000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ながぐづ和吉先生の植物・キノコ探検隊-宮城県大崎市古川 シダ 高等植物

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

過去問のやり方 科学寅さん

おおさき教育支援ボ… TERAKOYAさん
furukawa mama's(ママ… ワクワクパパママさん
ほぼ日刊三浦タカヒ… 三浦タカヒロさん
あじ島冒険楽校 「… あじ島冒険楽校さん
新米おんな社長の奮… ゆいネットさん
登米山の神 パソコ… きゅうりやのばんちゃんさん
庭の花木 ブログ kikoya0919さん
潜龍日記 nalu☆さん

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

自然探検倶楽部

2008年06月16日
XML
カテゴリ:自然探検倶楽部
 朝8時に大崎中央公民館の担当の方と私の家を出発して、
21日に開催することになている自然探検倶楽部の下見を
することになっていました。
 場所は加美町の長沼です。しかし、今回の大地震でこの
場所は無理なので近くの安全な所でと考えていました。
 ところが8時ちょっと前に電話があり、管長さんから、
今回の地震の結果色々な事情もあり中止としたいとのこと
残念ながらやむをえないと思いました。
 次回は8月9日です。






最終更新日  2008年06月17日 20時34分26秒
コメント(0) | コメントを書く

2007年11月24日
カテゴリ:自然探検倶楽部

大変良い天気に恵まれました。
今年最後の自然探検倶楽部は、伊豆沼で冬芽の観察と渡り鳥の観察をしました。
植物の観察では、ハンノキ、ヘクソカズラ、アカマツ、クズ、ネムノキ、トチノキを
重点的に観察しました。
鳥の方は、野鳥の会のメンバーの瓜生氏が指導にあたりました。
宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターと登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターも見学し、
午後1時、伊豆沼を後にしました。




トチノキの芽の観察  渡り鳥の観察
     トチノキの芽の観察                  渡り鳥の観察








最終更新日  2007年11月26日 16時47分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月20日
カテゴリ:自然探検倶楽部

24日に開催される、今年最後の行事の下調べを、大崎市中央公民館の千田さんと行いました。
今回は、ラムサール条約登録湿地、「伊豆沼で冬芽と水鳥の観察」です。
調べの結果、冬芽、水鳥の観察の他、宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターと
登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターも見学することにしました。




宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター 伊豆沼の水鳥
  宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター             伊豆沼の水鳥








最終更新日  2007年11月21日 16時03分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月20日
カテゴリ:自然探検倶楽部

大崎市鳴子公民館中山分館主催の
「山ときのこの勉強会」がありました。
大崎市中央公民館主催の「自然探検倶楽部」も
きのこ採りと観察ということで、
山ときのこの勉強会に便乗参加しました。
というのは、両方、私が講師を兼ねているからです。

自然探検倶楽部40名、中山分館の方30名、
70名ほどの参加者となりました。

     山の中に入る前の諸注意


午前9時に分館前で、上野分館長さんのあいさつで開会式がはじまり、さっそくマイクロバス4台で
みみずく山のふもとに行きました。
約1時間30分、自由にきのこ採りをしたあと、中山分館にもどりました。
おいしいきのこ汁をいただきながらの昼食と並行して、採ってきたきのこの鑑定をしました。
鑑定には、自然探検倶楽部の方で参加した、仙台キノコ同好会の幹事の熊谷さんにもお手伝い
いただき、大変助かりました。
午後1時から40分ほど、鑑定したきのこをもとに、食用きのこ、毒きのこなどの話をしました。

今年の秋のきのこの出は10日ほど遅く、キツブナラタケなどは出はじめたばかりでした。
採集されたきのこは、アケボノサクラシメジ、ヒメシロタモギタケ、チシオタケ、アカチシオタケ、
クサハツ、アシグロタケ、ドクツルタケ、ヌメリツバタケモドキ、ホコリタケ、タマウラベニタケ、
キツブナラタケ、ブナハリタケ、オシロイタケ、カバイロツルタケ、シロタマゴテングタケ、
ニガクリタケ、ウラベニホテイシメジ、クサウラベニタケ、マスタケ、スギエダタケ、スギヒラタケ、
チャワンタケ、ヒイロチャワンタケ、クロサカズキシメジ、カワラタケ、ツキヨタケ、フチドリツエタケ、
オツネンタケモドキ、クリタケ、アブラシメジ、キナメツムタケなど、50種類ほどでした。

ツチアケビを見つけた人、ケマイマイを見つけた子などもおり、それぞれに秋を満喫しながら、
楽しい1日を過ごすことができたと思います。
きのこ汁も大変おいしくいただきました。
お世話いただいた皆さん、本当にありがとうございました。




おいしいきのこ汁で昼食  鑑定風景
              おいしいきのこ汁で昼食                 鑑定風景








最終更新日  2007年10月23日 09時59分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月04日
カテゴリ:自然探検倶楽部

曇りで、時々ポツポツ雨も降る中、今年も、少年教室「自然探検倶楽部」で
「川の生き物を調べよう!!」という行事がありました。
古川荒谷の斗瑩稲荷神社の近くの川(化女沼から水が来ている)で、
はじめ、私の方から「みんなの住んでいる所の川とどこが違うかな」という問いに
「きれいだ」「コンクリートでできていない」「水がよごれていない」「ドジョウやカエルなどがいる」
などの答えが返ってきました。

カワニナが目に入ったので取り上げ、昔から、ここには沢山のヘイケボタルがいたこと、
幼虫はカワニナを餌としていること、ヘイケボタルは昔よりずっと少なくなったことなどを
話して聞かせました。
少なくなった理由を聞いた所、農薬のことや、昔より川がよごれたことなどの答えが返ってきました。




斗瑩稲荷神社の近くの川で説明中





その後は、どんな生き物がいるのだろうということで、思い思いに、川に網を入れました。
メダカ、ドジョウ、ギンブナ、モツゴ、タニシ、カワニナ、オタマジャクシ、アメリカザリガニ、
トウキョウダルマガエルなどが捕れました。
中に1個だけ、ヤマトシジミを見つけた子がいました。
この頃は、ほとんど見られなくなった二枚貝です。




斗瑩稲荷神社の近くの川で観察1  斗瑩稲荷神社の近くの川で観察2




1時間ほどで、斗瑩稲荷神社境内にもどり、木陰で、丸まんまのトマトと、1本ままのキュウリを
味噌をつけて食べました。
キュウリやトマトは、けっこう好き嫌いがあるものですが、みんなが食べるのを見て、
嫌いな子もけっこう食べるようになるものです。
キュウリを3本も食べる子もいました。




トマトとキュウリ1  トマトとキュウリ2




次に、田尻川に移動し、そこでは川に入って魚とりに興じました。
そこでは、スナヤツメ、アブラハヤ、ハヤ、ギバチ、ウシガエルのおたまじゃくし、ヤゴなども
新たに捕れました。



田尻川で魚とり1 田尻川で魚とり2

田尻川で魚とり3 田尻川で魚とり4

メダカ タニシ アメリカザリガニ
 メ  ダ  カ             タ  ニ  シ            アメリカザリガニ

アメンボ ギバチ ギンブナとヤマトシジミ
   ア メ ン ボ            ギ  バ  チ         ギンブナとヤマトシジミ








最終更新日  2007年08月06日 15時49分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月23日
カテゴリ:自然探検倶楽部

大崎市中央公民館主催の自然探検倶楽部が、加美町荒沢の田谷地沼で行われました。
マイクロバス2台、補助席まで使用という参加者でした。


耳を澄まして
耳を澄まして

荒沢自然館の横の広場に腰を下ろし、全員で耳を澄ましました。
子供たちは、木の葉が風で揺れる音やカッコウ、ホトトギス、ウグイスなどの鳥の声、カエルの鳴き声も聞こえると答えます。

私も、久びさの体験でした。


樹木の観察
樹木の観察

遊歩道を歩く
遊歩道を歩く

しばらくしてから、周囲に生育している樹木を見ながら、常緑樹、落葉樹の話をしました。
腰を下ろした所から見える常緑樹は、数本のアカマツだけで、他は、秋になると紅葉し、落葉するコナラやクリ、イタヤカエデ、ホウノキ、ヤマボウシなどです。
次にヤマボウシの花をルーペで観察しました。
大きな4枚の花弁状のものは総苞片で、花をよく見ると、小さな4枚の花弁と、雄しべ4、雌しべ1があることを勉強しました。
ジュンサイ、さわってごらん
ジュンサイ、さわってごらん

その後、沼の周囲を一周し、ミズバショウ、トチノキ、オニグルミ、サワグルミ、ジュンサイなどの植物を観察しました。
モリアオガエルだよ
モリアオガエルだよ

イモリの雄と雌との区別は・・・
イモリの雄と雌との区別は・・・

カワトンボやイトトンボの仲間など、沢山のトンボも観察、また、モリアオガエルやイモリも見つけました。

中にはヤマグワやモミジイチゴの実を見つけ、食べる子もいました。


お昼は、荒沢自然館を借りました。
また、帰りには、土産センターに寄っての買物もしました。

大変天気にも恵まれ、子供にとっても、親にとっても、すばらしい体験ができた楽しい一日だったと
思います。







最終更新日  2007年06月26日 10時54分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年06月20日
カテゴリ:自然探検倶楽部
駐車場にある案内板





大崎市中央公民館主催の自然探検倶楽部が、6月22日(土)にあります。
その下見に、昨日、公民館の千田さんと、午後2時に私の家を出発、
加美町の船形山北麓の荒沢湖沼群の一つである 田谷地沼 に行ってきました。
田谷地沼には1時間ほどで着き、沼を一周し、荒沢自然館に寄って帰ってきました。
田谷地沼の遊歩道は、子供たちでも安心して歩けるように、新たに整備されていました。

沼には、ジュンサイやヒメビシ、オヒルムシロなどの浮葉植物が水面を覆っていました。
ガマズミやヤマボウシなどの花も咲いており、また、トンボ類やイモリなども見られ、
今度の観察会が楽しみです。




田谷地沼  田谷地沼
田谷地沼

ガマズミ  オニグルミ
                   ガマズミ                      オニグルミ

ヤマボウシ ヤマボウシ
ヤマボウシ

ジュンサイ オヒルムシロ ヒメビシ
           ジュンサイ             オヒルムシロ          ヒメビシ







最終更新日  2007年06月20日 14時45分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月12日
カテゴリ:自然探検倶楽部

大崎市中央公民館主催の今年最初の自然探検倶楽部がありました。
今年で6年目となります。
ねらいは「日常生活では体験できない四季折々の自然を体験することにより、情操教育の向上と
自然の大切さを学ぶ」となっています。
親子での参加が条件で、対象者は古川地域の小学生とその保護者35組、先着順ということで
募集をしましたが、だいぶ希望者が多かったようです。
今回は「加護坊山の動植物の観察」ということで行いました。
大崎市田尻の「さくらの湯」のある農村運動公園では、グリーン・アドベンチャーを行いました。
出題した植物は、スギナ、キュウリグサ、オオバコ、カラスノエンドウ、ニョイスミレ、
セイヨウタンポポ、ヨモギ、フキ、スイバ、ニガイチゴ、ハルジオン、シロツメクサの12種類です。
大変広い場所で、植物を探すのも大変なようでしたが、1時間ほどかかり、私の所へ持って
きました。
採点のあと、問題に出た植物を、コースを回って説明しました。
昼食は、加護坊山の頂上に登ってとりました。
そこでは、フデリンドウ、ニオイタチツボスミレなどの植物の勉強をしました。




グリーン・アドベンチャーの様子  グリーン・アドベンチャーの様子
グリーン・アドベンチャーの様子

採点の様子  出題した植物についての説明をする私
         採点の様子            出題した植物についての説明をする私

頂上で記念写真
頂上で記念写真








最終更新日  2007年05月14日 15時57分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年11月26日
カテゴリ:自然探検倶楽部

大崎市古川公民館主催の今年最後の少年教室
「自然探検倶楽部」がありました。

今回は、水鳥の観察ということもあって、鳥の方は
野鳥の会のメンバーの瓜生篤氏が担当しました。

植物の観察は、車を降りた所から沼の見えるところ
までということにしました。


          観察の前に




ススキとオギ、ヨシの観察、ヘクソカズラやネムノキ、アカネ、クズなどの種子の観察、
また、葉の落ちたミズキやオニグルミの観察もしました。


ヘクソカズラ  アカネ
            ヘクソカズラ                       アカネ




水鳥の方は、オオヒシクイ、オオハクチョウ、アオサギ、ダイサギなどが観察できました。


ハクチョウ  アオサギ
             ハクチョウ                       アオサギ




今回も天気に恵まれ、ポカポカ陽気の中での観察ができました。
今年の5回の行事は、すべて天気に恵まれたことになります。







最終更新日  2008年01月15日 14時37分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月21日
カテゴリ:自然探検倶楽部
大沼幸雄さんが作ってくれた資料の表紙




古川公民館主催の「自然探検倶楽部」が、鳴子公民館ときつね森王国の協力のもと
鬼首のきつね森でありました。
午前8時、2台のマイクロバスで古川公民館を出発、きつね森に向いました。
きつね森に着いた時には、鳴子公民館の大沼幸雄さんや、きつね森王国のみなさんが
昼のキノコ汁の準備をしながら待っていてくれました。
あいさつのあと、親子50名は1時間30分ほど山に入り、様々なきのこをみつけました。
取ってきたきのこは、私の方で食べられるものと、そうでないものに分け、
食べられるきのこをそれぞれおみやげとしました。
12時、キノコ汁と持ってきたおにぎり等で昼食です。
キノコ汁が大変おいしく、何杯もお代りする親子が続出しました。
食べ終ったあと、私の方から、取れたきのこを前に、きのこについての様々な話をして終了しました。
今回、ほとんどの親子が取った食べられるキノコはクリタケでしたが
中には、チャナメツムタケやムキタケを取った方もいました。
鳴子公民館、きつね森王国のみなさん、おいしいきのこ汁、いろいろなお世話をしていただき
ありがとうございました。




山へ入る前の注意 山の中できのこ探し
           山へ入る前の注意                 山の中できのこ探し

きのこ汁を前に   食べられるきのこを除いたもの
      きのこ汁を前に                食べられるきのこを除いたもの







最終更新日  2007年12月27日 16時12分47秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.