735665 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京今昔物語 (写真の世界 http://wakowphoto.world.coocan.jp/ より)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


wakowphoto

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

enya@ Re:渋谷 戦前の発展、戦後の発展(08/12) 玉川線はハチ公前の車両が1960代まで道玄…
背番号のないエース0829@ Re:日比谷公園 「日比谷焼き討ち事件」に、上記の内容に…
愛信情報@ 重曹の効用、2題 重曹は癌などあらゆる病気を治す効果がある?! この記事から判る事は、重曹でうがいする…
wakowphoto@ Re[1]:「橋場の渡し」があった隅田川の両岸(05/03) 橋場生まれのねこさんへ 仰せの通り白浜…
橋場生まれのねこ@ Re:「橋場の渡し」があった隅田川の両岸(05/03) No.2 の写真説明が「白浜神社」と誤記、…

Freepage List

2018.12.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
六本木の裏通りには、静かな戦前の住宅だった時代の佇まいを残す通りと、表通りの繁華街が溢れて裏通りに流れ込んで賑わう通りと、二種類があります。

戦前の六本木の風情が残る裏通りは鳥居坂通りです。鳥居坂通りは、外苑東通りの六本木五丁目から鳥居坂下に至る細い通りです。沿道には東洋英和女学院があり、二つの外国大使館があり、旧岩崎庭園の跡地に建てられた国際文化会館があり、スヌーピーミュージアム(最近、町田市へ引っ越しました)があり、昔の六本木の屋敷町の雰囲気を残しています。鳥居坂通りは、六本木から麻布十番に通じる道なのですが、道路の最後に急勾配の鳥居坂があり、往来には難儀するので昔のままの六本木の静けさを保っているのでしょう。
(写真1、2、3)

賑やかな裏通りは芋洗坂通りです。六本木交差点の角にあるアーマンド喫茶店の横を入る坂道で、坂を下って行くとテレビ朝日本社ビルの下に達する細く長い道です。芋洗坂通りの入り口は六本木交差点に近く、坂道も緩やかなので、六本木交差点の賑やさが、そのまま裏通りに流れ込みました。

因みに、六本木での待ち合わせ場所として有名なアーマンド喫茶店は、その外観がピンクの縞模様で目立った存在でしたが、今はシンプルな赤に変わってしまいました。(写真4、5、6)

その他にも、六本木の表通りの一筋裏には、飲食店、喫茶店の並ぶ通りが何本かあって、表通りの喧噪を避けて一息入れたい人々で賑わっています。先ず、外苑東通りの南側の裏通りには派手な外観のアメリカ料理店や和洋飲食店が並ぶ通りがあります。
(写真7、8)

次に、嘗てのディスコブームの舞台だったスクエアビル跡の辺りは、裏通りと言うより隠れ家的な夜のスポットでして、しゃぶしゃぶの瀬理奈やニューハーフ・バーなどがあります。また、六本木通りの明治屋の裏通りには、粋な和食屋が何軒かあります。
(写真9、10)

近年、六本木の裏通りに洒落た飲食店が増えていますが、六本木ヒルズや東京ミッドタウンが誕生して、そのオフィスビルで働くサラリーマンたちも裏通りの飲食店を利用するからでしょう。六本木の街が嘗てディスコブームのメッカだった頃の大人の風俗街から、落ち着いた雰囲気の街並みに変化したようです。

今までに六本木については、このブログ「東京今昔物語」で次のように取りあげています。一部重複するところがありますが、ご参考にして下さい。
「2013.12.24 六本木の変貌 兵隊の町から若者の町へ」
「2014.01.05 性格を異にする六本木の二つの都市再生」
「2014.01.11 都市機能の創造に成功した六本木ヒルズ」
「2014.01.18 平凡な都市再生に終わった東京ミッドタウン」
(以上)

人気ブログランキングに参加しています。応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

写真1 東洋英和女学院


写真2 国際文化会館


写真3 鳥居坂


写真4 芋洗坂入口


写真5 昔のアーマンド喫茶店


写真6 現在のアーマンド喫茶店


写真7 裏通りのアメリカ料理店


写真8 裏通りの飲食店


写真9 しゃぶしゃぶの瀬理奈


写真10 裏通りの日本料理屋






Last updated  2018.12.17 18:55:09
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.