒大王崎灯台15.1 km. 約 28分
E.大王崎灯台⇒志摩観光ホテル11.5 km. 約 22分

きらきら       きらきら       きらきら       きらきら       きらきら

今日は、横山展望台右矢印こちら

3年続けて訪れています大笑い 
2015年05月21日 右矢印こちら、2014年10月01日 右矢印こちら


展望台へ上ると 英虞湾が一望出来ます。
P1000603


英虞湾には、大小60の島があるそうで、ポコポコと 
ブロッコリー??のように島が出ています(笑)
ブロッコリーのように 見えませんか?
P1000604


27日に泊った 志摩観光ホテル ザ クラシック が 見えています。
P1000623


階段もありますが、下りは このスロープをゆっくりと。
P1000620


ここで 見た花や実
P1000624


P1000625


クサギ
P1000627
いわどん0193さん右矢印こちらが 下のコメントで クサギと教えて下さいました。


P1000629


ここでも 秋が始まっているようです。


手書きハート次は、安乗崎灯台へ向かいますハート音符







最終更新日  2017年09月23日 18時08分29秒
コメント(16) | コメントを書く
2015年05月22日

こんばんはスマイル

5/13 帰路の為、鵜方駅に着きました。
 
P1190296


ホームで待っていると。。。
名古屋~賢島のしまかぜが やって来ました。
P1190298
しまかぜは、名古屋 難波 京都 の 1日1往復ずつです。


さて、自分の事に戻って、京都直通は 1日数本しかありません。
 14:25まで ないのですが、大和八木駅で乗り換えがあり、これに決めました。
P1190336
大和八木駅での 4分の乗り換え時間は、大変でした。
先ず ホームが1階だったか 階段を慌てて 下りて。。。


私達が 乗る 伊勢志摩ライナー
P1190299
去年秋に乗ったのは、右矢印こちら


私の座席は レギュラーカ-
P1190319


デラックスカーを探検 三列シート
P1190318


こちらはサロンカー
P1190308


二つを経験したので わかるのですが、
当然ながら しまかぜ と 伊勢志摩ライナーは、乗り心地が違います。
シートは勿論です。

!ここで、申し訳ない お話を。。。
私達のシートの前々列に男性が座っておられました。
その男性が ズ~~ッと口笛を吹いておられます。
こんな公衆の場で。。。と 内心 不愉快でした。
男性が 立たれた後も その口笛。。。びっくり
そこで 判明ひらめききらきら
それは、列車が きしむ音でした。
男性を疑って ごめんなさい
ぽっ
しまかぜでは、勿論 こんな音がしなくて、スムーズです。


運転席のパノラマデッキも探検
しまかぜのビューは、天井まで明るいものですが、伊勢志摩ライナーは、少し狭いです。
P1190313

P1190315


アッ、工事の方々
キャプチャ (2)


手書きハート大和西大寺駅で 乗り換え。
小さな旅行が終わりました
ハート音符


今日18:50の 夕陽が沈むところです。
P1190414







最終更新日  2018年01月09日 19時27分31秒
コメント(28) | コメントを書く

全25件 (25件中 11-20件目)

< 1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.