328111 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

好奇心ネットワーク

2008年10月01日
XML
カテゴリ:健康
なぜ結婚すると太る人が増えるのか?

幸せなスマイル生活を送っている既婚男性調べると、独身男性に比べてテストステロンというホルモンが減少しているのが分かった。

これは男性ホルモンの一つで筋肉を付けやすくする働きがある。

テストステロンの減少→筋肉の減少→代謝が悪くなり脂肪が付きやすくなる。
結果 太る




また、赤ちゃんの鳴き声ヘッドホンを聞いた男性は、テストステロンの代わりにプロラクチンが増えているという論文が発表された。

プロラクチンは、母乳をつくるホルモンで母性行動も引き起こす。
男性の養育行動も引き起こすのではないかと言われている。

男性に起こるこれらホルモンの変化は、父親になるための準備だと考えられる。
(離婚、魅力的な女性に会うなどした場合、テストステロン濃度は上がると言われている。)



雫両立はできるのか?

トレードオフ
繁殖に注いでいたエネルギーを養育へと切り替えること

やはりどちらかに集中すると片方がおろそかになる。


2008.8.29 NHK解体新ショーより



家人も結婚した頃から、休むことなく横に広がっていきました。
ただ、おかしいのはその頃安定した生活ではなかったのだけどな~。

この場合、単にせっせと真面目に食事を出していたのが要因でないかと思います。









Last updated  2008年10月14日 01時29分48秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.