1905088 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

エ ス テ ル の 生 活

トラバサミ

他のニュース記録はコチラから


【2010年】

猟具「とらばさみ」違法使用でペット被害
2010年6月9日14時28分配信 河北新報

使用が厳しく制限されている有害鳥獣捕獲用のわな「とらばさみ」に掛かるネコやイヌの被害が、仙台市内の住宅地で相次いでいる。とらばさみはホームセンターなどで誰でも簡単に買えることから、違法との認識がないまま、いたずらで仕掛けているとみられている。動物愛護団体からは、販売方法の見直しを求める声が上がっている。

 市内の動物愛護団体「アニマルピース」によると、青葉区高松2丁目の住宅地で3月22日、アパートに住む主婦がとらばさみに掛かったペットのネコを見つけた。4月16日には同区中山9丁目の主婦(62)がとらばさみを引きずっている野良猫を保護したという。
 とらばさみは、開いた歯の中央に動物が足先を踏み入れると、歯が勢いよく閉じて脚を強く挟むわな。2007年4月施行の改正鳥獣保護法で、とらばさみを使って捕獲できるのは農作物を食い荒らすイノシシやシカなどに限定され、狩猟目的での使用は禁止された。
 アニマルピース代表の菅原とみえさん(47)は「安易な退治目的、いたずら感覚で使っているとみられる。明らかな動物虐待で、違法行為だということを認識してほしい」と強調する。
 とらばさみを使用するには、都道府県の捕獲許可が必要。しかし、販売や所持自体に規制はなく、宮城県内のホームセンターなどで許可証の提示なしに購入できる。
 とらばさみを扱っている市内のホームセンターは「販売自体に問題はない。購入した人の使用目的までチェックするのは難しく、買った人のモラルに頼らざるを得ない」と言う。
 菅原さんは「販売する際に許可証の提示を義務づけたり、違法な使用方法の説明を徹底したりすれば、被害を減らせる。そもそも危険な猟具が簡単に手に入ること自体が問題で、何らかの措置は必要だ」と話している。


トラバサミに猫挟まれ死ぬ
2010年5月22日 東京新聞夕刊

動物を捕獲するわなの一種で、鳥獣保護法で狩猟のための使用が禁止されている「トラバサミ」に足を挟まれた猫が先月、東京都国立市の住宅街で見つかり、獣医師の治療を受けたが死んだ。どのような経緯で猫が挟まれたかは不明だが、近くには小学校や公園もあることから住民らから不安の声が出ている。 (西川正志)

 挟まれた猫が見つかったのは国立市谷保の甲州街道の南側にある住宅街。四月十九日、「トラバサミに足を挟まれた猫を見た」との通報が市民から市役所にあった。立川署員や同市で野良猫の問題に取り組むボランティア団体「猫のじむしょ」のメンバーが行方を捜したところ、二十四日になって近くの民家の庭で衰弱している猫が見つかった。

 猫は左前足の足首付近を直径約十二センチのトラバサミに挟まれ、重傷。左前足を切断する手術をしたが、傷口から破傷風菌が入ってしまっており、五月一日に死んだ。

 猫の発見場所から西に約二百メートルには小学校が、約二百五十メートル南西には市が管理する城山公園がある。同グループ代表の友卿代(きよ)さんは「トラバサミに挟まれた猫が遠くに移動するのは難しく、近くに仕掛けられていたのではないか。子どもが挟まれていた可能性もあり、危険だ」と話す。

 トラバサミは狩猟のための使用は鳥獣保護法で禁止。都道府県知事などの許可を得て有害鳥獣の捕獲目的で使う場合も、危険なかみ合わせ部分にゴムを付けるなどの衝撃を和らげる措置を取らなければならない。今回のトラバサミにはゴムなどはなかった。

 立川署は「市役所や防犯協会と連携して注意喚起していきたい」と話している。

<トラバサミ> 狩猟用のわなのひとつで獲物が中央の金具を踏むなどすると、ばね仕掛けの金具が足を挟み込む仕掛け。狩猟目的の使用は2007年4月から鳥獣保護法で禁止された。農作物の被害などを防ぐ有害鳥獣駆除目的の場合は、都道府県知事などの許可を得れば使用できる。



絶滅危惧のオオタカ保護
“トラバサミ”引きずり 流山中央高

2008年02月15日10時58分[県西エリア(千葉県)]

統合により四月から流山おおたかの森高校となる県立流山中央高校(仲佐健治校長、流山市大畔)で、環境省のレッドデータリストで絶滅危惧(きぐ)II類に指定されているオオタカが保護された。

 オオタカは、違法猟器具のトラバサミを引きずった状態で同校テニスコートに倒れているのを、テニス部顧問の岩渕忠則教諭(50)が十三日に発見し、生物室に運び込んだ。その後、県の報告を受け駆け付けた傷病野性猛きん類保護NPOの男性が手当てした。

 オオタカはメスで三~四歳。右足が骨折し、餌を捕ることができない状態のためすぐに自然に帰すことは難しく、埼玉県内の施設でリハビリさせるという。トラバサミを引きずっていたことから、流山警察署で鳥獣保護法違反の疑いがあると見て調べている。









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.