000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わくわくするワイン、ときどきお酒

PR

サイド自由欄

ご訪問ありがとうございます。

まみ(sora__sora) と申します♪

< mail > wakuwaku.wine☆gmail.com

メッセージは☆を@に変えて送信してくださいませ。


---

サントリーさんを中心に、日本ワインを応援中!
サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集


---

ランキングに参加中。
もしよかったら応援お願いします。゚+.(・∀・)゚+.゚



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ


---

リピートしたいワインなどをときどき追加してます。

◆ わくわくワインの ROOM ◆

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

ブログのご案内

(3)

スパークリング [ フランス ]

(57)

スパークリング [ イタリア ]

(44)

スパークリング [ スペイン ]

(40)

スパークリング [ 日本 ]

(15)

スパークリング [ オーストラリア ]

(12)

スパークリング [ チリ ]

(10)

スパークリング [ 南アフリカ ]

(7)

スパークリング [ アルゼンチン ]

(2)

スパークリング [ アメリカ ]

(2)

スパークリング [ その他 ]

(3)

白ワイン [ 日本 ]

(32)

白ワイン [ イタリア ]

(31)

白ワイン [ フランス ]

(26)

白ワイン [ 南アフリカ ]

(9)

白ワイン [ アメリカ ]

(7)

白ワイン [ スペイン ]

(4)

白ワイン [ ドイツ ]

(3)

白ワイン [ チリ ]

(3)

白ワイン [ スイス ]

(2)

白ワイン [ オーストラリア ]

(2)

白ワイン [ ルーマニア ]

(2)

白ワイン [ その他 ]

(2)

赤ワイン [ 日本 ]

(16)

赤ワイン [ イタリア ]

(15)

赤ワイン [ 南アフリカ ]

(14)

赤ワイン [ フランス ]

(13)

赤ワイン [ スペイン ]

(7)

赤ワイン [ チリ ]

(5)

赤ワイン [ その他 ]

(4)

赤ワイン [ アメリカ ]

(3)

ロゼワイン [ 日本 ]

(8)

ロゼワイン [ イタリア ]

(2)

ロゼワイン [ フランス ]

(1)

ロゼワイン [ タイ ]

(1)

ビール・発泡酒

(24)

日本酒・スパークリング日本酒

(18)

梅酒

(6)

その他のお酒

(5)

ノンアルコール

(5)

おつまみ

(22)

ワインイベント・ワイナリー訪問など

(43)

そとごはん & そとのみ

(36)

うちのみ & うちのみイベント

(11)

ワイングッズなど

(8)

ワインの疑問

(2)

カレンダー

2017.08.19
XML
週末になったので、今回はシチリアのお話。
というか、明日までお盆休みという人も多いかもですね。

さてさて。

旅行の中盤に滞在した街、ミラッツォ。
近くのメッシーナという街に展示されているカラヴァッジョの絵が観たい!と
リクエストし、宿泊はこの街を選びました。

どちらかというと寝泊まりする程度の街としてあまり重要視していなかったのですが、
もっと旅程にしっかり組み込めばよかった!と痛感した素敵な港町でした。

現地の子供に「チネーゼ!(中国人だ!)」と
言われたときはカチンときましたがね...。┐(´-`)┌

で、この街のお店はこんちゃんが事前にリサーチ。

人気店っぽい、ということで早めの時間を狙ってお店へ。
そしたらまだ空席が多くてちょっと脱力。

イタリア語と、補足は英語で書かれたメニューとにらめっこしながら、
まずはカプレーゼとプロセッコを注文。

あ、今回の写真もすべてこんちゃんカメラで撮影したものです。

カプレーゼ

これが絶品!

こんなにおいしいモッツァレラチーズは食べたことない!と。
繊維質がしっかりしていて、旨みたっぷり、でもあっさり。
真っ赤なトマトと合わせたら、これをおいしいと言わない人はいないだろうという味でした。

強烈な印象を残した一皿です。


プロセッコ

ただ、ワインはいまひとつでした。ちょっとぬるかったし。
日中が暑かったので、よく冷えたスパークリングワインをクイッと飲みたかった...。

帰国してからもう一度メニュー(を撮った写真)を見てみたら、
ドンナフガータの白などもあり、そういうのでもよかったな~と。

あとは、

サーモンと生ハム

スモークサーモンや生ハムの盛り合わせを頼んだり、

えび

焼き加減、香ばしさ、旨み、どれをとっても褒めるところしかないえびも。

先日のパレルモのお店や、ラグーサのお店
見た目の味も洗練された料理の数々でした。

が、今回のお店は大衆料理的な、ざっくりとした盛り付け。
料理はあまり手の込んだことをせず、素材の味をそのまま楽しむものですが、
こちらのほうがシチリアらしい料理だと思います。これはこれで大好き。(´ω`*)

そして、

ラビオリ

隣の席の魚の揚げ物がおいしそう!ということで、
メニューであたりをつけて頼んでみたら、出てきたのはコレ。

日本に帰ってメニューの写真を見かえしたら、
しっかり「えびといかのフライ」って書かれていましたよ...。_| ̄|○

この頃にはお店は満席で、多くの人がワインを飲んで大きな声で笑い、
活気あふれる様子になっていました。

いかとえびの揚げ物

やや塩辛かったけれど、チーズの味わいが強くていいつまみになったラビオリも。

ちょっとあれ?と思ったのは、インド系...かな、の移民の人たち。
各テーブルにフィルムで包んだバラの花を売りに来るのです。

見ていると、いらないよ、と手で追い払うようなしぐさをしている人が大半。
われわれのテーブルにも来ましたので「No」とはっきりお断りしました。

お店公認でこういう商売をしていると思うのですが、買う人いるのかな?
店内で物売り、というのは後にも先にもここだけで見かけました。

そうそう、こちらのお店はほとんど英語が通じず、
お店の人もほぼイタリア語で何を言っているのかよく分からず。

デザートの話をされているなぁ、でも別に食べなくてもいいかなぁと思っていたけれど、
お互いの意思疎通ができず、

ティラミス

運ばれてきたティラミスとアイス。
とどめの一撃な重さでした。

おいしいんです、おいしいのですが、甘いし多いし。

でも、日本のティラミスは食べられないけれど、
シチリアのティラミスはどれもおいしくいただきました。ヽ(・∀・)ノ

日本のは全部「ティラミス風」って名称にしたほうがいいと思う...
というか、日本のイタリア料理はやっぱり本場と違うのでは、と思うわたくしです。


---
[お店メモ]
トラットリア・ラ・カーザリンガ
Trattoria la Casalinga

所在地: Via Riccardo D'amico, 13, 98057 Milazzo ME, Italy
電話番号: +39 090 922 2697
営業時間 : 12:00-15:30, 18:45-23:45

※同じ名前のお店がフィレンツェにもあり。関係性は不明。


** 2016/10/12 **


---




◎関連ページ
◇これまでにアップしたシチリアのあれこれ
Osteria dei Vespri / パレルモ
Ristorantino Via Vaccari / マルサラ
シチリアのワイナリー、ドンナフガータに行ってきました!
I Banchi (イバンキ) / ラグーサ
初めてのカターニアで家(宿)飲み。
オステリア・アンティカ・マリーナ (Osteria Antica Marina) / カターニア
◇こんちゃんのブログ
シチリア旅行記---シチリアってこんな場所!その2---(Vol.3)







日本料理も海外でいろいろアレンジされているけれど、同じことなんだなぁ。






最終更新日  2017.08.20 17:13:39
[そとごはん & そとのみ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.