552154 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ながぐづ和吉先生の植物・キノコ探検隊-宮城県大崎市古川 シダ 高等植物

PR

プロフィール


ながぐづ和吉

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

科学はイタズラだっ… 科学寅さん
おおさき教育支援ボ… TERAKOYAさん
furukawa mama's(ママ… ワクワクパパママさん
ほぼ日刊三浦タカヒ… 三浦タカヒロさん
あじ島冒険楽校 「… あじ島冒険楽校さん
新米おんな社長の奮… ゆいネットさん
登米山の神 パソコ… きゅうりやのばんちゃんさん
庭の花木 ブログ kikoya0919さん
潜龍日記 nalu☆さん
2006年07月13日
XML

今から50年以上も前のことになりますが、私が小さかった頃、
お盆前になると決まって野に咲いているキキョウ、オミナエシ、ワレモコウを束にして
各家々をまわり、売りに来る山手に住むおばあさんがいました。
その頃は、私の家から2kmほど離れた所にある化女沼周辺には
キキョウ、オミナエシ、ワレモコウも普通に見られましたし、
春に花が咲くオキナグサやアズマギクも、いたる所に見られたものです。

キキョウ科キキョウは、日当たりのよい山野や草地に生える多年草です。
根は太く、茎は高さ50~100cm以上にもなり、傷をつけると白液を出します。
葉は互生し、狭卵形でふちには鋭いきょ歯があり、長さ4~7cm、巾1.5~4cmで
下面は白緑色をしています。
花は7~9月頃、茎頂近くに数個つき、花冠は径4~5cm、青紫色ですが
淡紫色や白色のものもあります。
雄しべは5本で、雌しべの柱頭は5裂します。
分布は日本全土、朝鮮、中国などですが、近年、激減しており
絶滅した県も出てきています。
レッドデータブックによると、判定基準はE、
100年後の絶滅確率はほぼ100%になっています。
原因は園芸用の採集、草地植生の遷移、草地の開発と考えられています。



キキョウ   キキョウ









最終更新日  2006年07月13日 15時40分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[長靴和吉先生の植物雑記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.