1981911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2017年の仕事です。
3月「亡国の剣姫と忘国の魔王」美少女文庫より発売されました。
4月「生業《なりわい》としての小説家戦略――専業作家として一生食っていくための「稼げる」マニュアル54」電子書籍で発売されました。
5月「桜の咲くころ、僕と妹(きみ)は再会する」美少女文庫より発売中です。
6月「文章を仕事にするなら、まずはポルノ小説を書きなさい」雷鳥社より発売されました。
6月「君に謝りたくて俺は」講談社ラノベ文庫から発売されました。
7月 ソーシャルゲーム「なみあみだ仏っ」イベントシナリオ「仏前の契り~The Summer Bride~」執筆しました。
10月「人生経験を生かして小説家になろう! 今すぐ使える執筆メソッド36の書き方・売り出し方」電子書籍で配信されました。秀和システムから発売された「50代60代なら誰でも面白い小説が書ける」の電子書籍版です。
10月「処刑姫リーゼロッテ」美少女文庫より発売されました。

発売中
11月18日「金色狼な妹と新婚スローライフ」美少女文庫より発売されました。

進行中の企画。
2018年春頃発売予定 美少女文庫書き下ろし(執筆中です)
2018年春頃発売予定 某社書籍書き下ろし(企画にゴーは出ましたが、まだ書いていません)
いつか 某社ライトノベル書き下ろし(企画書提出中です)
いつか 某社書き下ろし(プロット不採用になりました。別のプロットを提出する予定です)
いつか 某社ライトノベル書き下ろし(企画書提出中です)

わかつきひかるは奈良県在住の小説家です。1997年よりライターをはじめ、別ペンネームを含めて著書百三十冊以上。デビュー20年になります。
2001年ナポレオン大賞授賞。2007年幻冬舎アウトロー大賞特別賞授賞。2011年宝島社日本官能文庫大賞・岩井志麻子賞受賞。
『ニートな彼とキュートな彼女』が2014年に「世にも奇妙な物語」にて映像化されました。メディアミックス多数あり。「Myシリーズ」は美少女文庫歴代一位の売り上げを記録し、現在もなお破られていません。美少女文庫最古参&最多出版点数&最多増刷作家です。ジュブナイルポルノの女王。
くわしい経歴はこちらのページからどうぞ。

仕事のご依頼歓迎します。お見積もりは無料です。ご連絡は、wakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。
ファンレターをくださる読者様は、それぞれの出版社あてに送ってください。編集部が転送してくれます。

取材お受けします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。第3日曜日の内容は講義方式です。
費用は一回2500円(三回前納6500円)
月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費等は一切頂きません。とびとびに来ることもできます。
2017年12月17日(日)AM10:00~12:00 冒頭の書き方、テーマが与えられたときの企画の立て方。企画書の書き方。
2018年1月21日(日)は文学フリマ京都に出席するためお休みです。
2018年2月18日(日)
2018年3月18日(日)
2018年4月15日(日)
第四火曜日のレッスンは、合評会中心で、事前に小説をメールや郵送で渡しておき、感想を言い合い、講義も行うというものです。そのため、連続して来て頂く必要があります。少しずつ書いて長編を完成させる方もいらっしゃいます。現在満員ですが、欠員が出たらアナウンスします。一回2000円、都度払いです。
11月28日(火)AM10:00~12:00
12月26日(火)AM10:00~12:00
1月23日(火)AM10:00~12:00
2月20日(火)AM10:00~12:00

イベント参加予定。
2018年1月21日(日)文学フリマ京都、粟生慧先生と合同で参加します。

編集トラブルの相談お受けします。
原稿料の未払いでどうしていいかわからない、企画を通して三回も書き直しをしたのに本が出ないと言われたなど、トラブルで困ってる方がいらっしゃいましたら、私でよければアドバイスします。編集者とケンカする前に、あるいはネットで書いてしまう前に、私にメールをしてみませんか。契約書に気になる条項がある、と言った質問もお答えできます。相談料は一件1000円です(いたずら防止のためです。面識のある方は無料です)。

教室に来たいけど遠方でこれないという方向けに通信添削をお引き受けします。(2017年12月から2018年2月まで、事前にご予約を頂いている方以外、お休みを頂きます。3月ごろからまた再開します)
小説をプリントアウトして、送って頂いたら、一週間以内に添削と講評を書いてお返しします。
原稿用紙50枚まで 2000円
51枚~100枚 3000円
101枚~150枚 4000円
151枚~200枚 5000円
201枚~250枚 6000円
251枚~300枚 7000円
301枚~350枚 8000円
351枚~400枚 9000円 それ以上の枚数は、50枚ごとに1000円増えていきます。
(費用の内訳は添削50枚ごと1000円、講評1000円です)
さらに返信の送料(レターパック360円)を実費で頂いています。

プロットチェックお受けします。
長編小説の投稿をするさい、はじめにプロットのアドバイスをしてほしいという申し出がありました。
A・プロットのアドバイス一件2000円
B・はじめに200字ほどのあらすじを4本ほど出してもらって、その中のひとつを選びプロットにして頂き、プロットの書き直しを3回まで見るコース5000円 商業でするときのやり方です。
どちらかお選びください。(小説教室の生徒さんは無料です)
2017.11.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は小説教室でした。ご参加いただいた方ありがとうございました。

次回は12月17日です。
内容は
1.冒頭
2.テーマが与えられたときの企画の立て方
3.企画書の書き方です。

冒頭で死体を転がせ、というのですが、初心者の小説は冒頭が下手です。冒頭から読者をつかむ書き方を練習します。

テーマが与えられるというのは、プロになるとよくあること。
「○○が売れてる。○○を書いて」と言われます。
あるいは、この新人賞では××が受賞しやすいみたいだから××を書こう、と考えることもあるでしょう。

そういうとき、テーマから逆算して企画を作り、テーマという縛りの中でオリジナリティを出すやり方を練習します。
二時間の教室で、企画書をひとつ書いていただきます。

クリスマス前の教室なので、わかつきからささやかなプレゼントがありますよ。

次々回2018年1月21日はお休みです(私が文学フリマ京都に行くからです)。

次回ご参加お待ちしています。







最終更新日  2017.11.19 19:39:28


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.