601543 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わくわくするワイン、ときどきお酒

PR

X

全7件 (7件中 1-7件目)

1

スパークリング [ 南アフリカ ]

2018.03.02
XML
風の強い日が続いていますね。

そんな強い風に黄砂でも運ばれてきたのでしょうか、
鼻の調子がイマイチなこんちゃんとわたくしです。

さてさて。

前回の南アフリカの泡がとてもおいしくて、
ひさしぶりにこれも飲んでみよう!という話になりました。

おいしいのは分かっているのですよ↓

グラハム・ベック・ブリュット・ブラン・ド・ブラン

グラハム・ベック・ブリュット・ブラン・ド・ブラン 2012。

これまでに何本も飲んでいる、南アフリカのグラハム・ベックです。
ブラン・ド・ブランは 3, 4 本目...かな。

グラスに注ぐと、香りのボリュームはたっぷり。
すごく濃厚に香ります。

こっくりとしたはちみつ、そのあとから完熟グレープフルーツ、
さらにそのあとローストしたナッツ。

これはおいしそう...!! すごくそそられる香りです。

飲んでみると、うん、おいしい。でも香りほどの感動が訪れず。
かなり辛口の味わいです。

いつもみたいな感動がないな~、なぜだろうと考えたところ。

これを飲むことで、前回のスパークリングワインに
凄みとスケールの大きさがあったんだな、と遅れて理解したのがその理由かと。

もちろん今回もグラハム・ベックもおいしいのですが、
前回のスパークリングがそれだけすごかったんですね。

合わせたものたち食事

ナッツいろいろ
ナッツいろいろ

○かぼちゃの種
香ばしくておいしい。ワインの味わいが濃厚になります。

・ミックスナッツ
ナッツの香ばしさがワインの香りにも含まれるからか、違和感のない相性です。


ヒラメのお刺身
◎ヒラメのお刺身

ワインにとてもよく合います!
ワインがまろやかに優しくなります。ぴったりの相性。
お刺身はプリプリ、旨味しっかりでおいしい。


車海老のチーズ蒸し
・こんちゃん特製 車海老のチーズ蒸し

冷凍庫で眠っていた車海老をチーズで食べるという贅沢な一品。
海老の食べ応えはもちろん、ブロッコリーの味わいもよし。
ワインとは意外と普通の相性。


みりん粕漬けの鶏のグリル
・こんちゃん特製 みりん粕漬けの鶏のグリル

もう少し漬かっているかと思いきや、あっさりとした仕上がりに。
脂も少なく、さっぱりと食べられます。でもジューシー。

翌日に、合わせたものたち食事

めかぶ納豆豆腐
△こんちゃん特製 めかぶ納豆豆腐

普通の醤油ではなく、だし醤油がぴったり!
おいしいのですが、ワインと合わせると納豆臭さが引き立ちます。笑


カマンベールチーズ
○カマンベールチーズ(十勝)

ワインが甘くなるいい相性です。このチーズもおいしい。(´ω`*)


めかぶの煮付け
・こんちゃん特製 めかぶの煮付け

かなり歯ごたえのある煮つけ。白いご飯が欲しくなるおいしさです。


しいたけのクリームパスタ
○こんちゃん特製 しいたけのクリームパスタ

生クリーム、牛乳、にんにくなどで味を付けたとのこと。
クリーミーなのに、くどくならないおいしさ。
ワインがまろやかになって、よく合います。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

ちょうどよい濃さと味わいで最初からぐいぐい飲んでしまい、
少々酔っぱらってしまいました。危険なおいしさです。(●´艸`)

2 日かけておいしく飲み切りました。
なんだかんだ言いつつ、やっぱりおすすめのスパークリングワインです。

ぜひお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
Graham Beck Brut Blanc de Blancs 2012

原産国: 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
品種: シャルドネ 100%
アルコール度数: 12.5%
生産者: Graham Beck Wines (グラハム・ベック・ワインズ)
輸入者: 株式会社モトックス


---

またスーパーセールが始まるんですね。



わが家は買い物自粛。




◎関連ページ
◇ひさしぶりのグラハム・ベックでした
GRAHAM BECK BRUT ROSE NV (グラハム・ベック・ブリュット・ロゼ)
GRAHAM BECK BRUT NV (グラハム・ベック・ブリュット)
GRAHAM BECK BRUT 2009 (グラハム・ベック・ブリュット・ブラン・ド・ブラン)
◇前日に飲んだ南アフリカの泡もおいしかった!
AYAMA Mèthode Cap Classique Brut 2008 (アヤマ・MCC・ブリュット)
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は南アフリカの泡ワイン♪





洗濯物を外に干せない季節がやってきた...。(´・ω・`)






最終更新日  2018.03.02 16:20:53


2018.02.27
あっという間に沖縄旅行から帰ってきました。

やちむんを見て、お昼食べて、ショールーム行って、居酒屋で飲んで、
をきっちり 2 サイクルこなしてきました。
沖縄の住宅事情も分かって面白かったです。(*´∀`)

それにしても、沖縄でもこちらでも、
なんだかそわそわと落ち着かない心持ちが続いています。

旅行から帰ってきたことですし、
こういうワインをじっくり集中して飲みたいのですが↓

アヤマ・MCC・ブリュット

アヤマ・MCC・ブリュット 2008。

10 年前のぶどうで造られたスパークリングワインです。
かなりおひさしぶりの南アフリカ。

なんと、ぶどうの生産地は世界自然遺産地区の中にあるのだそう。(ノ゚ο゚)ノ

グラスに注いでみると、いい意味でちょっと枯れたような、酸味を感じる香り。
コルクの香りには、梅酒のような雰囲気の香りも。

いつぞや飲んだ、かなり年季の入った白ワインの香りにそっくり。

なんというワインだったのかはさっぱり思い出せませんが、
この香り嗅いだことある!おいしかったワイン!ということだけ覚えています。

ぶどうの種のような香りもしつつ、全体的には控えめ。

飲んでみると、う~ん、おいしい。(*´∀`)

口に含んだとき、軽くてちょっと薄いのかな...と思ったのですが、
ふくよかで包みこまれるような品の良い甘さが口全体にあふれました。
ほんのりした甘さが残るだけで、あとの味はすっと引いていきます。

南アフリカらしい、果実味全開の味わいではなく、
品があって、別の国のワインのようなおいしさです。

黒人の女王がいるとしたら、こんな雰囲気なのかな。

合わせたものたち食事

チキンとアボカドのサラダ
・チキンとアボカドのサラダ(デパ地下)

所用で名古屋方面に行ったので、大盤振る舞いであれこれ買ってきました。

パルミジャーノを使ったドレッシングもついたサラダ。
大根などを使っているからか、和風サラダのようにも感じられます。

ナッツの香ばしさがアクセントになった、クリーミーな味わい。
バジルもきいて、とてもおいしい!もう少し買ってきてもよかったな。

ワインとも問題なく。


ベジタブルタルト
・ベジタブルタルト(デパ地下)

トマト、アスパラ、パプリカ、ビーツ。
写真映えするかな、と思って買ってみました。笑

トマトとパプリカがおいしく、
「ビーツといちじく」の組み合わせがワインによく合っていました。

家ではこういう凝った料理ができないので、たまにはいいですね。
(そもそも料理をしていないのですが。)


カンボゾーラ
・カンボゾーラ(ドイツ)

見たことのないチーズなので買ってみました。

かーなーり熟成させたカマンベールチーズに、青かびを練りこんだようなチーズ。
強いブルーチーズは苦手なわたくしでも、たっぷり食べたくなるおいしさでした。

こんちゃんがおすすめしていますが、わたくしもおすすめしたい。



クセになるおいしさ。


いわしのマリネ(デパ地下)
△いわしのマリネ(デパ地下)

最初に出すべき一品ですが、冷蔵庫に入れたまま忘れるところでした。
危ない危ない。

肉厚のいわしと甘酢の組み合わせ、バランスが素敵です。
ダシがきいて、酢が優しく、いわしの旨味もたっぷり。

魚の臭みが出るので、ワインとはいまひとつでした。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

数日後、ちょっとだけ残っていた分は泡が抜けて白ワイン状態に。
それでもとても味がよく、食前酒として飲み切りました。

少し水っぽいかな?と思わなくもないけれど、
味わいがしっかりしていて飲みやすく、なんとも不思議な濃さでした。

おつまみと合わせやすい優しさも持ち合わせ、
これはまた飲みたい!と印象に残ったスパークリングワインです。

ぜひお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
AYAMA Mèthode Cap Classique Brut 2008

原産国: 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
品種: ピノ・ノワール 55%, シャルドネ 45%
アルコール度数: 12%
生産者: AYAMA (アヤマ)
輸入者: 株式会社ボンド商会


---

ほんと、また飲みたい!







◎関連ページ
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は南アフリカの泡ワイン♪






沖縄では、湯船に浸かる習慣があまりないそう。
お風呂を買うとき、湯船は要らないという人もいるのだとか。(゚ロ゚;)






最終更新日  2018.02.27 16:41:05
2017.03.20
世間様は 3 連休かと思いますが、わが家は通常の月曜日でございます。

さてさて。

沖縄旅行中は泡盛やサワーなどばかり飲んでいて、
ワインを口にしていなかったわれわれ。

帰宅翌晩、ぱぁーっと泡でも飲みましょうということで↓

バランス・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

バランス・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン 2016。

わたくし大好きバランスシリーズの泡が新発売!を目ざとく見つけ、
カルディにてさっそく購入いたしました。楽しみ。(●´艸`)

開けてみると、おいしそうな南国の香り。
フレッシュなグレープフルーツ、ほんのりメロン。果物の香りがイキイキと。

香りはシャルドネっぽさを感じるけれど、ソーヴィニヨン・ブランなんだよなぁ。
まだまだ分かんないものだなぁ。

フルーツグミのような、ポップな甘い香りもあります。
全体的にかなり濃く、弾けるように香ります。

味は爽やかなおいしさ。d(・∀・*)

若いのかな?ちょっとペラっとしているけど、
後味のコクがしっかりと残ります。ちょっとえぐみもあります。

これはよく冷やして飲むべきスパークリングワイン。
上品さはありませんが、明るい泡でカラッとしています。

合わせたものたち食事

トルコ産 本まぐろ
○トルコ産 本まぐろ

おいしいマグロはもちろんスーパーの半額品です。
ワインの味が濃くなって、おいしい相性です。


・よつ葉のチーズ(写真なし)

チーズは胃に優しい気がします。( ̄m ̄*)
ワインとは普通に。


小松菜と豚肉の白ワイン炒め
○こんちゃん特製 小松菜と豚肉の白ワイン炒め

今回一番合います!ピリッと効いた唐辛子がいいアクセント。
ワインの深みが増す素敵な相性です。


黒鯛の塩焼き
○黒鯛の塩焼き

甘くてふわふわの黒鯛。
炒めものと同じくワインと良い相性でした。


2 日目に、合わせたものたち食事

山芋ステーキ
・こんちゃん特製 山芋ステーキ

卵が入った山芋のステーキ。
鰹節の香ばしさが加わってとてもおいしい一品です。


島らっきょうの浅漬け
△島らっきょうの浅漬け

沖縄で買ってきたもの。こちらではなかなか手に入らないですしね。

辛くてシャキシャキでおいしいのですが、味がとても強い!
ワインがただの炭酸のようになってしまいます。味が消える...。


牛丼
・こんちゃん特製 牛丼

糸こんたっぷりをリクエスト。あっさり甘めでおいしい牛丼。
ワインのえぐみがちょっと出るかな。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

瓶を見たら 2016 年とあってびっくりしました。若いと思ったのは正解ですわ。
もうちょっと熟成させてもいいんじゃないのかなあ。σ(゚・゚*)

こんちゃんの評価がいまひとつでして、わが家でのリピートは難しそう。

わたくしとしては普通においしく、サラサラで飲みやすい泡でしたので
晩酌にいいのかなと思っております。

辛口なので、料理にも合わせやすいかと。d(・∀・*)

カルディで入手可能、ラベルデザインの可愛らしさなどを含め、
女性向きなワインなのかもしれません。

アルコール度数 12 % とは思えない軽さなので
うっかり飲みすぎ注意です。( ̄m ̄*)

お試しあれ◎

---

[ワインメモ]
Balance Sauvignon Blanc Brut 2016

原産国: 南アフリカ / ケープタウン
品種: ソーヴィニヨン・ブラン
アルコール度数: 12%
生産者:Overhex Wines International (オーバーヘックス・ワインズ・インタナショナル)
輸入者: 株式会社オーバーシーズ


---

他のバランスと同じく、取扱いはカルディのみ。








◎関連ページ
◇大好きバランスシリーズ(なのに最近飲んでない)
Balance Chenin Blanc Colombar (バランス シュナンブラン / コロンバール)(2)
Balance (バランス)
Balance Cabernet Sauvignon Merlot (バランス カベルネ・ソーヴィニヨン / メルロー)
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は南アフリカのスパークリングワイン♪






スパークリングワインって、自宅で長期保存して熟成できないのかな?σ(゚・゚*)






最終更新日  2017.03.20 12:00:08
2017.01.28
スパークリングワインと白ワインの回転率が異常によいわが家。

ある夜、泡が飲みたいのに家には手ごろなものがない、
という事件がまた発生。

近所の酒屋さんで急きょ購入してみました↓

ホエールポイント・キュヴェ・ブリュット 2015

ホエールポイント・キュヴェ・ブリュット 2015。

税抜 880 円ナリ。安いのにヴィンテージがついております。

どうにも謎の多いワインでして、
ネットで調べても情報がほとんどなく、使われている葡萄の品種も不明。

さらには日本へ輸入する前に、ニュージーランドに輸入された形跡が。
なのにこの値段とは...。

開けてみると、キリッとしたレモンの香り。
黄色いグレープフルーツの香りもはっきりと感じられます。

ミツロウのようなニュアンスと、さらりとした蜂蜜がほのかに。
全体的に色濃く香ります。

グビっと飲んでみると、味が濃い!おいしい!
なんともフレッシュな味わいです。

後にほんのりと残る、レモンの苦味のような風味が心地よし。

甘すぎない甘さも良いのですが、でもこれ、結構甘みが強い気がします。
その分酸味が強いから、相殺されているような。

さっぱりしていて、カラッとしています。
ただ、複雑さはありません。

合わせたものたち食事

サラダ
・サラダ

レタスに生ハムやオリーブ、ミニトマトでざっくりと。
ワインとは普通に。むしろ合う方かな。d(・ω・*)


手羽中の醤油漬け焼きピパーチ風味
・こんちゃん特製 手羽中の醤油漬け焼きピパーチ風味

久しぶり、そしておいしい!グリルの弱火でじっくり焼き上げたもの。
ワインの香りを邪魔するほどの強いピパーチの香り。笑


ネギスープ
◯こんちゃん特製 ネギスープ

ネギと鶏のいいとこどりのようなスープ。
ネギの甘みがたっぷりで野菜のおいしさを確認できるような味わいです。

ワインの甘みとまろやかさが増す好相性。



・こんちゃん特製 ハタのマース煮

これまた久しぶりのマース煮。味がプリプリでおいしい!いい感じの塩加減です。
もう少し合うかと思ったけれど、ワインとは普通に。

以上です。ヽ(・∀・)ノ

半分以上飲み進めた段階で、ちょっとくどさを感じました。
安くて味が濃いワインだから、かなぁ。σ(゚・゚*)

それでも 880 円という価格ならば全然問題なし、むしろよいかと。
まさに晩酌向けスパークリングワインです。

近所の酒屋さんの母体が輸入しているので、
全国どこでも...は難しいとは思いますが、どこかで見かけたらお試しあれ◎

---

[ワインメモ]
WHALE POINT CUVEE BRUT 2015

原産国: 南アフリカ / ケープタウン
品種: 不明
アルコール度数: 13%
輸入者: 藤桂京伊株式会社


---

楽天市場, Amazon に取扱いはありません。





◎関連ページ
◇定番おつまみ
手羽中のだししょうゆ漬け焼きピパーチ風味
◇こんちゃんのブログ
今日のお酒は南アフリカの泡ワイン♪






ラベルに葡萄品種を明記するのを義務づけてほしいわぁ。┐(´-`)┌






最終更新日  2017.01.28 12:00:04
2016.02.16
ようやく 2015 年の年末を迎えました。笑

大晦日に飲んだワインです↓

グラハム・ベック・ブリュット・ロゼ

グラハム・ベック・ブリュット・ロゼ。

わが家で大好評のグラハムベックシリーズのロゼです。
外したことがないだけに、期待大。

ロゼは初めてですが、2015 年の締めくくりの
ワインとして大抜擢されました。

香りは華やか。
カヴァのような、グレープフルーツやヨーグルト、はちみつを思わせる香り。
レモングラスっぽさも感じました。

飲んでみると、期待を裏切らない美味しさ!
コクと熟成した様子をはっきりと感じとりました。

色はやや茶色みを帯びたやさしい赤色。
軽い泡、ちょっと大きめでハツラツと立ちのぼる様は美しく、見ていてうっとり。

こんちゃんいわく
「バランスがとてもよい。面白味が感じられないほどのハイレベルなロゼ」
とのことです。d(・∀・*)

合わせたものたち食事

チーズなど
・サムソーチーズ, 白かびソーセージ, 干しぶどう


ミニピザ
・サムソーチーズとトマト, ルッコラのミニピザ


(写真なし)
・ブリの刺身

前日はこんちゃんがさばいたブリを堪能した夜でして、
この日も引き続きのブリ祭り。

相変わらずこんちゃんはあまり箸をつけていませんでしたが。( ̄m ̄*)


ぶりかま
・ブリかま焼き


かなり辛口の大人な味わいで、料理にとても良く合います。
甘口のワインを好む方には辛すぎるというか、渋さが気になるかも。

わが家ではあっという間に飲み切り!
おいしくて飽きずに飲めるという素敵な証拠です。

ちなみにこちらのグラハム・ベック、醸造設備はすべて
シャンパーニュから取り寄せているのだとか。

さしずめ南アフリカで造られる安旨シャンパンといったところかしら。σ(゚・゚*)

ぜひ一度飲んでいただきたいスパークリングです◎


---

[ワインメモ]
GRAHAM BECK BRUT ROSE NV

原産国: 南アフリカ
品種: シャルドネ 50%, ピノ・ノワール 50%
アルコール度数: 12.0%


---

ぜひまた買いたい、飲みたい。







おまけ。

先月、友人たちを招いて催した、わたくしたちの結婚披露食事会。
乾杯のお酒として、グラハム・ベック・ブリュットを選びました。

で、1 本開けずに残ったものを最近飲みまして、
こんちゃんがその様子をアップしております →

参考までに。




◎関連ページ
GRAHAM BECK BRUT 2009 (グラハム・ベック・ブリュット・ブラン・ド・ブラン)
GRAHAM BECK BRUT (グラハム・ベック・ブリュット)
いちのくら 幸せの黄色いすず音
今日のお酒は南アフリカのスパークリング










もしよかったらぽちっと応援よろしくです。゚+.(・∀・)゚+.゚






最終更新日  2016.03.20 18:50:51
2015.01.10
近郊の友人が、旦那さまを連れて遊びに(飲みに)来てくれた日に開けたワイン↓

グラハム・ベックの瓶

グラハム・ベック・ブリュット。

大感動の グラハム・ベック 2009 の NV(ノンヴィンテージ)版です。

以前のっけた写真↓

グラハム・ベック

この日は大漁カニパーティーを開催。
例のごとく、楽しく飲んで騒いでとなって料理の写真はゼロ。

今回のグラハム・ベックもスイスイ飲みきって、こちらも写真なし。
空き瓶と使いまわし写真で失礼いたします m(_ _)m

飲み比べてないのでざっくりですが、香りは似たような感じだったような...。
青りんごのような爽やかな香りに、
洋ナシや白桃、はちみつを思わせる甘い香りが見え隠れ(におい隠れ?)。

口にすると...こちらもおいしい!
2009 に比べるとコクが少ないな、と思いましたが、その分若々しい感じ。
そういえば、香りも "成熟" というより "爽やか" だったし。

とりあえず、合わせたものたち食事

フォアグラペーストのちこりのせ
(翌日の料理写真 ('A`))

・焼きたらばがに
・ナッツ(カシューナッツ, ピーカンナッツ, アーモンド)
・フォアグラペースト + チコリ, ミニトマト
・青パパイヤとベーコンの炒めもの


どれにも合いましたが、強いていえばフォアグラペーストに合っていたかな~。

友人夫妻来訪の前日、スーパーでめずらしくチコリを見つけてこんちゃん早速カゴへ 笑。
シェフはどう使うか悩んた結果、フォアグラペーストを乗せてサーブ。
そしたら意外とマッチして美味しく、友人夫妻に好評きらきら

あと、これまた初めてスーパーにて青パパイヤ発見。
こちらもこんちゃん黙々とカゴへ 笑。
はじめて目にする友人夫妻、恐る恐る口にし、おいしい!となってぺろりと完食でした。

(青パパイヤ初出の記事 → )

毎度いきあたりばったり、直前になってバッタバタな状態で
お客様をお迎えしていますが、なんやかんやで丸く収まるので結果オーライということで。
寛大・寛容な友人ばかりでありがたし (‐人‐)

で、グラハム・ベックですが、2009 に比べると、大・感・動とはならず。
けれども、納得 & 満足のいく美味しさ。あっという間に空になったのがなによりの証拠グッド

2009 はシャルドネ 100% で造られているのに対し、
こちらはシャルドネとピノ・ノワールという品種で造られているとのこと。

ヴィンテージとノンヴィンテージ、実は価格差があまりないんですね。
数百円程度だったかな。...ならばまた飲むならヴィンテージかなぁ。

でもこんちゃんは同じくらいのクオリティーだったら安い方でもいいんじゃない?という
意見っぽかったし、ここは価値観でどっちをとるか分かれるところですね ( ̄m ̄*)

そして例のごとく、料理やシチュエーションに合わせて選ぶのも手ひらめき

気軽に飲めて気軽に料理と合わせるのならば今回のノンヴィンテージ、
コクのある料理に合わせてのんびりゆったり楽しむならヴィンテージ、とか。

ちなみにこんちゃんはこのあとノンヴィンテージを注文し、
新年早々友人たちで集まるという鍋パーティーに持っていきましたよ。
わいわい飲むにはもってこい、ということで。

いずれにせよ、ますます南アフリカの株が上がった、大満足の夜となりましたハート(手書き)

---

[ワインメモ]
GRAHAM BECK BRUT NV

原産国: 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
品種: シャルドネ 53 %, ピノ・ノワール 47 %
アルコール度数: 12.0 %


---

2009 を 2 本購入済みだけど、こっちもいいわぁ。でも、がまんがまん (´・ω・`)

◆そのほか、楽天市場での グラハム・ベック・ブリュット の取り扱いはこちら◆






おまけ。

めったに買わない縁起物ですが、ついうっかりの数日前。

羊

「干支パン(羊)」

ごちそうさまでしたヽ(*´∀`)ノ



大人になってからひつじの可愛さに気づいた!のクリックをお願いします☆






最終更新日  2015.05.20 08:58:36
2014.12.26
まだ記事にしていないワインをためているのですが
クリスマスに飲んだワインに衝撃を受けたので、先にこちらをアップ。

イブに飲みました↓

グラハム・ベック2009_ラベル

グラハム・ベック・ブリュット・ブラン・ド・ブラン 2009。

またも来ました、ヴィンテージ・スパークリングワイン。
こんちゃんも、当然わたくしもお初、南アフリカのスパークリングです。

ヴィンテージ・スパークリングワインとは、収穫年のついたスパークリングワインのこと。

基本的に、スパークリングワインは NV(ノンヴィンテージ) という、
年の記載がないワインが多いものです。

これは、いろんな年に収穫されたぶどうをブレンドしてスパークリングワインを造るため。
そうすることで安定したおいしい味のワインを提供できるというわけです。

なので、単一年のぶどうだけを使って作るものは
こだわりの味となり(←若干適当なこと言ってます)、格上の扱いとなり、価格も上がると。

(※ロジャーグラートのように、
すべてがヴィンテージ・スパークリングワインというのもあります。)

そんなわけで、秋に購入して大事に大事にしまってあった
わたくし秘蔵のヴィンテージ・スパークリングワイン。

こんちゃんはグラハム・ベックの NV(ノンヴィンテージ) を購入してあり(右のほう)↓

グラハム・ベック

先に飲むなら NV かな...と思っていたけど
「今日ふたりで飲むワインはなーに?」と体に問いかけたら、
これー!(2009のほう。)とお答えが Σ(゚д゚lll)

オーノー!もったいない!!
先に安いの飲もうよ!(←貧乏性) とためらっていたけど
体の声に従うと間違いはないことを知っているので、結局開ける 笑

グラハム・ベック2009

しゅわしゅわ~。

開けると、洋ナシや梅のような熟した果実の香りや心地よいヨーグルトのような酸の香り、
白い花のような甘くて華やかな香りが漂い、今すぐ飲みたい!と誘われます。

口にしてみると...ん? んん?渋い?
と思ったら、後味のすごいことすごいこと。これはおいしい!!

後からコクとうまみがグングン追いかけてきて、余韻がじわじわじわ~っと長く長く続く。
こんなに後味がすごいスパークリングワインは初めてです。
余韻ってこういうことか!と。

ほのかでまろやかな甘さの加減や、十分な強さの泡もツボ。

洗練された味わいで、優雅で上品なマダムを連想させます。
今回も南アフリカに脱帽!大満足!です。

とりあえず、合わせたものたち食事

ベビーリーフとチーズ、生ハム

アクアパッツァ
・ベビーリーフ
○パルミジャーノ・レッジャーノ(チーズ / 36ヶ月熟成)
・サムソーチーズ
・生ハム(ペッパー味 / トンデンファーム)
・赤エビの刺身(アルゼンチン産)
○アクアパッツァ


人生初のアクアパッツァとかいうおしゃれな食べ物と、
チーズの王様だという、パルミジャーノ・レッジャーノにとてもよく合いました。

お互いを引き立てあう美味しさですグッド

こんちゃん渾身の作のアクアパッツァは、わたしなりの解釈でいえば
洋風のさかなの煮ものといったところでしょうか。

使いかけの白ワインがなかったので、日本酒で代用したそうです ( ̄m ̄*)

グラハム・ベックの美味しさといい、
チーズや料理の美味しさといい、ワインと料理のぴったり感といい、
「あー、わが人生に悔いなし。いつ死んでもいいやー。」と本気で思いました。

それだけ美味しいので、ワインはびっくりする速さで空けてしまいました。
普段ならここで満足するのに「まだ飲みたい!もっともっと!」と思ったのは初めてです。

ので、もう一本別のスパークリングのハーフを開けました。
そのワインはまた後日。

イブの食事風景

それにしても、こんなに素敵なワインたちが生まれる南アフリカという国に
行きたくなりました。うん、いつか行こう。

で、飲みながらこんちゃんがなんかうまいこと言ってたので、
こんちゃん語録として挙げておきます。

「ヨーロッパではない場所でのワイン造りは、きっといろんな苦労があるに違いない。
すごく努力して、頑張って作りました、という感じが伝わってくる」

「これはシャンパーニュでもなく、カヴァでもなく、グラハム・ベックだ」

...だそうです。

ちなみにグラハム・ベックはオバマ大統領が
大統領選出馬を決意した夜に飲んだという話が有名です。(NVをレストランで飲まれたとか。)

このワインに感激したオバマ大統領はその場でグラハム・ベックを注文。
勝利宣言をしたその日に再びこのワインで乾杯したそう。なんて縁起のいいワインだ。

そういえば飲んだこの日はキリスト誕生の前夜。
図らずも前祝い、前夜祭として飲んだ結果になりました。面白いなぁ ヽ(・∀・)ノ


---

[ワインメモ]
GRAHAM BECK BRUT BLANC DE BLANCS 2009

原産国: 南アフリカ / ロバートソン
品種: シャルドネ
アルコール度数: 12.0%

※ "BLANC DE BLANCS" 日本語では「ブラン・ド・ブラン」。
  これは白いぶどうから造られた白ワイン、という意味。
  相反する言葉は「ブラン・ド・ノワール」。黒いぶどうから造られた白ワイン。


---

2014年の締めくくりに購入を真剣に検討中。2本は必要だな!


◆そのほか、楽天市場での グラハム・ベック・ブリュット... の取り扱いはこちら◆




おまけ。

そういえば我が家にもサンタさんが来たようです。靴下にお菓子が詰まってるの初めて見た。

クリスマスのお菓子





体の声を聞いたらいいことあったね!のクリックをお願いします♪






最終更新日  2015.05.20 08:58:00

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.