602542 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わくわくするワイン、ときどきお酒

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

赤ワイン [ 日本 ]

2018.05.20
XML
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
連休前、アズッカの新ヴィンテージワインを手に入れることができました。

このめずらしいワインは誰かと分かち合わねばもったいない!
ということで買ったその日にお店に持ち込み。

オーナーシェフがワイン好きで、
あれこれ話をしたり、料理を合わせてもらうのが楽しいのです↓

アズッカ・エ・アズッコ  2017 スカーレット

アズッカ・エ・アズッコ 2017 スカーレット。

淡赤だという、見た目も優しい色合いとは裏腹に、
香水のように、そして深く香ります。

飲んでみると、かすかにシュワ感のある味わい。
スイスイ飲んじゃう危険なおいしさ。

品のある、果実味溢れるミディアムボディ。

アルコールの香りを感じるのですが、それもまた心地よい香り。
インクのようにツンツンするのとはまったく違います。

同じアルコール臭のはずなのに、何が違うんだろ。σ(゚・゚*)

アズッカのワインはこれで 3 種類めですが、
味わいが不安定といいましょうか、
おいしいと感じるときとそうでないときの差が激しいなぁと感じました。

今回のワインはとてもおいしいです。(●´艸`)

合わせていないものも混ざっていますが、
合わせたものたち食事

ハーブシュリンプのタルタル サラダ仕立て
ハーブシュリンプのタルタル サラダ仕立て

アボカドのまろやかさにマスタードの酸味がピリリと効いています。


桜肉のカルパッチョ
桜肉のカルパッチョ

馬肉や鹿肉は食べられるわたくしです。
臭みゼロ、お刺身のようなおいしさ。


キノコとゴボウのポタージュ
キノコとゴボウのポタージュ

土臭さがなく、ごぼうのおいしさがギュッとつまったスープ。


あさりの白ワイン蒸し
あさりの白ワイン蒸し

三重県産...だったかな、身がプリプリ。


チーズとサラミを少々
チーズとサラミを少々

ちょっとこれを食べてみて、といただいたもの。
食べたことのないサラミとチーズ。


豚うで肉のミートボール ポルペッティー
豚うで肉のミートボール "ポルペッティー"

お肉の旨みたっぷりのミートボール。


リゾット ポルチーニ茸とブラウンマッシュルーム
リゾット / ポルチーニ茸とブラウンマッシュルーム

シェフ得意料理はさすがの味わい。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

乾杯はスパークリングワインをグラスで、次はアズッカ・エ・アズッコの赤ワインを、
ちょっと遅れてグラスの白ワインを追加し、最後にグラスワインの赤も追加しました。

お店の料理はさらにおいしくなっていて、
どれを食べても「おいしい~♪」とか「おいしい!」だけの状態。
テンション上がりっぱなしでした。

写真にはないけれど、自家製パンのおかわりまでしております。

料理もワインもおいしくて、ちょっと騒ぎすぎたと反省しつつ、
楽しい夜をありがとうございました◎

---

[ワインメモ]
Azucca e Azucco 2017 Scarlet

原産国: 日本 / 愛知
品種: メルロ, カベルネ・ソーヴィニヨン, バルベーラ
アルコール度数: 11.5%
製造者:アズッカ エ アズッコ


---

アズッカのワインはどこもかしこも完売状態。






おまけ。

連休中にはひさびさのぶんちゃんもお誘いして再訪。


Photo by こんちゃん

登美の丘ワイナリー メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2012 を
持込み。おいしさに舌鼓を打ったのでした。





◎関連ページ
◇こちらで登場したお店です
お店にワインを持ち込んで、こんちゃんの誕生日をお祝いしました。
◇アズッカのワイン
クアットロ・カンティ "ビアンコ" 2015 『クアットロ・カンティ』
アズッカ エ アズッコ いたずらっ子のシワザ 2016『ビリキーニ』
◇登美の丘のロゼ
登美の丘 メルロ & カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ を飲み比べ。【前編】
登美の丘 メルロ & カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ を飲み比べ。【後編】
登美の丘 メルロ & カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2013






2018 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集







また行こう。(´ω`*)






最終更新日  2018.05.20 13:13:10


2018.03.26
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
また少し更新が空いてしまいました。

アップ待ちワインをためつつあるのですが、
なかなか時間が取れません...。(´・ω・`)

今回は今月頭に飲んだもの↓

奥尻 メルロー 赤

奥尻 メルロー 赤 2013。

記事にできていないのですが、これの白を飲んだことがありまして、
そのおいしさに感動して赤を購入した、という経緯があります。

いつか白の話を書けるとよいのですが。汗

香りを確かめると、お、木の香り、と。
チョコレートボンボンのような香りも。

こんちゃんいわく、紹興酒のようだ、と。
紹興酒ってこんな香りだったかしら。

あまり重さは感じられず、ただただ、木の香りです。
なんの木かはわかりませんが、とにかくいい香りです。
あんまりワインらしさを感じない香りでもあります。

色は濃いブランデーに赤みを加えたような、茶色がかった美しい色合いをしています。
向こうがやや透けた、透明感のある色です。

飲んでみると、あぁ、おいしい、とほっとする味わいです。

味はスモーキーで、軽めの飲み口。
苦味に近い、キュッとした酸味があります。

サッと味が引いて、舌の上にほのかなコクと渋味が残ります。

結構な渋さのある赤ワインで、
ちょっととがった、でも落ち着きのある中年男性のような雰囲気でした。

合わせたものたち食事

(写真使いまわし)
海ぶどう
・海ぶどう

双方変わらず。
合わないのでは、と思って食べてみたのですが、そんなこともなく。
ちょっと意外でした。ただ、一度にたくさん食べるとちょっと磯臭くはあります。


しいたけのバター醤油いため
○こんちゃん特製 しいたけのバター醤油いため

しいたけがプリプリでバター醤油が香ばしい一品。おいしいですねぇ。(´ω`*)
ワインの渋味が和らいで、ワインがまろやかになるいい相性です。


赤舌平目のムニエル
○こんちゃん特製 赤舌平目のムニエル

おひさしぶりな料理!
外側はパリパリ、中はしっとり。

ワインがブランデーっぽく、味わいが濃厚でまろやかになります。
この料理が赤ワインとも合うとはびっくりです。
いや、この赤ワインだから合うのかな。σ(゚・゚*)


牛カルビ焼き
○こんちゃん特製 牛カルビ焼き(愛知県産)

わさび醤油って万能ですね。
ムニエル同様、味わいがまろやかになり、さらに品も良くなります。

一週間後に、合わせたものたち食事

しめじとねぎ焼き
◎こんちゃん特製 しめじとねぎ焼き

だし醤油で味付けされた炒め物。
別の日に食べていたおでんの煮汁も使ったとのこと。

これがワインにとてもよく合いました!
ワインが素敵な紳士のような雰囲気と味わいに。


きんぴらごぼう
△こんちゃん特製 きんぴらごぼう

白いご飯にのせてガツガツと食べたくなるようなきんぴら。
味付けが濃いめだからなのか、ワインが水っぽくなり、
急に酸味がきつく感じられるように。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

海外のメルローとはまた違う味がとても良かったです。
(メルローの赤ワインをあまり飲んでいないので偉そうなことは言えませんが...。)

濃くはないのでどっしりとした重さはないけれど、
その分、繊細な味わいを感じられるといいましょうか。

日本らしさを感じられる赤ワインだと思います。

ぜひお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
OKUSHIRI Merlot (赤) 2013

原産国: 日本 / 北海道
品種: メルロー
アルコール度数: 11.5%
製造者:株式会社奥尻ワイナリー


---

数店舗で取り扱いあり。







◎関連ページ
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は奥尻島の赤ワイン♪





2018 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集






時間の流れがもっとゆっくりだといいのになぁ。(´Д`)






最終更新日  2018.03.26 13:14:07
2017.12.18
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
もはや恒例行事と化していますが、
日々のなんやかんやに追われて更新が滞っております。

そういうときに限ってよくワインを飲むのよね...┐(´-`)┌

という事情もあり、飲んだのは先月末。

まるで新酒のフレッシュさが失われるかのように、
記事の新鮮さがなくなっているのではと危惧しつつ↓

ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 新酒

ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 新酒 2017。

サントリーさんからいただいた新酒 3 本セット、最後の 1 本。
山梨県産のマスカット・ベーリーA で造られた赤ワインとなります。

グラスに注いで香りを確かめると、優しいぶどうジュースの香り。
甘さとコクを感じます。かすかに酸味も。フレッシュな雰囲気がありありです。
ロゼよりも重みのある香り。

飲んでみると...あ、おいしい。

なめらかな酸味が口の中にさーっと流れ、
ほのかな甘みとさらりとしたコクが舌に残ります。

香りほどの甘さはなく、全てがサラサラでさっぱりしている味わい。
渋味もありますが気になりませんでした。

合わせたものたち食事

生ハムとしいたけのスープ
こんちゃん特製 生ハムとしいたけのスープ

あまってしまった生ハムをスープに。
にんにくがアクセントになっています。

ワインと合わせると、生ハムの生臭さが強調されてしまいました。
一方で、親戚のおじさんにもらった原木しいたけが新鮮でおいしい。(●´艸`)


シューマイ皮のパリパリ焼きとチョリソー
シューマイ皮のパリパリ焼きとチョリソー

△こんちゃん特製 シューマイ皮のパリパリ焼き
安定のおつまみ。しかし、ワインの酸味が強く出てきてしまいます。

・チョリソー
合うか合わないかと言われると、微妙なところですが、まぁ問題ないかな。


ラザニア
○ラザニア(冷凍)

これは合います!このラザニアは以前も赤ワインに合っていました。
ワインのコクと旨味がアップします。

ラザニアは冷凍食品でありながら、人工的な味をあまり感じさせません。
また食べられるようにストックしておきたい一品です。

ちなみに、アクリ(マルハニチロ) の冷凍ラザニア。
2 個入りで売られています。d(・ω・*)


しいたけ焼き
◎しいたけ焼き

原木しいたけをグリルでこんがりと。肉厚でおいしい!
ワインのコクがたっぷりになる、なかなかの相性です。


女神のポッキー
・女神のポッキー

プレッツェルにチーズとスパイスが練り込まれ、
3種類のベリーの香りをまとうダークチョコレートでコーティングされたという
赤ワイン向けのポッキー。

確かに、普通のポッキーよりもプレッツェルにコクがあり、
チョコレートの香りも豊かでおいしいポッキーです。

今回の赤ワインとはごく普通に、可もなく不可もなくといった相性。

またほかの赤ワインとも合わせてみたいのですが、
それまでに残っているかどうか。汗

翌日に、合わせたものたち食事

いももち
・こんちゃん特製 いももち

こんちゃんオリジナルいももち。
ベーコンを入れてこしょうで味付けすれば、ワインに合う洋風のおつまみになります。
ワインとは可もなく不可もなくといった相性でした。


◯麻婆春雨 (永谷園) (写真なし)

この日はご飯 + おかずでお酒を飲まずに食べていたのですが、
食中にちょっと合わせてみました。

意外と合いまして、ワインの深みがやや出てくる感じに。


スーパーでよく見かける、簡単おかず。




以上です。ヽ(・∀・)ノ

今年のぶどうの味わいを堪能できる 1 本でしたが、
料理と合わせるのが難しいワインだと感じました。

どちらかというと、ワインだけで完結しているようなイメージかな。

2017 年と付けられるワインはどんな風に仕上がるのかな...と考えながら飲みました。
いつものワインとは違う飲み方ができるのも新酒の魅力ですね。

今年をまとめつつ、来年以降が楽しみになるような
ワインをごちそうさまでした◎

---

[ワインメモ]
ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 新酒 2017

原産国: 日本 / 山梨
品種: マスカット・ベーリーA (山梨県産)
アルコール度数: 11.5%
製造者:サントリーワインインターナショナル株式会社
製造所 : 登美の丘ワイナリー


---

取り扱い店舗が少なくなってまいりました。


サントリーさんのオンラインショップでは、
同じセットが Web 限定で販売されています(残りわずか) →





「女神のポッキー」は通販限定。




「大人の琥珀」はサントリーウイスキーで。







◎関連ページ
◇サントリーさんの新酒シリーズ
ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA にごりロゼ 新酒 2017
ジャパンプレミアム 甲州 新酒 2017
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は山梨県の赤ワイン♪






2017 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集






サントリーさん、今年もほんとにほんとにありがとうございました!m(_ _)m






最終更新日  2017.12.18 21:47:35
2017.09.29
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
先日こんちゃんが抜歯をしまして、
次の検診まで 1 週間ほどの禁酒を命じられております。

入院して一気に 4 本抜いたので術後の体調や経過を心配していたのですが、
痛みうんぬんではなく、お酒が飲めないとしょんぼりしているこんちゃんを見て
ほっとしている次第です。

そんなこんちゃんの入院前夜に飲みました↓

シャトー・メルシャン アンサンブル 藍茜

シャトー・メルシャン アンサンブル 藍茜 2014。

これを買ったときに、一緒に購入したもの。
翌日は病院だから、今晩は軽く飲むだけに留めておきましょうということで選択。

開けてみると、色濃く、はっきりと香ります。

赤すぐりの果実、キャラメル、樽。スモーク、燻製の香りも。
最後にホワっと甘い香りがします。それがキャラメルの香りかな。

色は紫がかった赤い色をしており、まさに「藍茜」。

飲んでみると、酸っぱい!…と思ったけれど、
後味のコクがじわっと残って甘みもほんのりで優しい味わい。

これはなかなかおいしい。
でもやっぱり酸味の方が長く続くので、それがちょっと気になるかな。

合わせたものたち食事

白カビソーセージ
◯白カビソーセージ(キュルノンチュエ)

おいしい。(´ω`*)
ワインのコクが増します。


串カツ
◎串カツ

スーパーの半額品をグリルで再加熱したもの。サクサクおいしい。たまねぎが甘い。
そしてなんと、すごくワインに合います!まろやかで、甘くなる相性。


ミニピザ
・ミニピザ

いろんな意味で、無難。


フランクフルト
・フランクフルトあれこれ (コストコ)

すごく食べ応えがあります。
味わいはあっさりとしているのに、たくさん食べられません。
ワインとは普通に。

2 日後に、合わせたものたち食事

焼きしいたけ
△こんちゃん特製 焼きしいたけ

しいたけが肉厚で、ほんの少したらしたしょうゆが香ばしい。
しいたけの味と香りが強く、ワインが負けます。


手羽中のピパーチ焼き
◯こんちゃん特製 手羽中のピパーチ焼き

こんちゃんはあまり食べられないのに、ワインも飲めないのに...ありがとう。
ワインによく合います。コクが増し、シックな味わいになります。


さんまの塩焼き
◯こんちゃん特製 さんまの塩焼き

ふわふわおいしい。意外なことに、このワインと合いました。(ノ゚ο゚)ノ
臭みも出ませんし、しょうゆをたらしたさんまと合わせると
チョコレートのようなニュアンスを感じます。

しょうゆを使わない場合は、ワインの深みがアップ。
手羽中のピパーチ焼きと同じような合い方でした。

さらに翌日に、合わせたものたち食事

◯カマンベールチーズ(スーパーのプライベートブランド) (写真なし)

こういうチーズ↓



ワインとはしっくりくる相性でした。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

2 日後以降は酸味が落ち着いて、まろやかな味わいになりました。
香りの良さは変わらずだったので、日にちをかけて楽しむのがよさそうです。

お肉に合う強さもあるかと思えば、新鮮なしいたけに負けるという
ちょっと不思議な赤ワインでした。

でもやはり、日本の食卓に合わせやすいワインだなと。
しょうゆとの相性もよく、さすが日本ワインです。(*´∀`)

たとえば単一品種で格が上のものより、
今回のように適度にいろんなぶどうを混ぜた廉価なもののほうが
いろんな食材や料理に合わせやすい柔軟性が出るのかもと思ってみたり。

組み合わせの妙を探すのも楽しそうです。

ぜひお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
シャトー・メルシャン アンサンブル 藍茜 2014

原産国: 日本 / 山梨
品種: メルロー 主体, マスカット・ベーリーA, ベーリー・アリカントA, その他
(長野県産メルロー, 山梨県産マスカット・ベーリーA 等)
アルコール度数: 12%
製造者:メルシャン株式会社


---

現在多く出回っているのは 2015 になります。d(・ω・*)







◎関連ページ
◇同時購入したワイン
シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 2014
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は長野県の赤ワイン♪






2017 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集







週末はわたくしも断酒しようかな。(`・ω・´)






最終更新日  2017.09.29 16:32:02
2017.08.08
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
先日のワインイベントでふるまわれた
サントリーさんの「塩尻ワイナリー」シリーズ。

食事会で残ったものをこんちゃんがいただいてきました。汗↓

サントリージャパンプレミアム

サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013 と、
サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA 2013。

サントリーさんはいつも品種や産地、ヴィンテージを少しずつ変えて
イベントで提供してくださっています。

さまざまな飲み比べで違いを知ることができるので、とても勉強になるのですよ。
そしてそれだけ、サントリーさんがリリースするワインは種類が豊富ということですね。
選択肢が多いのは嬉しいことです。(●´艸`)

今回は 2013 のメルロとベーリー A で飲み比べ。

コルクで口をふさぎ、冷蔵庫で 1 週間と数日保存していたものを飲みました。

ふたたびコルクを抜いてみると。

ベーリーA は甘~い香り。その後に樽香。全体的に軽い香り。
メルローは深~い香り。スモーク...ロースト香も。全体的に複雑な香り。

塩尻マスカット・ベーリーA 2013 :
1 週間以上経っていることを感じさせないおいしさ。変わっていません。
まろやかな味わいであり、きちんとした味わいでもあります。
優しさ、真面目さ、芯を感じる味。ワイナリーの篠田所長を思い出しました。

岩垂原メルロ 2013 :
こちらも変わらぬおいしさ。深い味わいです。
舌に残るローストっぽさとコクが強くてすごい。鼻に抜ける香りが心地よいです。
奥深い味わいにトリコです。

色はぱっと見、見分けがつきません。
シャッフルしたら見た目で判断できませんでした。でも香りと味で分かる。

合わせたものたち食事

コールスローサラダ
・コールスローサラダ

前菜的に。相性は特に確かめず。



・カマンベールチーズと生ハム

・カマンベール(十勝)
ベーリーA とはちぐはぐな感じ。
メルロとは問題なく。包容力がある感じ。

◯生ハム
双方とも合いました。
けれど、メルロのほうが、より合う気がしました。
ベーリーA は甘い香りが、やや邪魔をするような。


味付きドイツ豚
・味付きドイツ豚

◯ベーリーAによく合いました。甘い味付けと、ベーリーAの甘い香りがマッチ。
お肉のボリューム感もぴったり。
・メルローとは普通の相性、ちょっと酸味が出るかなと(問題ない程度)。


手羽中のピパーチ焼き
・こんちゃん特製 手羽中のピパーチ焼き

◯両方に合います。それぞれのワインの特徴が際立つ感じ。


アスパラベーコン焼きと枝豆揚げ
・アスパラベーコン焼きと枝豆揚げ

・アスパラベーコン焼き
・ベーリーAとは普通に。
◯メルローに合いました。多分ですがベーコンの香ばしさに反応しているのかと。
スモークの香りがしっかりあるので。

・枝豆揚げ
・双方普通に。そろそろ味判定があやふやになっています(酔った)。


以上です。ヽ(・∀・)ノ

この後、さらに 10 日後くらいに残っていたものをまた飲んでみました。

そしたらびっくり!
まだまだ味わいを保っていたのです。

10 日程度ずっとコルクを抜くことなく、冷蔵庫で冷やしていたのがよかったのかな。

ベーリーAは、ちょっと酸味が出始めたものの、味に全く問題ありません。
メルローはほとんど変化を感じられず。双方とも、本当に驚きました。



◎バゲットとクリームチーズ

クリームチーズとバゲットの組み合わせに両方ともよく合いました。
ワインの味わいが復活するとても良い相性。

ただし、クリームチーズだけではダメで、
バゲットとチーズの組み合わせが必須でした。

そして両方ともおいしく飲み切り!
こんなに時間をかけて赤ワインを味わったのは初めてです。

長く寝かせておけそうなワイン、ということでしょうね。
家で何年も寝かせてから飲んでみたいなぁ。(´ω`*)

ぜひお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013

原産国: 日本 / 長野
品種: 長野県塩尻市岩垂原地区産 メルロ 100%
アルコール度数: 13%
製造者:サントリーワインインターナショナル株式会社


---

[ワインメモ]
サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA 2013

原産国: 日本 / 長野
品種: マスカット・ベーリーA ( 長野県塩尻市産 100 % )
アルコール度数: 12%
製造者:サントリーワインインターナショナル株式会社


---



◎関連ページ
◇このイベントに参加していました
サントリー塩尻ワイナリーツアーに参加しました!
◇これまでに飲んだ、サントリーさんの塩尻ワイン
サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ 2011
サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2012
サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA 2014
サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ 2013

たくさんの種類を飲ませてもらっています。ヽ(・∀・)ノ
個別記事にしていないだけで、ミズナラ樽熟成のベーリーA やロゼも。
サントリーさん、本当にありがとうございます◎






2017 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集







どれもそれぞれにおいしかったです。(´ω`*)






最終更新日  2017.08.08 17:50:04
2017.03.24
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
白ワイン(泡を含む)の登場回数がとても多いわが家。

こんちゃんはどんなお酒も飲めるので、
"お酒飲めるゾーン" の狭いわたくしに合わせている結果でございます。

辛口の白ワインやスパークリングワイン大好き!なわたくしですが、
それでもやはりたまには赤ワインを飲みたくなるわけで↓

サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ

サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ 2013。

サントリーさんからの、ありがた~い頂きものです。
ごちになります!( ゚Д゚)ゞ

お肉料理にしようか、という夜、満を持して登場。

本音を言えば、まだ寝かしておいてもおいしくなりそうだなぁと思ったのですが、
そうして寝かされているサントリーさんの赤がまだあるので開けることに。

グラスに注ぐと「あぁ、いい香りだな」と。

バランスのとれた、しっとりとした、そして果実味あふれる香り。
木のスモーク…樽の香りの後、ベリー系の果実。
優しく、でもきちんと香ります。静かですが存在感のある感じ。

飲んでみると「あぁ、おいしい」と。

渋味と酸味がどんときて、さっと引き、
舌の上に温かい甘みとコクがじわじわと残ります。
「フルボディ」とありますが、ミディアムっぽい気がします。

まろやかさが "なんとも日本らしいワインですね" という味わい。
渋味は強いのですが、酸味はまるく柔らかいのでおいしく飲めます。d(・∀・*)

合わせたものたち食事

レタスサラダ
・レタスサラダ

ワインに合わせて粉チーズを多めにしました。
ワインの味が濃く感じられます。


スモークチーズ
・スモークチーズ(よつ葉)

スモークチーズのスモーク香と、塩気がワインに合っている気がします。
やや果実味が増す相性でした。


カマンベールチーズ焼き
・カマンベールチーズ焼き(雪印)

にんにくチューブでにんにくをたっぷりきかせた今回のカマンベールチーズ焼き。
単独ではとてもおいしい。

ワインと合わせると、にんにくの雑味というか嫌な感じの香りが出てしまいます。
しかし、チーズが冷めたら香りが気にならず、むしろ合うようになりました。

写真の奥にあるのはボラのへそ。
わたくし、食感が苦手でパスしました。

ところでカマンベールチーズ焼き、ここで紹介しているのですが、
実は作り方に誤りがあるんですよね...。修正しないと思いつつ、つい放置中。汗


手羽元のあまから煮
◯こんちゃん特製 手羽元のあまから煮

和風でさっぱりとした味付けがおいしいあまから煮。
ワインのコクと深みが増しました。(´ω`*)


八幡巻き
◎こんちゃん特製 八幡巻き

野菜あっさり、牛肉の味しっかりのおいしい一品。
野菜を煮て味付けしておき、牛肉の火加減は最小限にしていたもよう。

ワインの黒い果実味が増し、重厚さが出るぴったりの相性。これはいいですね!
ぱんだしゅりけんさんのお話通り、根菜との相性が良いようです。


2日目に、合わせたものたち食事

焼きとうもろこしとソーセージ
◯焼きとうもろこし(沖縄産)
・ソーセージのグリル

◯焼きとうもろこし(沖縄産)
甘くておいしい!ワインとも寄り添う相性と思いきや、コクの増すいい相性。
樽香がいいのかな。この前、白ワインでいまひとつだったので意外です。

・ソーセージのグリル
ワインの深みと重みが出ます。


ラザニア
◎ラザニア(冷凍食品)

オレガノでしょうか...スパイスが効いてよくおいしい。
しかもワインがすごく合います!
表情が変わってイキイキし、果実味がアップします。

ラザニアを調べたら、これでした →
マルハニチロの「こんがりと焼いたラザニア2個入」という商品です。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

2日目はぱんだしゅりけんさんのいうピーマンっぽさを感知。
わたくし的に、土っぽさもあるように思いました。

味は変わらずおいしいまま、さらにまろやかになりまして
おいしく飲み切り。

こうしてたまにはじっくり赤ワインと向き合うのもいいですね。(´ω`*)

以前飲んだときは、こちらのワインの存在を前に霞んでしまい、
さらには酔いも回ってじっくり味わえず。

今回こうしていいワインだな、と再確認できてよかったです。

サントリーさん、貴重なワインをありがとうございました◎

---

[ワインメモ]
サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ 2013

原産国: 日本 / 長野
品種: 長野県塩尻市産 メルロ 100%
アルコール度数: 12.5%
製造者:サントリーワインインターナショナル株式会社


---

取り扱い少なし。






おまけ。

こんちゃんが「勉強するように本を買ったよ♪」と
にこにこしながらわたくしに包みを手渡しまして。

ベ・ベンキョウなんてイヤだ...!! (꒪∆꒪;)
と戦々恐々開けてみたら。



でした。ヽ(・∀・)ノ
1, 2 巻ゲット。

こういうお勉強なら大歓迎ですきらきら
ていうか、素直に手渡してよ~、と思わなくもない。笑






◎関連ページ
◇イベントでヴィンテージ違いを飲んでおります
サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ
◇これはびっくりするおいしさでした
サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ
◇とうもろこしが甘くて相性いまひとつ(香りはよくなったものの)
Colpasso Grillo 2012 (コルパッソ・グリッロ)
◇手順を追って写真を撮って...と思いつつ、作る段階で忘れている
カマンベールチーズ焼き
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は長野県塩尻の赤ワイン♪






2017 年も、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集






週末にのんびり勉強します。(`・ω・´)






最終更新日  2017.03.24 17:40:09
2017.01.24
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
ちょっと気を抜くと更新が滞ります。
危ない危ない。

さて、先日飲んだ井筒ワインの白

ペアで赤も頂いておりまして、こちらもおいしく飲みました↓

井筒ワイン 果汁発酵 無添加にごり生ワイン 赤 2015

井筒ワイン 果汁発酵 無添加にごり生ワイン 赤 2015。

さらに以前にも頂いておりまして、
それに近いものなのかな?もしかして同じかも?などと感じましたが、詳細は不明です。

さっそくグラスに注いで香りを確かめてみると。

香りはまさにぶどうジュース!赤いぶどうジュース!
フレッシュなぶどうジュースの香りが爽やかに。

でも飲んでみると、「あ、今回はワインだ。」という味でした。
すっきりとした甘みの後に優しい酸味とはっきりした渋味。

ワインとして、骨のある感じです。

新鮮なぶどうジュースのようでいて、きちんとした赤ワイン。
果実味あふれる味わいが、イキイキとしていて本当においしいです。

「ワインの香水だ。香りが良い。」と、こんちゃんは申しておりました。

翌日も味は変わらず、2 日連続で楽しく飲みました。

合わせたものたち食事

煮込みラーメンの具
・煮込みラーメンの具

具がたっぷりで麺を入れられず。笑
ちょうど温野菜が食べたかったのでまずは具だけ。麺は〆で食べました。


あん肝の煮付け
◯あん肝の煮付け

前日よりもしっかり火が通って、臭みゼロ。食感も落ち着きました。
(前の日に火を通してぽん酢で食べたのですが、いまひとつだったのです。)

ワインがすごくキリッとします。
渋味が消えて、酸味と甘味が顔を出しました。

赤ワインと醤油って合いますね。


鶏肉のみりん粕漬焼き
◯こんちゃん特製 鶏肉のみりん粕漬焼き

友達を案内したみりん屋さんでたまたま購入できたみりん粕。
その粕とたまりじょうゆなどを混ぜ、そこに鶏むね肉を一晩漬け込んだもの。

あっさりとした部位のはずのむね肉なのに、すごいコクが。
醤油やみりんの旨味もプラスされてとにかくおいしい!

ワインともぴったり。あん肝のとき同様の合い方です。

2日目に、合わせたものたち食事

スープぎょうざ
・スープぎょうざ

前日の煮込みラーメンのスープを使って。
お酒を飲んでいると不足しがちな水分をたっぷりと取れるのが嬉しいですね。
体も温まります。


(写真なし)
◯こんちゃん特製 鶏肉のみりん粕漬焼き

昨晩とは違う部位のお肉で。脂が多い分、旨味も強いような。
それにしても、みりん粕でおいしく化けるものです。すごいわぁ。(ノ゚ο゚)ノ

漬けた時間も短いのであっさりとした仕上がりに。ワインに合います。
ちなみに国産米のみりん粕というのは贅沢品らしいですよ。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

まさか、みりんの粕漬けがこんなに合うとは驚きました。
いい買い物をしたなぁ。(´ω`*)

そして、やはり赤ワインと醤油の相性はいいですね。
万能とはいきませんが、また積極的に試してみたい組み合わせです。

K さんのお母さん、今回もおいしいワインをごちそうさまでした◎

---

[ワインメモ]
井筒ワイン 果汁発酵 無添加にごり生ワイン 赤 2015

原産国: 日本 / 長野
品種: コンコード ( 国産ぶどう 100% )
アルコール度数: 12.5%
容量: 720ml
製造者: 株式会社井筒ワイン


---

楽天市場での取り扱いは終了したもよう。





◎関連ページ
◇先日の白
井筒ワイン 果汁発酵 無添加にごり生ワイン 白 2015
◇以前いただいた、赤
井筒ワイン 生にごりワイン コンコード 赤
◇友達を案内してよかった!
遠路はるばるわが家に来てくれた、地元の友人をおもてなし。
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は日本の生ワイン(赤)♪





なかなか 2017 年のワインに入れない...。_| ̄|○






最終更新日  2017.01.24 17:43:21
2016.08.08
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
こんにちは。

そろそろお盆休みに入ってるかたもいらっしゃる頃ですかね?

わたくし、明日から帰省の予定なのですが(書いているのは 12 日)、
ノドが痛くて体が少し重だるく、なんだか夏風邪気味...。

後ほど、こんな体で帰省してもよいか、実家にお伺いを立てようと思います。笑

さてさて。

7 月中~下旬ごろ、長野県へと行ってまいりました。

そのときに地元のスーパーへ立ち寄りまして、お酒コーナーをチェック。

ビールにワインにと、なかなか圧巻な品ぞろえでございました。

そんな地元スーパーで購入↓

信州松本平ブラッククイーン

信州松本平ブラッククイーン 2014。

なんだか吸い込まれそうな黒い香りを感知。
カシス、そしてヒノキのような木の香りが控えめに香ります。

なんというか、注意深く嗅いでみればよく分かるくらいの繊細な香り。
ハーブのような、スッとするフレッシュさもありました。

味は...酸っぱいな、という印象です。
うーん、まあまあですかねぇ。

最初の酸味のインパクトが強く、コクや余韻が分かりにくくなってしまっているような。
残念。

しかし後日、この評価が覆ることになろうとは...!!

とりあえず、合わせたものたち食事

トンデンファームのベーコン
◎トンデンファームのベーコン

脂身が甘くておいしいベーコン。
びっくりするほど、この赤ワインと合います。

酸味が抑えられて、ワインがまろやかに。
コクや甘味など、いいところが顔をはっきり出してくるような味わいになりました。


焼きズッキーニ
△焼きズッキーニ

ワインの味が最初に戻りました。
つまり、酸味が際立つような状態に。


どて煮
・こんちゃん特製 どて煮

こんちゃん特製のどて煮です。
肉料理とは思えぬあっさりとした味わい。おいしいです♪


赤舌平目のムニエル
△赤舌平目のムニエル

これ、何度食べてもおいしいーーー!
バターたっぷりでこんがりのおいしさきらきら

ただ、ズッキーニと同じく、ワインの味が最初に戻ってしまいました。
ちょっと残念。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

しっかりとしていて肉料理に合いそうな、ヤワではない赤ワインです。

でですね。

4日後に飲んでみると、開けた日よりもまろやかに変化し、
おいしくなっているではありませんか!(劇的ビフォーアフター風に。)

チョコレートのようなまろやかなコク、トゲトゲしさもなくなり、品まで出ています。
なにこの変化。(ノ゚ο゚)ノ

フタをすることもなく放置していたんですけど...。

初日に、やわではない赤ワインだなと思いましたが、まさに。

飲まずにしばらく寝かせてからでも楽しめる赤ワインなのかもしれませんね。

そういえば、雑誌 dancyu の "完全保存版「ワインの教科書」" 内の、
「世界に通用する日本のワイン 99 本」には
おそらくこのワインの、2011 が取り上げられていました。

もしどこかで見かけたらチェックしてみてください◎

---

[ワインメモ]
信州松本平ブラッククイーン 2014

原産国: 日本 / 長野
品種: 長野県産ブラッククイーン 100%
アルコール度数: 12%

甘辛度: 辛口 ( 1~5 の 5 段階で 1 )
容量: 720 ml


---

たぶんこれ。



われわれが購入したのは、販売者がツルヤ(地元のスーパー)になっていました。
だから値段も少し安かったのかも?




◎関連ページ
今日のお酒は長野県の赤ワイン♪(こんちゃんのブログ)




2016 年は、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集






それでは、よいお盆休みをお過ごしください。。゚+.(・∀・)゚+.゚






最終更新日  2016.08.20 15:38:48
2016.05.30
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
あっという間に週明けですね。

週末はわたくしの実家の法事関係で
バタバタと過ごしておりました。(´・`;)>

ひさしぶりにたくさんの親戚が集まる大きな会でしたので
無事に終わってホッとしているところでございます。

さてさて。

本日は 10 日前くらいに飲んだワインのご紹介。

ある日のこと、めずらしく肉系の料理が食べたくなったわたくし。

でもこう、なんていうんですかね、

「がっつりステーキ!こってりフォアグラ!」

とかではなくて、

「小間切れで生姜焼き!もしくは野菜炒め!」

みたいな薄っぺらい欲望。笑

その流れで、今日はこれを飲もうと決めていました↓

塩尻ベーリーA

サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA 2014。

サントリーさんから、新ヴィンテージ発売ということで
いただいたワインです。ありがとうございます。m(_ _)m

あっさりお肉料理には日本ワインの赤でしょう、と思いまして。

そしたらそれに合わせるかのように嬉しいことが
起こりましてですね、それは後ほど。

で、実はもう 1 本、サントリーさんにいただいた赤ワインがありまして、
それと色合いを比べてみました。

写真を撮っているときに、濃さが全然違うことに気づいたのよ↓

比較

ね?d(・∀・*)

逆光だとよく分かります。

両方とも塩尻マスカットベーリーA なんですよ。
ヴィンテージは異なりますが。

で、夜。
いそいそと準備をしまして、ワインをオープン。

グラスに注ぐと、ストロベリー、ストロベリージャム、
そのあとにスモーキーな香ばしい香り。

グラスの中に漂う香りを吸ったらなくなっちゃった!
というくらい控えめな香り。
グラスをくるくるして香りを確かめました。(´ω`*)

飲んでみると...わたくしにはちょうどよい濃さ。
ほのかな甘みが上品でおいしい!

香りほどの甘さはないけれど、本当にストロベリーのような味も。
しっかりコクがあり、飲みやすいおいしさです。

合わせたものたち食事

えのきの山本式
○えのきの山本式
・トマト(写真奥)

えのきが塩と油だけでどんどん食べられるおいしさ。

ちょっと塩が強かったんですけど、それがワインに対してよかった。
多少渋くなるけれども、深みが出る。
果実味がイキイキしてくるおいしさ。

トマトのほうはと言いますと。

ワインを飲んでからトマト → トマトが甘くなって○
トマトを食べてからワイン → 酸っぱい!合わない!×

という結果に。トマトはパワフル、ワインは繊細ってとこかしら。σ(゚・゚*)


小鮎の塩焼きとクラコウ
△小あゆの塩焼き

臭みは出ないけど、あゆの味にワインが負ける。

合わないと分かってはいたけど、食べたかったの。
だって小あゆ、なかなか食べられる魚じゃないんだもん。


アヒージョ
○アヒージョ

今回は特においしいとこんちゃんからお褒めの言葉。
火の通し具合がよかった模様。(●´艸`)

ワインがキリッとして、よく合います。
「ちょっとしたコクのある食材がこのワインに合う...スバリ、キノコ類だね」by こんちゃん

うんうん、たしかに!納得!


マッシュルームのチーズ焼き
・マッシュルームのチーズ焼き

わが家では、アヒージョ並みに
どのワインとも合ってきた、こちらの一品。

期待して合わせてみたけど意外と普通でした。ちと拍子抜け。┐(´-`)┌


黒毛和牛の塩こしょう焼き
○黒毛和牛切り落としのシンプル塩こしょう焼き、玉ねぎと共に

これはおいしい!塩加減、いや、ステーキシーズニング加減が絶妙。
こういう肉料理を食べたかったんですよ!

ワインの味を確かめてからの、こんちゃんシェフによる料理なので相性ばっちり。
アヒージョに同じく、ワインがキリリと紳士的な顔をのぞかせる感じ。

そして。

この日は臨時収入があったとのことで
トクベツに割引なしの黒毛和牛を使用しております。

この塩尻マスカット・ベーリーAを飲むと決めてからの
奇跡的な(?)流れ。素晴らしい。( ̄m ̄*)

で。

わが家では浮気することなくこちらを愛用中。



使い切りそうだから、そろそろ買わないとだな。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

この日はいろいろおいしくて食べすぎ & 飲みすぎました。
翌朝、あごのあたりに吹き出物発生。笑

さらさらとしているので、濃厚でガツンとくるパワフルな
赤ワインがお好みの人には物足りないのでは、と思います。

とても素直で優しい赤ワインなので、
わたくしのように、どちらかというと白ワインを飲むことが多いかな~、
あっさりした赤ワインが好きだな~という人にはおすすめ。

料理もパワフルなものだとワインが負けてしまうので
いわゆる「体に優しい」「健康的な」味付けや
素材のものがよいかと思います。特にキノコ類との相性よし。

今回のように、すぐに開けてもおいしく楽しめましたが、
もう少し寝かせてもよかったかも...と、こんちゃんが申しておりました。
2014 年って相当新しい赤ワインですからね。

もう 1 本の赤ワイン ( 写真の左のほう ) の
ヴィンテージは 2012 でした。

塩尻マスカット・ベーリーA

色が濃い = 濃厚 = 長期熟成に耐えうる、とみているので
まだしばらく寝かせてから飲もうかな、と思っています。d(・∀・*)

おいしいワインをごちそうさまでした◎

---

[ワインメモ]
サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーA 2014

原産国: 日本 / 塩尻
品種: マスカット・ベーリーA ( 長野県塩尻市産 100% )
アルコール度数: 12%

味のタイプ: ミディアムボディ
飲み頃温度: 12 ~ 14 ℃


---

今のところ、うきうきさんのみの取り扱い。



Amazon で検索してみたけれど、見つからず。
発売されたばかりだからかな~。





◎関連ページ
今日のお酒は長野県のマスカット・ベーリーA♪(こんちゃんのブログ)




2016 年は、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集







もしよかったら、ぽちっと応援よろしくお願いします。。゚+.(・∀・)゚+.゚






最終更新日  2016.06.01 17:16:11
2016.05.16
カテゴリ:赤ワイン [ 日本 ]
さて、ようやく K さん にいただいたお酒の登場です。

「要冷蔵」なワインとのことでしたので、
新鮮なうちがよかろう、早めに飲もう!と開けました↓

井筒ワイン

井筒ワイン 生にごりワイン コンコード 赤。

井筒ワインは知多半島シリーズで飲んではいるものの、
正規品といいましょうか、ちゃんと「井筒ワイン」という
名前のついたものを飲むのは初めてなのです。


予約醸造品

「予約醸造品」「要冷蔵」といった
特別感あふれる赤文字のワードに心躍ります。

香りはまさに赤いぶどうジュース!
マスカットではない、赤いグレープジュース!

しかも生搾りタイプのような、甘ーくて濃厚なぶどうの香り。
そこにチラリと、そしてほんのりとワインのコクの香りが
顔をのぞかせている感じ。

味は...わぁ、ぶどう。(●´艸`)
ストレート果汁 100 % のぶどうに、アルコールを加えた感じ。

ワインとぶどう酒(それをワインと言いうけどあえて。
果実酒的な意味合いで。笑)の中間というか。う~ん、おいしいハート(手書き)

赤ワインが苦手な人にぴったりだろうなー。甘いし。
甘いけど、くどくないし。

フルーティーでジューシー。たまにはこういうのもいいな~と
思わせるワインです。人にも勧めたくなります。d(・∀・*)

面白いワインだな~と写真を撮るわたくし。

生ぶどう酒

色はしっかりとした濃さがありますね。

合わせたものたち食事

ボラとたこの刺身
・刺身(ぼら, たこ)

ぶどうらしさがとても強いとはいえ、赤ワインなので合うのかな~?と
思いましたけど、普通に合います。寄り添う感じ。


トンデンファーム
・トンデンファームの生ハム(プレーン)

強いて言えば、の前置きが必要になる程度ですが
若干の苦みが出ます。けどお刺身同様、普通に合う感じ。


たこの煮つけ
・こんちゃん特製 たこの煮つけ

出汁がしっかり、だからかな、すごくおいしい!
ワインは煮物にも合います。意外と強いワインなのか?!


お好み焼き
・こんちゃん特製 お好み焼き

たことイベリコ豚を使った豪華な一品。
ソースもしょうゆとマヨネーズにて手作り。これはおいしい!(゚д゚)

ワインはひたすら寄り添い続けます。
なんというか、味が一定というか固定というか、まったく変化がありません。


イベリコ豚キムチ
△こんちゃん特製 イベリコ豚キムチ

豚キムチ自体はとてもおいしいきらきら
味ももちろんですが、しめじや玉ねぎの食感もいいです。
キムチの辛みと酸味がおいしい~♪

ワインとは、酸っぱさや苦みなど、わたくしにとって際立つと
苦手な味わいが出てしまいました。


いちごのカナッペ
△こんちゃん特製 いちごのカナッペ

このデザート大好き!
こんちゃんの誕生日の夜に登場しております
生クリームをあまり好まないわたくしですが、これなら食べられます。
ワインは酸っぱくなりました。うん、予想通り。

以上ですヽ(・∀・)ノ

飲んでいてふと、そういえば赤玉に似てるかも、と思いました。
ただ、ずいぶん前に飲んだ記憶なので微妙に違うかもしれません...。

飲み進めると酸味も感じられて、ますます飲みやすくなりました。

秋になるとボジョレーだ!と賑やかになりますけど、
わたくしは断然こっちの新酒が好きだし、飲みたいなぁと思いますね。(´ω`*)

ほんと「ぶどうっぽさ」が際立っているワインです。
今年の秋冬に、ぜひお試しあれ。

そして K さん、おいしいお酒をごちそうさまでした◎

---

[ワインメモ]
井筒ワイン 生にごりワイン コンコード 赤 2015

原産国: 日本
アルコール度数: 12.5%
品種: コンコード ( 信州桔梗ヶ原収穫, 国産ぶどう 100% )

・酸化防止剤無添加新酒
・予約醸造品
・要冷蔵

※容量は 720 ml
※井筒ワインの Web サイト →

---

写真は白ワインですが。



赤のほうはどこも売り切れのもよう。




おまけ。

先日、実家で飲み残しのワインがありまして、
自分ではまず買わないであろうワインでしたので飲んでみたら。

今回のワインに似てる!
生にごりワイン コンコードを少し薄めた感じ。( ̄m ̄*)

それはなんと...



でした。

なんかいろいろ衝撃でした。(゚ロ゚;)
(これってこういう味のワインだったんだ!しかもペットボトル!とか、
実家でこういうの飲んでるんだ!とか
開封後は要冷蔵って書いてあるのに常温保存してる!とか。)





◎関連ページ
◇知多半島ワインシリーズ(井筒ワイン)
知多半島ワイン セントネア 赤
知多半島ワイン 夢ドルフィン 白
知多半島ワイン デラスウィート 白
知多半島ワイン コスモス ロゼ
◇いちごのカナッペ
CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD BRUT
(シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド・ブリュット)

◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は日本の生ワイン♪






2016 年は、サントリーさんを中心に
日本ワインを応援しています♪

サントリーバナー

日本ワイン サントリー
Amazon 日本ワイン特集







もしよかったら、ぽちっと応援よろしくです。。゚+.(・∀・)゚+.゚






最終更新日  2016.05.18 09:49:34

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.