1708503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わかくさ日記

全239件 (239件中 221-230件目)

< 1 ... 18 19 20 21 22 23 24 >

お出掛けしました♪(奈良県)

2013年10月24日
XML

おはようございますスマイル

西の京から、赤膚焼 大塩正人窯
へ向かいました車

この窯元さんは何度も訪れていて、お馴染みになっています。
今日は、ちょこっと御機嫌伺いですぽっ

8/30~318/21~23

花窯元さんでは、四季の花が来訪者を迎えてくれます花
ミズヒキ(水引)
赤膚山焼窯元の花
真紅の小花をつけた枝は、祝儀袋の水引そっくりな事から、
この名前があります。

ホトトギス
赤膚山焼窯元の花
斑点のある花びらが、ホトトギス(鳥)のおなかにある
模様と似ているためこの名前があります。

お茶とのお干菓子で歓待して下さいました日本茶
赤膚焼窯元で頂いたお茶赤膚山焼窯元のお干菓子
白い方は、道祖神かしら?
茶色の方は、うさぎさんのようです。
とてもおいしいお干菓子でしたぺろり

この展示場には、茶室さながらの花が活けてあり、
風雅な趣きを醸し出しています。
赤膚山焼窯元の花

赤膚山焼窯元の花
シュウメイギク(秋明菊)

≪秋明菊の名前は、miketaさんが教えて下さったお陰で覚えました。≫

手書きハート明日は、お腹も減ったので、タゴールのランチですハート音符







最終更新日  2019年02月10日 20時05分21秒
コメント(24) | コメントを書く


2013年10月23日

おはようございますスマイル

今日は、西の京辺りです車

西の京辺りの地図

世界遺産 唐招提寺
唐招提寺
南大門から、金堂を覗かせて頂きました。
拝観料を払わないで、タダ撮りですので、屋根瓦が反り返り、
立派な鴟尾が乗っているのを片方しか写せませんでしたしょんぼり
それもうっすらとしか。。。

南大門
唐招提寺
世界遺産 唐招提寺
上を見ていただけば、興味深く説明されています。

唐招提寺を訪れると、いつも心が洗われるような
澄んだ空気と静かな空間を、私は感じています。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」正岡子規
法隆寺は、斑鳩にあり、全然違うお寺なのですが、
西の京辺りを訪れると、のんびりした周囲の風景に、
この句が思い浮かびます。

世界遺産 薬師寺
興楽門の前を通りましたが、
現在は何かの工事をしているようでした。
南門辺りからは、田園風景が広がり、
薬師寺の伽藍を眺める事が出来ます。
私が通った近鉄 西の京駅につながる道は、
狭くて交互通行しか出来ません。
要注意!の道です。


手書きハート明日は、赤膚焼窯元ですハート音符







最終更新日  2019年02月10日 20時05分03秒
コメント(26) | コメントを書く
2013年10月22日

おはようございますスマイル

今日は、春日大社前~近鉄奈良駅前までですカメラ

矢印方向に動きました車
春日大社~近鉄奈良駅

近鉄奈良駅前に出るには、徒歩ならば、東向商店街を抜けたら早いのですが、
車は商店街を抜けられず、春日大社一の鳥居奈良県庁前から行きます。

奈良公園
奈良公園 猿沢の池 から、春日大社一の鳥居方面

興福寺の塔
奈良公園 猿沢の池から
春日大社一の鳥居方面の樹齢何百年?

興福寺 五重塔
興福寺の塔
ここからは、興福寺五重塔のてっぺんだけ見えます。

興福寺の塔
だいぶ、五重塔が見えましたぽっ

興福寺五重塔
興福寺五重塔より写真を拝借

奈良公園観光案内所
奈良公園 猿沢の池横の奈良公園観光案内所

菊水楼
奈良公園菊水楼
高級料理旅館です。
隣には、別館和風レストランがあり、
その横には、洋風レストラン菊水もあります。

世界遺産 春日大社
一の鳥居
春日大社
樹々が少し色付いて来ているようです。

近鉄奈良駅
近鉄奈良駅
ここを右折すると、すぐに、賑やかな東向商店街に入ります。

近鉄奈良駅を出た所の「行基像」
近鉄奈良駅前

行基(ぎょうき/ぎょうぎ
像前では、
托鉢僧が修行を毎日のように、しておられます。
“奈良”で待ち合わせする時は、行基像前
一番わかりやすい場所ではないでしょうか?ダブルハート


手書きハート明日は、西の京~赤膚山窯元です。ハート音符

!この前のブログで、ゴーヤ料理のつくレポを紹介しています。
      ちょっと覗いて下されば、嬉しいです。







最終更新日  2019年02月10日 20時04分40秒
コメント(20) | コメントを書く
2013年10月21日

おはようございますスマイル

10/17 奈良公園右矢印西の京右矢印赤膚山焼窯元右矢印カレーのタゴールの食事
を、回ってきました。
車
それを4日間に渡り、見て頂きます目

三条通り、興福寺、猿沢池辺り


先ずは、JR奈良駅から、春日参道三条通りを東へ。
奈良市三条通り商店街 奈良市三条通り商店街
左は、JR奈良駅側から三条通りを見て。

右は、今度は反対を向いて、
三条通り終点の猿沢の池辺りから、三条通りを見て。
シャッターの店は、奈良の産物を売っているのですが、
観光シーズンや、休祭日に開いているのでしょうか?
お正月は賑やかでしたが、よくわかりません。

下は、興福寺と猿沢の池辺りです。
興福寺五重塔が周囲の柳と一緒に水面に映る風景はとても美しく、
奈良八景のひとつとなっています。
興福寺
興福寺の案内図、面白いのでちょっとクリックして見て下さい。
歩く人御自分に可愛い鹿さんがついて来ますよ歩く人

興福寺南円堂に、御朱印(しゅいん)
友達がをもらいに行っている間は、
興福寺と猿沢の池の間に居ましたカメラ

興福寺南円堂
この階段を登ると、興福寺南円堂があります。
この階段下が、道路を挟んで猿沢の池です。

興福寺南円堂
下から見上げると、
興福寺南円堂の屋根だけが見えていました。
!きれいな紅いもみじは造花です。

興福寺南円堂
南円堂
下で待っていたので、興福寺南円堂の写真を撮れず
西国三十三所巡礼の旅から写真を拝借(この方がとてもきれいですウィンク)
興福寺南円堂は、八角円堂で、その建築法がきわめて古様で、珍しいです。
不空羂索観音菩薩像を本尊とし法相六祖像、四天王像が安置されている。

友達が御朱印を頂いて来たのは、
西国三十三霊場納経帳
こんな西国三十三霊場納経帳に

興福寺南円堂朱印
興福寺南円堂朱印を書いて頂きます。
目の前で、サラサラと書いて下さるのです。

猿沢の池も、道路を挟んですぐ横に見えます。
奈良公園 猿沢の池
奈良公園


奈良公園
小学生の遠足のようです。

猿沢の池と言えば、柳と亀でしょうウィンク
奈良公園

奈良公園
猿沢の池の左横には、柳が見えました。
家茶屋の建物でしょうか?

手書きハート明日は、春日大社前から近鉄奈良駅を通りますハート音符







最終更新日  2019年02月10日 20時03分54秒
コメント(20) | コメントを書く
2013年08月31日

おはようございますスマイル

赤膚焼 大塩正人窯
7代目正人氏(日展会員)の芸術作品を御覧下さい。
現在は、正巳さんが9代目正人氏です。
8代目なのか、どの方の作品か、私には、よくわかっていませんしょんぼり

全部、売り物ではなく、展示して、見せて下さっています。
P1040212

P1040214
これは、花器ですが、右から空、波、海を模してあるそうです。

P1040216
花器

P1040217
奈良・西大寺 大茶盛式 のお茶碗


これは、以前、拝服した事があります。

P1040219

手書きハート芸術品ばかりで、頭がクラクラしてしまいましたハート音符

P1040222

P1040223

手書きハートやっぱり、私には、上のお湯呑みが適当なので、気になっていますハート音符







最終更新日  2019年02月04日 21時16分51秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年08月30日

こんにちはスマイル

!わたしのブログは何か、不適切な箇所があるらしく、
お気に入りに入れて下さっているお友達の更新情報に配信されません
号泣
その為、苦肉の策を考えました大笑い
いつもご紹介している、つくレポを分割して、
ブログを二つ同時に公開する事に致しました。
毎日二つ、公開しますので、よろしくお願いします。!

8/26、奈良県生駒市ア・ヴォートル・サンテでのランチの帰り、
いつもの赤膚焼 大塩正人窯
を又又、訪れました
音符

今日は、そのうちの何枚かを紹介します。

登り窯
P1040232


ここから火を入れて焼物が焼かれるのでしょうね。
P1040240

友人と一緒で、ゆっくり出来ませんでした。
今度、しっかりと尋ねようと思います。

この日は絵付け師の方は、おられましたが、
作業をしておられませんでした。

広い作業場や展示場の双方をウロウロしていると、
足元に可愛い花が咲いていました。
正巳さんと奥様が銀杯草と教えて下さいました。
P1040242


気になる美しい花瓶がありました。≪右が特に≫
右は菩薩様が、左手に持っておられる華瓶(けびょう)
模して作られたものだそうです。
P1040229


長谷寺には、3000の末寺があるそうで、この記念式典の際に配られたそうです。

正巳さんは、9代目で、7代目の御爺様は、日展会員だったとか。。。

手書きハート明日は、7代目の芸術作品をご紹介しますハート音符







最終更新日  2019年02月04日 21時15分48秒
コメント(12) | コメントを書く
2013年08月22日

おはようございますスマイル

赤膚焼 大塩正人窯
を訪れ、撮らせて頂いた残りを紹介させていただきます。

今日は、小さい物ばかりです。
P1030543.JPG

P1030542.JPG

P1030541.JPG

P1030540.JPG


P1030544.JPG

十二支の香合
P1030550.JPG

手書きハートこのような生活に使える焼物は、普段の生活で楽しめますから、
買い求めたい一つで、一番、興味があります
ハート音符







最終更新日  2019年01月28日 21時23分07秒
コメント(20) | コメントを書く
2013年08月21日
おはようございますスマイル

       マル赤膚焼を、紹介しますが、興味のない方は、スルーして下さいね。マル
           ≪自分ながら、くどくどしいと思いますので。。。≫

 赤膚焼は、天正年間大和郡山城主 豊臣秀長が、尾張常滑の陶工 与九郎を招いて
開窯させたのが始まりとされています。
小堀遠州や野々村仁清が、赤膚の地を訪れ指導にあたったといわれています。
 色合いも、青っぽいものからピンクっぽいものまで、あります。
 奈良学園前の東南部には他の地域と比較して粘土層が多く挟まれている地域があり、
この地域は赤膚山と呼ばれ、粘土層から産出される粘土を用いて赤膚焼が
製造されています。
        ≪上記はWikipediaと古瀬堯三さんから抜粋して掲載させて頂きました。≫

    赤膚焼 大塩正人窯で、正巳さんに赤膚焼の工程をザッと教えて頂きました。

1.成形
 赤膚山の土から、形を作ります。

2.乾燥
 
3.素焼き
 800℃位で素焼きをします。

4.釉)ゆう)薬をかけます。
 丈夫で美しくします。

5.本焼き
 釉かけして乾かしたものを本焼きします。
 1200~1300℃位で焼きます。

6.絵付け
 奈良絵を付けた場合は(これは、絵付け師さんがする)、
  もう一度、窯で焼きます。

   絵付けした場合は、三回、窯で焼く事になります。

   金を入れるには、温度を変えて焼くらしいです。

     手書きハート!と言うような事ですが、もし質問を受けても、私には、わからず、
           次に訪れた時の宿題として、正巳さんに尋ねます。
             どうぞ、たくさん質問を出して下さいね
ウィンクハート音符

展示場の玄関先には、風流なカメがありました。
ノウゼンカツラが浮いて、来客を迎えてくれているようでした。
P1030568.JPG

日本茶お茶の接待を受けた後、ゆっくりと、見せて頂きましたぽっ
展示されているお香入れ
P1030565.JPG

P1030567.JPG

P1030564.JPG

P1030549.JPG

P1030548.JPG

下は、展示場に入った場所にある、御自慢の壺
P1030562.JPG


奈良絵の由来
 室町時代の末期頃から江戸時代にかけて作られた、横本形式の絵草紙「奈良絵本」に
描かれた絵を奈良絵と呼んでいる。
  構図も単純で明るい彩色の素朴な画風は「過去現在因果経」(釈迦の前世の生涯から
現世に生まれて苦行を経て覚りをひらき、その後多くの人々を得度させたことを
説いている。)にみられ、大和絵の伝統を引くものである。
 赤膚焼の名工、奥田木白(江戸末期の陶工、赤膚焼の中興の祖)によって、赤膚の温雅な
上釉に巧みな筆觸でかかれた奈良絵は、奈良の豊かな気分を充分にただよわせた、
掬めども盡きぬ、雅趣の漾うものであります。 
                      ≪尾西 楽斎さんのHPより≫


       手書きハート明日は、撮らせて頂いた、残りを紹介させて頂きますハート音符






最終更新日  2019年01月28日 21時22分49秒
コメント(14) | コメントを書く
2013年08月20日

おはようございますスマイル

先日、赤膚焼 大塩正人窯を訪れました。

息子さんの正巳さん(今は当主かしら、今度、ちゃんと尋ねてみます)
が、丁寧に案内して下さいました。
冷たいお茶の接待がとても嬉しかったです。
この日は、作業場も絵付け師の方もお休みで、見れませんでした。
普段は、見学出来るそうです。

今年の干支のヘビを展示されていたので、来年の馬の予約を乞うと、
もう出来ているのがあるとの事、見せて頂きました。
P1030546.JPG

P1030551.JPG
上は、馬と、正巳さん

どさん子風の馬が、暖かくて、思わず買い求めてしまいました。
まだ、お箱もないとの事で、マケて頂きました。
P1030556.JPG
上のように、塗り台に乗せるとそれが下に映り、
そんな楽しみ方もあると説明されました。

割れないようにきれいに梱包して下さった手提げ袋は、
昔そのままの電話番号が残されていました。
いつの頃の電話番号でしょうか?
ずっとそのままを使っておられるようです。
ちなみに現在の電話番号は、45-4100です。
P1030587.JPG

奈良絵が可愛いお名刺を頂きました。
その裏面です。
P1030987

明日は、赤膚焼の工程の説明を受け、
展示されている作品と共に紹介させて頂きます。

手書きハート普段の生活と違う、贅沢で貴重な時間が流れて行くようでしたハート音符







最終更新日  2019年01月28日 21時22分23秒
コメント(20) | コメントを書く
2013年07月11日

こんにちはスマイル

先日、懐かしい青春の頃の思い出の場所に立ち寄りました。

赤膚焼大塩昭山さんの窯元さんを訪れました。
その昔、私はこの窯元さんの作品が大好きで、
作業所に出入りして、何も買いもしないのに、遊びに行きました。
若いとは言え、厚かましい事でした。
その頃は、いっぱいの研修生の方がおられました。
今は、どうなのか、知りませんしょんぼり
でも、それは、大昔の事。。。先代の頃のお話です。

丁度、お昼休みの時間で、展示場は閉まっていました。
P1060492.JPG
戸は、鏡状になっていて、デジカメで構えているのは、恥ずかしながら、私です。

隣の大塩玉泉さんでは、お茶の接待付きでの体験教室もあります。
昔は、こんな施設はなく、広い作業所の横に、
ちょっとした展示場があるだけでした。
すごく作業所が目立っていたような気がします。
P1060493.JPG

作業所の二階に神社があります。
P1060494.JPG

駐車場のお隣は、どなたのお屋敷でしょうか?
とても立派ですびっくり
P1060495.JPG

手書きハート昔、可愛がって頂いた方も、既に、おられないだろうと、
入る事なく、後にしました。
あまりにも、きれいに整備され、入り辛く感じました。
今度は、ゆっくりと訪れたいです
ハート音符

奈良市側中町ランプから第二阪奈有料道路へ入る前、
赤信号だったので、撮りましたカメラ
向こうに見えるなだらかな山は、生駒山です。
P1060497.JPG

生駒山の下のトンネルを10分程走ると、大阪側西石切ランプに入ります。
ここでも、赤信号だったので、パチリカメラ
さぁ、信号は青になりました!!
GO!!車
P1060509.JPG
第二阪奈有料道路がなかった頃は、阪奈道路を30分はかかりました。
(この阪奈道路も昔は、有料道路でしたが、30年前位に無料になりました。
カーブが続き、運転は楽しいのですが、
時間的には、第二阪奈有料道路を利用してしまいます)

大阪外環状線の大阪経済大学
の横でも、赤信号だったので、パチリカメラ
P1060412.JPG

手書きハートという、ちょっとしたお出掛けでしたハート音符







最終更新日  2019年01月19日 20時41分25秒
コメント(20) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全239件 (239件中 221-230件目)

< 1 ... 18 19 20 21 22 23 24 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.