2019.03.03

カメラ探訪。 カメラの祭典:横浜「CP+2019」に行く

(6)
カテゴリ:趣味・カメラ
皆様こんにちは、こんばんはm(_ _)m。予告どおり横浜パシフィコで開催されているカメラの祭典、「CP+2019」に行って来ました!

これを書いて居る時点ではまだ新横浜駅に居るのですが、間も無く帰りの新幹線に乗車する予定です。

さて、CP+2019は昨日の金曜日はそれなりに人が多いなぁ〜(^◇^;)。くらいだったのですが、本日、土曜日は凄い混み具合で余りの人の多さで疲れてしまい3時くらいには退散してしまいました(^^;;。

ま、私事は置いておきまして、昨日のカメラの祭典具合を紹介したいと思います。
その1「大さん橋会場の作品展示」から

金曜日は人は多いものの、比較的に余裕を持って観覧できました。

その2「大さん橋」に停泊していた豪華客船「飛鳥ニ」

こんな豪華客船で旅がしたいものです(^▽^;)。

その3「大さん橋会場」にて

こちらの会場で思わぬ方に出会いました。

 プロカメラマンの杉山雅彦さんです。:ツイッターの画像より

https://twitter.com/salarymandam
 以前大阪のNikonショールームで作品展示をされていた時にお話しを伺う事が出来た方です。
最近ではTVのニュース番組などにも取り上げられていらっしゃっていて、つい最近YouTubeデビューもされてます(^◇^;)!
この会場でお会いできた上、アンケートで高評価された作品展示者の三名を解説しなが紹介していただきました。
 本当に気さくで親しみやすいプロカメラマンさんでした。有り難うございましたm(_ _)m。

 この後会場を移動しまして、パシフィコ横浜のメイン会場に到着しました。

 先ず最初に訪れたのはOLYMPUSさんのブースです。マイクロフォーサーズのセンサーに拘り続けるOLYMPUS社はフルサイズミラーレスデジカメには参戦しない!と、公言されていらっしゃいます。で、この小型センサーでプロカメラマンの使用に耐えうるべく、プロ用機種を投入してきたのです。

その4「OLYMPUS E-M1X」

縦位置グリップも元々装着された一体型の大型カメラです。でもフルサイズ機よりは一回り以上小さいです。
その2「OLYMPUS E-M1X」

300mm単焦点レンズを装着。35mm換算で、倍の600mm相当の超望遠レンズになります(^◇^;)。

で、触った感じですが、AFが速い、食いつく!しかも、連写が爆速!土砂降りの雨でも耐えて、センサーにもゴミが付着し難い構造、プロ用機種なのにお値段も33万円前後(価格ドットコム調べ)と一般的なフルサイズ機なら60万円前後といった相場の半額(^◇^;)。
 もうやりすぎ感満載のトンデモカメラでした(笑)。
年配の方にはこの小型軽量な機種はある意味正義ですね(^◇^;)。

いきなりのOLYMPUSさんで度肝をぬかれた感じでお腹いっぱいになった気分でした。

それでは、この後更に続きます!

皆さま御茶請けにちょっとご一服でも


与楽の「いちご大福」6個入り(京都 No.1)【京都の和菓子屋】





TWITTER

Last updated  2019.03.03 00:35:07
コメント(6) | コメントを書く