594675 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わかめの「えっ!」日記

PR

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

復活!ドンキーコング♪(季節限定)

2016.05.01
XML
飛び石連休の日。

とりあえず、そろそろ次の段階の準備をしなければいけないと思い、
アドバンス的なD.K.を考えました。

・・・で作ったのはいわゆる「チェックシート」。
習熟の度合いを項目ごとにチェックしていくの。

作っていて「これは厳しいチェックシートかも」と思っちゃった。






最終更新日  2016.05.01 18:33:36
コメント(2) | コメントを書く
2015.05.11
今年もおかげさまで、D.K.の季節を過ごしております☆
わかめ的には、ひたすら基礎を繰り返す日々です。

3・4時間目V小学校。40名ほどの生徒さんたち。
特別日課を知らされておらず、到着した時には既に10分経過。
いかんなー。。。
でも、わかめの責任ではないだろうと割り切ってスタート。(引きずらないのが大事)
所で、やっていて困ったのは、先生が4人ついててくださって(・・・これは別にいいの)
何かにつけて生徒に声をかけてくださる。
これをやられると、生徒たちがその度にその先生(教室に4か所おられます)の方を向き、
全然集中できません。
ホント、わかめに任せてくださるのが一番ありがたいです。

5時間目W小学校。40名ほどの生徒さんたち。
「爆発していたクラス」という割には、落ち着いて授業ができました。
全然問題なし。
以前、「大垣笛の会」でご一緒させて頂いていた先生にも聴いて頂いて嬉しかったです☆

4月の中旬から始まって、ウイークデーは毎日予定が入っています。
体調を崩せない毎日は気持ちに張りができて、ありがたい事です。

・・・ちなみに、D.K.というのは、小学校3年生でリコーダーを始める生徒たちに、教科書に入る前の部分を分かりやすく伝える「はじめの1歩♪」としてやらせて頂いている『導入(D.)講習(K.)会♪』の略称です☆
わかめとしては「公開したいのかしたくないのか微妙な話題」という事で『ドンキーコング♪』などと書いているのでした。






最終更新日  2015.05.11 19:36:50
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.10
今年もおかげさまで、D.K.の季節が始まりました☆
わかめ的には、ひたすら基礎を繰り返す日々の始まりです。


A小学校3、4時間目。40名ほどの生徒さんたち。

1年ぶりの講習はドキドキもしますが、何年も同じ事をしゃべっているので、始まったら流れていく感じです。
今年も、ちょっとだけ困ったのは、楽器紹介のコーナーのソプラニーノリコーダーで演奏する「小さな世界」がとっさに出てこなかった事でした。大丈夫ですが。


…D.K.というのは、小学校3年生でリコーダーを始める生徒たちに、教科書に入る前の部分を分かりやすく伝える「はじめの1歩♪」としてやらせて頂いている『導入(D.)講習(K.)会♪』の略称です☆


…わかめとしては「公開したいのかしたくないのか微妙な話題」という事で『ドンキーコング♪』などと書いているのでした。


とにかく初日が出て嬉しかったな、という内容の日記でした☆
(お相撲さんかよ。。。)






最終更新日  2014.04.11 19:06:50
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.26
市内の某小学校からオファーがありD.K.に行ってきました☆

こんな時期なので「・・・初歩の話でいいんですか?」みたいな事ですが、いいそうなので構わずに実施。

・・・何だか先生がいっぱいだなぁ、と思ったら教育実習生さんたちが数人「珍しい機会だから」と見学に来ていたのでした。
中には音楽専攻の方もおられたそうで、少しでも役にたてばいいなぁと思いました☆

この日は「リコさぁ♪」の日でしたが、明日にずらしてもらいました。
ありがたい事でした☆






最終更新日  2013.09.26 18:48:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.17
市内の小学校にD.K.に行きましたよ☆

そして、その前の時間に4~6年生を集めて、合同の音楽の授業をしました。

先生が仰るには「音色が汚い」のだそう。
音楽の先生が仰るんだからそうなんだろうけれど、
どういう意味(を含んでいるの)かな~?
とか、考えながら授業をしました☆

わかめはいつも音楽は「イメージありき」だと思っていて、
それが所見の新曲だろうがどんなジャンルであろうが、とにかく何だろうが、
音にしていく課程で想像力たくましく膨らませて演奏に向かっています。

でも、特に限られた音だけで演奏するような「練習曲」だったりすると、
音に意味合いを感じられなかったりします。
イメージが膨らまないの。

・・・で、そんな事にならないように、教材を「かえるのうた」に指定。

黒板に階名を書いて、「さぁ♪やりましょう♪」という感じ☆


一応、1時間の間、気がついた事を指摘してやってみて、
最後には6年生の協力をもらって「カノン」を仕上げました☆
4,5年生は6年生のステキなカノンを聴いて
きっと憧れを持ったと思うし、6年生は面目を保ったというか、
さすが上級生!・・・という演奏になってました☆


ちょこっと休憩した後に、今年度予定していた最後のD.K.をやりました。

こちらは、1ヶ月ぶり位の講習になるので、2つの点で到りませんでしたが、
今となっては「こんなもんかな☆」と思います。


また精進したいと思います☆






最終更新日  2013.07.17 18:27:44
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.11
今年も終盤となりました☆

D.K.33日め。53校めのA小学校。
20人ほどの3年生を相手にお話してきましたよ☆

・・・実はここのところ、わかめは足が悪くて、
曲げたり伸ばしたりという動作で痛みがあったりします。
その上に、昨日から風邪をひいてしまったらしく、喉が痛いです。つかん。

・・・でも、そんな時こそ「から元気☆」元気よくお話させて頂きました。


・・・内容の方はというと。

ここのところずーっと「リコーダーは吹かない!」をテーマに講習しており、
リコーダーの言葉「笛語」をどう実践で身につけさせるかってやってます。

時間も、45分とかいう規定の枠をあんまり意識してなくて、
前もって「10分くらいは延長します。」とか言って。

・・・ずいぶんわがままなやり方になってますね。


・・・その分、熱意を込めて一生懸命やってますので、
現場の先生にはご理解いただいているとおもってますすす。。。






最終更新日  2013.06.11 18:38:17
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.10
今年もD.K.の季節が始まりました☆
わかめにとってはひたすら基礎を繰り返す日々が始まったわけです~。


A小学校3、4時間目。37名の生徒さんたち。

…とにかく1年ぶりの講習なので、ドキドキしていたわけですが、
もう何年も同じ事をしゃべっているので、始まったら流れていきます。
…ちょっと困ったのは、楽器紹介のコーナーでアルトリコーダーで何を演奏するか、ということ。昨年は何をやったかしら。憶えて無い~。というわけで、ふるさとを演奏しましたが、キーが子どもの音域に合ってない。子どもたちが裏声で歌ってくれたの、申し訳なかったのでした。


B小学校5時間目。17名の生徒さん。

2時間あれば反復しても話を膨らませても大丈夫な訳ですが、1時間しか無くてその後は下校ですとかいう場合は、きっちりと内容を枠の中に納めるというのも大事なポイント。
模範演奏を終えた直後にチャイムが鳴ったので、完璧な内容だったかなと自己評価しています☆


…D.K.というのは、小学校3年生でリコーダーを始める生徒たちに、教科書に入る前の部分を分かりやすく伝える「はじめの1歩♪」としてやらせて頂いている『導入(D.)講習(K.)会♪』の略称です☆

…わかめ自身は「公開したいのかしたくないのか微妙な話題」という事で『ドンキーコング♪』などと書いているのでした。











最終更新日  2013.04.13 08:55:46
コメント(1) | コメントを書く
2012.06.21
今日は4年生相手に「オクターブ上の音を出せるようになろう☆」の日でした。

わかめはいわゆる「地域人材講師」。
授業の進行を専門的な立場からフォローする役割でした。

授業はまず、
「高いミ・ファ・ソを使った曲の模範演奏」でした。

わかめが準備していたのは
「聖アントニーのコラール」のはずでした。


・・・なのに、演奏を始めたら「クリーゲルのメヌエット」になってた。。。

・・・確かに、定番の曲なので、候補には挙げていたけれど、
今回に備えて練習していたのは「コラール」だったはず。


・・・何で本番で間違うかなぁ!!!

・・・ラッキーだったのは、曲の間違いに気がついたのが授業終了後だったこと。
もしも授業中や演奏中に間違いに気がついていたら、動揺すること間違いなし。


・・・ま。


誰も気がついていない事を祈ります。


「オクターブ上の音」ってのは教え方が難しい。

わかめが子どもの時には「親指の孔を半分開けて強く吹く」って習いましたが、中国式じゃないんだから、そんな大雑把な乱暴な事はおすすめできません。
(ちなみに中国で普通にリコーダーを買うと、この縦笛の親指の箇所には穴がありません。表側6箇所に穴が開けてあり、「穏やかに吹く→急に吹く→すごく急に吹く」、この作業で3オクターブを操れます、と書かれています。)


・・・ところで今の教科書には「少し穴を開けて「ティーティー」と発音すると良い」みたいな事が書いてあり、このテのノウハウ解説には無理があるよなーと今更ながらに感じています。


・・・そもそも「エ(テ)」の発音は喉をつぶすので良くないし。


リコーダーのサミングのテクニックは「親指の開け方は「ほんのわずか」であり、自分の出している音を聴きながら確かなモノにしましょう」という事をちゃんと伝えておきたかったなぁ。。。






最終更新日  2012.06.22 00:13:39
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.11
今年の50校めの講習会をしました☆

・・・終了後、校長室にて反省会。

今年も50校を無事に終えた事、
今更ながらに、ちゃんと「伝えるべき」を伝えているかな、
節目を迎えてそういう事を(重点的に)反省しています。

・・・来週にはまた発展的な授業もあり、
「基礎・基本」とはどういったものなのか。

・・・普段接する楽器について深く掘り下げた考察を重ねています。





「他にも何か楽器をなさってますか?」との問いに
「いや。ホントに何もしてないんですよ。・・・ただ、この講習は10数年続けており、これをやってませんとは、もう言えませんよねぇ。(笑)」



・・・というやりとりがあった事は、わかる人にはわかる話ですよね。。。




大事な事は、「いつ始めたかでは無い」と思うのですよ。




・・・いつだって、「思いついて始めた事を続ける勇気があるかどうか」だと思うんですよね。





・・・そしてそれは、他人が決める事では無いと思うんですよ。






最終更新日  2012.06.11 21:16:50
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.27
リコーダー導入講習会12日めでした☆

この日は市内のQ小学校へ行ってきましたよ♪

…短縮授業だったので、あらかじめ先生に「…時間が無いので、こちらのペースでお話させて頂きたいです」とお伝えしたら、先生から子どもたちに「お話を聞いてないと置いていかれるよっ」とか言って頂けて☆
そんなやり取りがあったおかげか、素直に言うことをよく聞いてくれました☆

時間が無ければ割愛するところの「テスト」もやる事ができ。それもほとんどの子が合格するという画期的な達成度で、いい時間が持てたなーと思いました☆


…同じ時間、6年生たちは郷土の化石についての授業を専門の先生から受けていて、そんな様子がホームページにアップされていたので日記に書いてみました☆






最終更新日  2012.04.28 09:16:33
コメント(0) | コメントを書く

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.