2779278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2019.09.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
俳句教室に通っているのですが、先生は、57のリズムは日本人のツボに入るんですよ、とおっしゃっていました。

美空ひばりのみだれ髪の歌詞を例に取り、57の繰り返しでしょう? とおっしゃっていました。

少林寺拳法の誓句(せいく)も57の繰り返しでした(誓いの言葉です。少林寺拳法では練習のあとの鎮魂行という時間に、皆で正座して唱えます。今でも暗唱できる)

おのれこそ、おのれのよるべ
おのれをおきて、だれによるべぞ
よくととのえし、おのれこそ
まことえがたき、よるべなり
みずから悪をなさば、みずから汚れ
みずから悪をなささざれば、みずから清し
清きも清かざるも みずからのことなり
たのものにおいて 清むることをえず

みかんの花咲く丘の歌詞も57の繰り返しです(本来歌詞のアップは著作権法違反ですが、楽天ブログは歌詞の一部アップはOKです)

みかんの花が 咲いている
思い出の道 丘の道
はるかに見える 遠い海
お船が遠く かすんでいる

そうか57のリズムは、日本人の琴線を揺さぶるんだ! 
タイトルつけるとき、57でつけてみよう。収まりがよくなりそうです。


今はじめる人のための俳句歳時記/角川学芸出版【1000円以上送料無料】
俳句のために買った本がこれ。季語の辞典です。






最終更新日  2019.09.06 18:54:01

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.