000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ながぐづ和吉先生の植物・キノコ探検隊-宮城県大崎市古川 シダ 高等植物

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

過去問のやり方 科学寅さん

おおさき教育支援ボ… TERAKOYAさん
furukawa mama's(ママ… ワクワクパパママさん
ほぼ日刊三浦タカヒ… 三浦タカヒロさん
あじ島冒険楽校 「… あじ島冒険楽校さん
新米おんな社長の奮… ゆいネットさん
登米山の神 パソコ… きゅうりやのばんちゃんさん
庭の花木 ブログ kikoya0919さん
潜龍日記 nalu☆さん

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

講師-こども

2008年05月11日
XML
カテゴリ:講師-こども

宮城県退職校長会塩竈支部総会の研修会で

講師を依頼され、会場である利府町赤沼にある

浦嶋荘に行って来ました。

10時20分から1時間「身近な薬草」という題で

スライドを写しながら民間薬の話をしました。

出席者は36名、その中には中学校の時の恩師や

教職時代に大変お世話になった先生もいて

久しぶりにお会いでき、大変嬉しく思いました。

先生方には私の話を熱心に聞いていただき、

また質問もいただき薬草に関しては大変

関心が深いことを感じました。

ws-IMG_9895.jpg

「身近な薬草」についての講話の一こま

 

 







最終更新日  2008年05月11日 19時10分33秒
コメント(1) | コメントを書く

2008年01月22日
カテゴリ:講師-こども

栗原市立花山小学校で、5校時目、
全校児童61名に講演を行いました。

花山小学校では、平成19年度、20年度と文科省の指定を受け、豊かな体験活動という取組みの中での地域間交流事業推進校として、4・5年生を対象に研究を進めています。

演題は「水辺の植物と水の中の植物」
副題は「動植物の生活と人とのかかわり」としました。


           真剣に話を聞く子供達



あいさつや聞く態度も立派で、質問にもてきばきと答えてくれるなど、とても明るくのびのびと育って
いるなと感じました。

先生方や保護者の指導、そして恵まれた花山の自然が、子供達の生活態度に現れているのだな
と思いました。







最終更新日  2008年01月24日 17時01分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月01日
カテゴリ:講師-こども

宮城県唯一の県立の中高一貫校として開校し、3年目を迎えた宮城県古川黎明中学高等学校の
中学校1年、2年生を対象者とした、黎明サポーター講演会へ行ってきました。
当校は「心を磨き、知性を伸長させ、時代や社会をリードする国際的な視野を持った人物の育成」を
コンセプトに、さまざまな教育活動を展開しているということです。
その1つとして、実社会で活躍している一流の方々に話をいただくという主旨での
「黎明サポーター講演会」の実施ということでした。
私の演題は、「植物と私」~自然は永遠の学舎~ ということで、話をしました。
古川黎明中学生、礼儀、話の聞き方、話が終った後のいろいろな沢山の質問、
また、御礼のあいさつ等、さすがだなと感心しました。
子供達を見て、これから大きく成長し、国際的な視野を持った人間として、
社会をリードしていってくれることを期待しました。




講演風景 日本一太い樹木(クスノキ)の幹の周囲は
             講演風景              日本一太い樹木(クスノキ)の幹の周囲は







最終更新日  2007年12月04日 13時52分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月22日
カテゴリ:講師-こども

長岡幼稚園で、化女沼の古代の里で、園外保育が
ありました。
いただいた実施計画のねらいは、

 ・秋の自然物を友達と探したり、自然物を使って
  遊んだりする。
 ・自然の変化に気付き、友達と共感する。

の2つでした。

         園長先生の話



私は園児と遊歩道で秋探しのお手伝いということでした。
朝に下見をしたのですが、きのこが見つからないので、今回はきのこ探しは除外しました。
園児との遊びを大きく5つすることにしました。


 (1)ドングリ拾い
 (2)ヨモギをもんで、においをかぐ
 (3)エノコログサ(ネコジャラシ)で、にぎにぎをして遊ぶ
 (4)穴のあいた葉や形の変わった葉の中で、顔や動物と似た葉を探す
 (5)ひっつき虫(衣服にくっつく種子)探しと、どうしてくっつくのかの観察
    <通称、くっつく種子はバカと言っている>



午前10時20分より11時20分の活動でしたが、園児は5つのどの活動にも大喜びで取り組んで
くれました。


(1)のドングリ拾いでは、発根したドングリを見つけた子がいたので、拾い終ったところで、発根した
ドングリを見せながら「これなんだろう」という発問からはじまり、「家へドングリを植える」ということに
大きく発展しました。

(2)のヨモギについてきくと、ヨモギについてはけっこう知っていて、ヨモギだんご、ヨモギのお茶、
餅に入れる(草餅)など、いろいろと答えてくれました。
「葉をもんでにおいをかいで」と話すと「いいにおい」「もんだ指もいいにおい」・・・ヨモギのにおい、
忘れないでほしいですね。

(3)のエノコログサの穂で、にぎにぎがうまくできる子と、強くにぎってしまい、うまくできない子が
いました。
力の入れようなどを工夫させて遊ぶ、よい材料だなと思いました。

(4)では、子どもの感覚は巾が広く、葉を2枚組み合わせる子や、葉の沢山ついたヘクソカズラを
持ってきてヘビと見たてたり、予想以上のものでした。

(5)では、草原を歩き、ズボンにっくっついたキンミズヒキやノブキ、チヂミザサの種子を観察しながら、なぜくっつくのか話し合いました。
子どもたち、「ねばねばする」「とげになっている」など、どんどん答えてくれました。



長岡幼稚園の園児、明るく、伸び伸びと育っているなと感じました。
長岡小学校長と兼務の佐藤正博園長さんとも、しばらくぶりでお話ができ、うれしかったです。
佐々木清子副園長さんはじめ、先生方、お世話になりました。




ドングリ拾い  ひっつき虫がいっぱい
                  ドングリ拾い                ひっつき虫がいっぱい

にぎにぎ遊び  おもしろい葉だね
             にぎにぎ遊び                  おもしろい葉だね







最終更新日  2007年10月23日 15時27分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月06日
カテゴリ:講師-こども

大崎市中央公民館主催の花山宿泊体験 少年教室「わんぱく塾」が、今日から明日にかけてあり、
私は1日目の昼の部を担当しました。
昼前に、花山少年自然の家に着いた子供たちは、昼飯を取って、私を待っていました。
午後1時から3時まで、自然体験活動として、グリーン・アドベンチャーを行いました。
問題用紙と解答用紙を渡してから、やり方と行動範囲、及び、時間等を説明して開始しました。
出題した問題は、ムラサキツメクサ、キツネノボタン、フキ、ヤハズソウ、スギナ、オオバコ、
ヨツバヒヨドリ、ヤブガラシ、アカマツの9種類の植物ときのこ2種類を見つけなさいということでした。
子供たちにとっては、ヤハズソウ、ヨツバヒヨドリ、ヤブガラシを探し出すのに、かなり手間どった
ようです。
また、きのこを採るのがはじめてという子も多く、見つけるのに大変だったようです。
全員終了するのに1時間30分以上もかかってしまいましたが、子供たち、大変熱心に取り組み、
間違ったものを再度探しに行く子も多く、関心も高いものでした。



グリーン・アドベンチャー
グリーン・アドベンチャー









最終更新日  2007年08月07日 10時49分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月20日
カテゴリ:講師-こども

8月6日~7日に、大崎市中央公民館主催の行事があります。
私は、6日の午後に、自然観察の指導をすることになっています。
その下調べに、昨日の午後から、大崎市中央公民館の担当、千田さんと行ってきました。
グリーン・アドベンチャーをしてから野外観察ということで、その観察コースを歩いてきました。
トリアシショウマやヨツバヒヨドリ、オカトラノオ、ネジバナなどの花が咲いていました。

コースを歩いていたら、モリアオガエルの卵塊が、樹木の枝、2か所に見つかりましたが、
1か所は、卵塊のある真下が水溜りのない草地、もう1か所のものは、これもまた、
水溜りのないアスファルトということで、何か異状な感じがしました。
後でしまったと思ったのですが、写真を撮ったのは卵塊の所だけで、かんじんの、
その下の部分、草地、アスファルトを入れての現況を知る写真を撮らずじまいになりました。

私の頭も異状だったのでは・・・・・・・




ヨツバヒヨドリ  トリアシショウマ  オカトラノオ
ヨツバヒヨドリ          トリアシショウマ          オカトラノオ

マタタビ  ニガイチゴ
 マタタビ                      ニガイチゴ

ネジバナ  モリアオガエルの卵塊
    ネジバナ                  モリアオガエルの卵塊








最終更新日  2007年07月20日 15時12分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月06日
カテゴリ:講師-こども

昨日の調査指導と手伝いの最中に、モリアオガエルの卵塊とエゾハルゼミを見ることができました。
モリアオガエルの卵塊は2か所で見ることができました。
1つは林道の大きな水溜りの所で、林道の脇の樹木に産み付けられた卵塊です。
卵塊の下の水溜りにはイモリがいました。
また、もう一方の卵塊のあった所は、常に水が溜っていると思われる湿地になっている所でした。
卵塊は、ハンノキやタニウツギなどの枝や葉に沢山見られました。
中には、高さ5m以上もある所に見られるものもあり、驚いてしまいました。
産みつけられてから日数が経っているものも多く、卵塊からおたまじゃくしが出て、
水溜りに落ちていくものも見られました。
やはり、そこにも、何匹ものイモリがいました。

エゾハルゼミは鳴きながら私の前を通りすぎ、ブナの木にとまったものをつかまえたものです。
写真を撮った後、はなしてやりました。




林道沿いに見られた卵塊  沢山の卵塊が高い所にも・・・
 林道沿いに見られた卵塊           沢山の卵塊が高い所にも・・・

沢山産み付けられた卵塊  エゾハルゼミ
         沢山産み付けられた卵塊                エゾハルゼミ







【長沼・白沼周辺の植物】


ヨツバヒヨドリ  アマニュウ
                  ヨツバヒヨドリ                   アマニュウ

ヒメヘビイチゴ  ウリノキ
ヒメヘビイチゴ                    ウ リ ノ キ









最終更新日  2007年07月06日 15時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月05日
カテゴリ:講師-こども

昨日、今日と午前9時から午後4時まで、
東京コミュニケーションアート専門学校 エコ・コミュニケーション科の生徒40人ほどが、
加美町の「長沼森林空間活用施設」にテント宿泊をしながら、自然環境調査を行う、
その手伝いをしてきました。
これは、M&I研究所企業プロジェクトとして、宮城県加美町プロジェクトを実施したものです。
このプロジェクトは、M&I研究所や地方自治体(加美町)より資金の提供を受けて、
自然のインタープリテーション技術に実績のあるTCA エコ・コミュニケーション科の生徒達に
お願いする「自然環境調査」ということです。
私は、その調査の指導も兼ねての手伝いということで、植物調査に関することを2日間行いました。
2日間とも雨の中での調査となりましたが、生徒達は大変熱心に取り組み、
私も大変やりがいのある手伝いとなりました。


宿泊2日目の夕食はシチューでしたが、おかずは山菜の天ぷらとウワバミソウ(ミズナ)の油炒め
でした。
天ぷらに使用した植物の種類は、ウド、タラノキ、シロツメクサ、ヤマグワ、オオヨモギ、アカソ、
ウワバミソウ、合わせて7種類でした。
あげたての天ぷらは、おいしい、おいしいと言って、どんどん食べられ、シチューができる前に
すべて食べ尽くされてしまいました。




調査風景  調査から帰って
   調査風景                    調査から帰って

夕食の準備 山菜の天ぷら  夕食の準備 ウワバミソウの油炒め
        夕食の準備 山菜の天ぷら        夕食の準備 ウワバミソウの油炒め







【長沼・白沼周辺の植物】


ヤマブキショウマ  オニシモツケ
                ヤマブキショウマ                  オニシモツケ

エゾアジサイ  ドクダミ
エゾアジサイ                     ド ク ダ ミ









最終更新日  2007年07月06日 14時07分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月08日
カテゴリ:講師-こども
長沼の近くに建設中の研修施設

6日に引き続き昨日も東京コミュニケーションアート専門学校の生徒(午前1班9名、
午後2班9名が私の担当)とブナ林に入り植物の調査をしながら 植物の勉強をしました。

専門学校の生徒は東京で野外観察での指導を受けており、
植物の知識はいろいろあるもののブナ林を見るのは初めてということで、
ブナ林の植物についてはほとんど分からないという状態でした。

そこで、長沼の近くのブナ林及び沢沿いに多く出てくる高木 ブナ・ミズナラ・イタヤカエデ・
トチノキ・サワグルミ と林床に多く見られる マルバマンサク・オオバクロモジ・ヒメアオキ・
ハイイヌツゲ・ハイイヌガヤ・エゾユズリハ・ヒメモチ・イワウチワを探し出し、
その特徴を知ることを中心に勉強しました。

また、ブナ林に20メートルのロープを張り、ロープ沿いに出現する植物について調べました。
男女混合での班でしたが、チームワークも良く、熱心に取り組むので、
私の方も大変教えがいがあり、楽しく勉強ができました。


IMG_8017.jpg       IMG_8019.jpg
     ロープ沿いに出現した植物を調べる           調査中

IMG_8012ヒメモチ.jpg IMG_8014ホソバトウゲシバ.jpg IMG_8023アケボノソウ.jpg
         ヒメモチ                ホソバトウゲシバ         アケボノソウ







最終更新日  2007年12月26日 11時30分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月07日
カテゴリ:講師-こども

東京コミュニケーションアート専門学校エコ・コミュニケーション科、
2006年度宮城県加美町プロジェクトが、9月5日(火)~8日(金)の3泊4日で実施。
私は昨日午後から今日1日参加した生徒に、長沼、白沼周辺の、主に植物についての指導を
依頼されました。
昨日は、午後1時30分から3時30分まで8名の生徒に長沼周辺を歩き、
樹木や草花についての様々な説明をして歩きました。
生徒は森林インストラクターの資格をとるということで、どの子も大変熱心にメモをとり、
取り組んでくれました。
明日は、私の話を参考に、また、そのグループで沼周辺の良さについて学習する予定
ということでした。
今日は、白沼の方で、別なグループを指導することになっています。



長沼 指導した生徒と引率してきた先生
              長 沼                 指導した生徒と引率してきた先生

オオウバユリ  カメバヒキオコシ  ヤマトキホコリ
     オオウバユリ     カメバヒキオコシ            ヤマトキホコリ

ムカゴイラクサ   ムカゴイラクサのムカゴ
          ムカゴイラクサ           ムカゴイラクサのムカゴ




今日の詳しい内容は、明日の日記でお知らせします。







最終更新日  2007年12月26日 11時28分18秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.