688834 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京今昔物語 (写真の世界 http://wakowphoto.world.coocan.jp/ より)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


wakowphoto

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

wakowphoto@ Re[1]:「橋場の渡し」があった隅田川の両岸(05/03) 橋場生まれのねこさんへ 仰せの通り白浜…
橋場生まれのねこ@ Re:「橋場の渡し」があった隅田川の両岸(05/03) No.2 の写真説明が「白浜神社」と誤記、…
tommy@ Re:上野と浅草の間 寺町としての下町(06/18) はじめまして。tommyと申します。よろしく…
碧目山@ Re:根津 戦災を免れた下町(11/12) 根津神社はもとは甲府徳川35万石の山手屋…
猫々魚庵にゃにゃもあん@ Re[2]:根津 戦災を免れた下町(11/12) 昨年11月にお会いしました猫々魚庵にゃに…

Freepage List

2019.01.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昭和の東京オリンピク大会が開催(昭和39年1964)されたとき、首都高速道路網が完成して東京の道路事情は大幅に改善されたのですが、その道路工事のため江戸城のお濠が土砂で埋めらたり高速道路で覆われたりして、あちこちで東京の伝統的都市景観はかなり壊されました。しかし、今回取りあげる靑山通りだけは、東京オリンピックのお陰で改善された珍しいケースです。それはオリンピック競技場の主要連絡通路として道幅が倍近くに拡幅されたからで、今では立派な街路に生まれ変わりました。

靑山通りは、桜田濠端の三宅坂交差点に始まり渋谷で終わる、国道246号線の別称です。この靑山通りは、赤坂見附では外濠通りと交差し、靑山一丁目では外苑東通りと交差し、靑山三丁目では外苑西通りと交差します。更に、表参道交差点では表参道に繋ながり、南青山五丁目では骨董通りに繋ながります。最後に宮益坂上で、厚木街道旧道の宮益坂を下らずに左に曲がって渋谷駅東口交差点で明治通りと交差します。
(写真1、2、3、4、5、6)

このように、靑山通りは港区の赤坂、靑山という山の手の街の真ん中を通り抜けると同時に、渋谷に達するまでに、これまた山の手地区で賑わう複数の道路と交差したり接続するという、東京の山の手の街の賑わいを結びつける役目を担う道路ですので、謂わば山の手の街の目抜き通りと言えます。

前回の東京オリンピックの時に拡幅されたときは、廣い道幅の割りに寂しかった両側のビル街は、半世紀余りの間に高層ビル化が進み、都内でも有数の豪華な街並みに成長しました。来る東京オリンピックの競技会場の多くは、湾岸地域に集中していますから、靑山通りは明治神宮に新築されるメイン会場の国立競技場と湾岸競技場の連絡道路として、再び東京オリンピックのメインストリートとして脚光を浴びます。
(写真7、8、9)

江戸時代、靑山通りは厚木街道と言う東海地方に向かう長い街道の一部でした。そして東海道(国道1号線)と並行して東に進み、箱根の山の北側を迂回して沼津で東海道に合流する東海道の脇街道でした。しかし、箱根の難所を避けることが出来るので、便利な街道として利用され、現代でも東名高速道路は、箱根越えを避けて国道246号線のルートを採っています。靑山通りは東名高速道路の都心の付け根にも当たるのです。

なお、国道246号線は、走る場所で「青山通り」「玉川通り」「厚木街道」と呼称が変わりますが、「青山通り」だけは山手線の内側にあり、都市型の街路となっています。
(以上)

人気ブログランキングに参加しています。応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

写真1 桜田濠沿いを走る内堀通りの三宅坂


写真2 靑山通りが外濠通りと交差する赤坂見附交差点は立体交差になっている。


写真3 靑山通りが表参道と接続するところは賑やか


写真4 靑山通りが骨董通りと接続するところは賑やか


写真5 靑山通りは宮益坂上で宮益坂と分かれて明治通りに向かう。 


写真6 靑山通りが明治通りに突き当たる交差点(玉川通りの方から見る) 


写真7 神宮外苑前付近の街並み


写真8 靑山五丁目交差点から表参道方向を見た街並み


写真9 宮増坂上歩道橋より南青山五丁目方向の街並み






Last updated  2019.01.24 22:04:40
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.