000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ながぐづ和吉先生の植物・キノコ探検隊-宮城県大崎市古川 シダ 高等植物

PR

プロフィール


ながぐづ和吉

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

あじ島冒険楽校の忘… New! あじ島冒険楽校さん

学力と知識と思考力 科学寅さん

東北の道しるべ。 三浦タカヒロさん

おおさき教育支援ボ… TERAKOYAさん
furukawa mama's(ママ… ワクワクパパママさん
新米おんな社長の奮… ゆいネットさん
登米山の神 パソコ… きゅうりやのばんちゃんさん
庭の花木 ブログ kikoya0919さん
潜龍日記 nalu☆さん
2006年08月23日
XML

穂波の郷クリニックのソーシャルワーカー大石春美さん
より、「大賀ハスの花が咲いたので見に来て」という連絡
があり、7時15分頃、穂波の郷クリニックに行きました。

風呂桶を利用したと思われる水槽に植えられた大賀ハス
の一輪がみごとに花を開いていました。

蕾も4個ほどありました。

7時30分からハスを見る会ということで、案内をしていた
ようで、お客さんが次から次に来ていました。

お客さんが増えて、忙しくなりそうだったので、
私は、三浦正悦先生と少しの間お話をし、
穂波の郷クリニック発行のパンフレットをもらって
帰りました。





見事に咲いた大賀ハス 見事に咲いた大賀ハス    大賀ハスと三浦先生
              見事に咲いた大賀ハス                大賀ハスと三浦先生






帰り道、化女沼のハスもと思い、私の家の前を素通りし、化女沼に行ってみました。
化女沼のハスも、今年はみごとに咲いていました。




化女沼 化女沼

化女沼 化女沼




化女沼では、化女沼ダムができる前は、夏になると、沼一面にハスの花が見られ、みごとなものでした。ところが、平成5年10月より、化女沼ダム本体完成に伴う試験堪水が実施されましたが、なかなかサーチャージ水位まで水が堪らず、水を貯留しての検査が終了し、放水しはじめたのは、翌年の6月20日のことでした。このため、水草の多くの種類が絶滅ないしは、絶滅状態になってしまいました。ハスも同じだったのです。








最終更新日  2007年12月18日 12時11分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[穂波の郷クリニック・元気の森] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.