2743933 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2019年08月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
小説教室の生徒さんからメールが来ました。

某地方文学賞に応募したら、応募規定を守ってないから再度提出しろと電話がかかってきたそうです。

彼女はウエブ応募したのですが、テキストで保存して応募フォームからアップロードしたら、「ワード文書で、応募規定通りに再度投稿しろ」だそうです。
応募規定​にはこうあります。

(引用はじめ)
● 応募方法は本サイトの応募フォーム又は郵送のいずれかとします。
● パソコン原稿の場合は、A4判横長のマス目のない用紙に30 字×40 行の縦書きに印刷してください(手書き原稿は不可とします。)。
(引用おわり)

さらに投稿のアップロードの注意書きには、
(引用はじめ)
アップロード可能なファイル形式は以下のとおりです。
「.txt」「.pdf」「.doc」「.docx」「.xls」「.xlsx」「.ppt」「.pptx」
(引用おわり)

この応募規定には、ワード文書で保存しろとは、どこにも書いてない。テキスト(.txt)でアップロード可能で、印刷の場合は縦書きでA4横長マス目のない用紙を使えとしか書いていない(ウエブ応募は印刷しない)。

彼女は、応募規定を熟読して投稿したのに、と嘆いていました。

先方は「わかりにくくてすみません」と言ったそうですが、わかりにくいんじゃなくておかしいです。超能力で主催者の頭の中に入って何を求めているか理解しなくてはいけないレベルです(汗)。

こういうおかしな応募規定にひっかかり、一次選考にも回されずに、応募規定を守ってないからと落選になってしまう投稿作、多いんだろうなぁ。

なので、一次選考で落ちた方。別のところに投稿しましょう!
原稿の使い回しはダメだと言われていますが、あなたの原稿はそもそも選考されていないのかもしれません。

Aで落選、Bで大賞受賞、しかも大売れ、大ベストセラーというのは、たまにあることなんですよ。

バトル・ロワイアル(上) (幻冬舎文庫) [ 高見広春 ]
​選考委員に「こういうことを考える作者が嫌い」だと言われて受賞を逃したけど、別の社が出版したら、大ベストセラーになった小説です。現在のデスゲームものの元祖です。無茶苦茶おもしろいですよ。






最終更新日  2019年08月07日 10時13分39秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.