577090 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わんにゃんかんぱにぃ

PR

楽天プロフィール

設定されていません

コメント新着

 soala@ お久しぶりです 先生、お元気ですか?このブログ、今もチ…
 通りすがり@ 質問です トイプードルの雄を飼っています。去勢し…
 ボスママ@ Re:【画像あり】☆★雪景色と〇〇ゴロウ vol.1 ★☆ えっ、どこに?!えり子先生がいつか引っ…
 E-1@ Re:ありがとうございます♪(03/09) 中西りのさんへ こんにちは。いつもあり…
 中西りの@ ありがとうございます♪ 中西です☆チョコありがとうございました!…
 E-1@ Re[1]:【画像あり】☆★おひなさま★☆(02/23) なおみさんへ どういたしまして。 配送中…
 E-1@ Re:かわいい☆(02/23) NAPOさんへ いつもありがとうございます…
 NAPO@ かわいい☆ とってもかわいいお雛様ですねぇー☆☆ こ…
 なおみ@ Re:【画像あり】☆★おひなさま★☆(02/23) あらかわいいって思ってたら、うちに届い…

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月

全1414件 (1414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2013年03月09日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類







ちょうちょさん 作りました。








  • DSC09330ちょうちょ.JPG











この ちょうちょさんの正体、何だかわかりますか?













・・・・・



・・・・・



・・・・・



・・・・・



・・・・・



・・・・・









正体は、






 にんじんさんです。









薄くスライスして 切り込み入れると できるよ四つ葉









最終更新日  2013年03月14日 16時44分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年03月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類





“春”の日差しになってきて、






病院前の小さなお庭でも 






新しいお顔が 出はじめました。









  • DSC09422新芽 (1).JPG



  • アジサイさん。










  • DSC09422新芽 (2).JPG




  • スミレさん。








  • DSC09422新芽 (3).JPG





  • ブルーベリーさん。






  • DSC09422新芽.JPG



ゼラニウムさん。










  • DSC09473新芽 (2).JPG




  • ゼラニウムのお花さん。












  • DSC09473新芽 (3).JPG




  • こちらは ピンクのスミレさん。










  • DSC09473新芽.JPG



ラベンダーさん。











植物って すごいね。







誰から教わるわけでもなく、





自分で ちゃんと 春が わかるんだね。















最終更新日  2013年03月14日 16時40分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類







   ↓  ↓  ↓



   前日の続き
















今、


国として、 TPPがうんぬんかんぬん 論争が起こっていますが、




おそらく、これからの将来、




いろんなものが外国から輸入されるようになり、




食べ物においては、





遺伝子組み換え食品や農薬汚染食品が






今以上に重大な問題を引き起こすようになると思います。





そして、

そういった問題は、






目に見えないところで じわりじわりと




人の心や体の健康を害していくでしょう。





もちろん、



人だけでなく、




ペットにおいてもそうです。






ペットフードの原材料を輸入品の安い材料にますます頼り、



いろんな汚染物質が混じり、





今よりも わけのわからない病気がでてくるのではないでしょうか。






今や、

人もペットも





アレルギーや心臓病、腎臓病、糖尿病、関節炎、ガン、






それらが当たり前の時代になってしまいました。







病気でない 超健康な人やペットを見付けるのが 難しいくらいです。








これって、





なにかが やっぱりおかしいんだよね。






治療で いろんな薬をつかうのはいいけど、




病気になった原因がどこかにあるはず。








それが食事なのか、環境なのか、心の問題なのか。。。






そのおおもとを改善せずに、



新しい薬ばかり開発したり、新しい治療方法ばかり見付けても





病気って 減らないんじゃないかな。








病気になったときのことをおそれて、保険に入る、、、、






そうじゃなくて、





病気にならないように 何か改善したほうがいいような。。。






人口が減ってるのに、



医療費が 右肩あがりに増えている。



これ自体、おかしな現象だな。






ベースとして、





自分の身は 自分で守る。





自分の家族の身は 自分たちで守る。





自分のペットは 自分で守る。






だんだんと そういう時代になってきていると思います。











話が少し脱線したので




もとにもどします。










田畑を買ったのは、




そこで おいしいお米と野菜とハーブを育てたかったから。






そして、それを動物たちに食べさせてあげたかったから。








ヤギさんは 雑草を食べてもらうために。 





お馬さんは、 出勤の乗り物として。荷物運びとして。




鶏さんは 虫さんを食べてもらうために。 あと 卵を。




ヤギさんのミルクと 鶏さんの卵で



石釜で 



シュークリームでも焼こうかな。





想像の世界で、


夢を膨らませるのは 楽しいことですねきらきら




でも、



いつかそうできたらいいな という子供のような純粋な気持ちは、



いつも持ち続けています。





人からみたら 馬鹿げているような話で、




現代社会の流れに逆行しているような話ですが、






すべては 



小さい頃からの 「動物が好き」という その思いだけで生きています。



単純といえば 超単純です。











主食となるのは お米です。






おいしいお米をつくるには おいしい水が必要です。







だから田舎にしました。








自然の中で





自分でつくったお米を食べさせてあげる。





これこそ、




究極の 自然療法かな、と そう思っています。











もともと自然環境が大好きなので、






空や空気や水や土や草木や花を感じれるのは






心地いいことです。







動物たちも






排気ガスや環境汚染物質にまみれた空気を吸うより、





草花が呼吸してできた自然の空気を吸ったほうが気持ちがいいはずです。







心も落ち着くはずです。








土を掘ったり、




花の匂いをかいだり、




虫をつかまえたり、



飛んでいるちょうちょを追いかけたり、




ときどきは したいはずです。







車や人やビルの景色ばかりよりも





たまには






山や木や土を見たいはずです。







それが




健康への一歩だと思います。






いい空気を吸えば、



いい景色を見れば、



いい物を食べれば、






人だって 動物だって 少しは健康になるんじゃなかろうか、、、そう思うこと常々。。。













小さい頃から、





ムツゴロウさんに対するあこがれが強く、





あのテレビに強い影響を受けて育ちました。









夢はムツゴロウさん。






それは 今も昔も変わりません。





あの北海道の広い大地で、






いろんな動物たちと 人と 大きく暮らしている姿が とても素敵でした。











北海道、



同じ日本でも遠いです。






行けるのなら とっくに行ってますが、




今の私にとって、




年を重ねた両親を地元おいて、 





遠い遠い北海道に飛ぶことはできません。














なので、









自分は 自分らしく、自分にできることで、











「エリゴロウ」を 目指します。










ちゃんちゃん。  グッドグッドグッド













最終更新日  2013年03月14日 16時14分37秒
コメント(1) | コメントを書く
2013年03月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類






私事ですが、






土地を買いました。











買ったのは、





1年前のことで、 





田舎の土地です。







1年間、特に話題にもふれてませんでしたが、





この前、




写真を撮ってきたので





ちょっとだけ お話します。













今年2月、





様子を見に行ったときは こんな感じでした。











  • DSC08145雪景色 (2).JPG




  • 小さな川が すぐ横を流れています。









    毎年、


    屋根の雪下ろしをしないといけないようなところですが、



    今年は 例年より雪が少なく、



    あまり積っていませんでした。

















    土地は、



    もう何年も・・・ 5年も6年も探していましたが、





    北海道には たくさんいいところがあっても、




    さすがに そこまでは行けず、、、






    でもって、



    なかなか近場でも見つからず、






    だいぶ年月かかりました。









    今回、




    たまたま縁があって、




    思い切って 購入しました。







    いつか ここに引越しします。






    田畑、平地、






    あわせて 3000坪ほどです。





  • DSC08145雪景色 (3).JPG







  • 平地には、






    むかーーーーーーーーしの 門や蔵があります。











    そのうち 改修しないといけませんが、






    どうするかは まだ考え中です。







  • DSC08145雪景色 (4).JPG








  • 足元をみたら、







    鳥さんの足跡がありました。




  • DSC08145雪景色 (5).JPG





  • なんの鳥かな?




  • DSC08145雪景色.JPG




  • 向こうのほうに、お山さんが見えます。















    ちなみに、






    この子、








    200mはなれた隣の隣のご夫婦の家の猫。





    お家の中にあがらせていただいたときに





    カメラに急接近で近づいてきました。



  • DSC08170猫.JPG



  • 17歳の猫ちゃんです。









    カメラの前で ポーズとってるみたいですね。





  • DSC08170 (1).JPG












この地にログハウスを建て、






わんこたちが のんびり休養できる療養所をつくる。









そして、





馬を飼い、






ヤギを飼い、






鶏を飼う。










自分で、レンガをつんで 




ごはんを炊いたり、煮炊きする かまどをつくり、






ピザとパンを焼く石釜をつくり、







おいしいごはんをわんこたちに食べさせてあげる。








それが





ここ10年の目標。










食べ物は、自分で作る。







ずっと前から、もともとから、






自分で食べるものくらい、自分の飼ってる動物が食べるものくらい、




自分でどうにかしたいと思ってました。







スーパーで売ってるものをただ単に買うだけじゃ、





なにか物足りなかった。







人として、生き物として、




自分たちが食するものくらい、



最低限のものは 自分で作るのが人間らしいかな、、、と。





自分でつくれば




それがどんなふうにして作られたものかもわかるし、




動物たちにおいしいものを 安全なものを 食べさせてあげたいという気持ちを込めながら





作ることもできる。














     次日に続く


    ↓  ↓  ↓










最終更新日  2013年03月14日 16時11分33秒
コメント(1) | コメントを書く
2013年03月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類






  • DSC09310頂き物 (2).JPG







  • りのちゃん、





    ありがとうございます。









    箱を開けた瞬間、




    “ふわぁ~~~”っとお花の香りが出てきました。





    お花のもつ力でしょうか。





    花一輪、一輪からの香りに感動しました。





    いつもありがとうございます。









  • DSC09310頂き物 (3).JPG








  • なおみちゃん、






    ありがとうございます。






    こういうお菓子は はじめてみました。





    金平糖は、



    ちびりちびりつまんでいたら もうなくなりました。







    京都ッぽい


    細かい手作業のお菓子ですね。





    兄ちゃんにはない 繊細さです。







    いつもありがとうございます。







  • DSC09310頂き物.JPG







ジャズちゃん、





ありがとうございます。








これはこれは すごい大きなお花。











これがアマリリスなんですね。






今も新しい茎がでてきて、




大輪を次から次へと咲かせています。






真っ赤で情熱的で、パワーみなぎる感じで、



みていると その力強さが伝わってきます。






いつもありがとうございます。











みなさん どうもありがとうございます。






またひとつひとつ恩返しできるように がんばります。















最終更新日  2013年03月14日 15時00分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類






こんにちは。





お久しぶりです。






今月に入ってから


またあわただしくなり、 しばらくブログを更新できずにいました。





いくつかまとめてアップさせていただきますね。











まずは、




恒例の 『みんなの顔』晴れ











  • DSC09472写真.JPG








  • DSC08233写真 (2).JPG








  • DSC08233写真 (3).JPG









  • DSC08233写真 (4).JPG








  • DSC08233写真 (5).JPG










  • DSC08233写真 (6).JPG









  • DSC08233写真 (7).JPG








  • DSC08233写真 (8).JPG










  • DSC08233写真 (9).JPG










  • DSC08233写真.JPG








みんなとってもいい表情です星






汚れないように、



きれいにラミネートしましたので、




ぜひぜひお家に飾ってくださいね。







まだお渡ししてない方にも





順次、お渡しさせていただきます。







どうぞお楽しみに音符










最終更新日  2013年03月14日 14時51分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類



もうすぐ おひなさまだから、









この前使った 木の実を利用して、







こんなものつくりました。













  • DSC07748おひなさま (2).JPG



  • この中に





    おひなさまワールドをつくる。









  • DSC07748おひなさま.JPG




  • 台座になるお手玉を




    針で縫い縫い。。。





    お手玉って、生地を立体的に縫わないとできない。。。





    それが超むずい。。。








  • DSC07755おひなさま (2).JPG








お花をいっぱい飾って。。。








ぼんぼり入れて。。。












でーきた!




  • DSC07755おひなさま.JPG







ふたりとも



喜んでくれたかな。






すっごいいい笑顔で笑ってくれている気がする。



気のせいかなハート









最終更新日  2013年02月25日 21時32分26秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年02月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類





また少しタイプの違う症例をご紹介します。











目の疾患です。






動物たちの病気の中で、





目のトラブルも わりと多いです。









中でも


結膜炎、角膜炎は それほどめずらしくないでしょう。






わんちゃん飼っていて、





生涯の中で



少なくとも一度や二度は、 目の炎症を患うはずです。










しかし、





人と違い、





わんこたちの眼の炎症は 気をつけないと重症化します。





というのは、




わんこ自身が 目の不調を気にして、





自分の前足でかいたり、





地面にこすりつけたりするからです。








ほかには、





お散歩中、




草むら、木の中に入って、




それらの枝葉で 傷つけたり、








他のわんちゃんと遊んでいる中、




わんこ同士の接触で、




目に傷がついてしまうことも多いです。








目の疾患。








目への刺激が強かったり、慢性化したり、






あるいは、





治療が手遅れになったりすると、





こんなふうになります。











  • IMGP0710角膜潰瘍眼 (2).JPG










  • 初期症状に気付いてあげられず、






    目が白くなってから気付く場合も





    けっこう多いです。





  • IMGP0710角膜潰瘍眼.JPG









目に穴があいてしまうと





治療も困難になります。






この症例でも





目に小さな穴があいているのが





写真からわかると思います。










ご自身のわんちゃんが





こんな症状を示したら、





みなさんは どうしますか?






お家で気をつけること、





お家でケアできること、






あらためて考えてみてくださいね。









最終更新日  2013年02月25日 21時20分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類








    昨年末、










    以前の病院があった場所近くのお家へ往診に伺う途中、












    また いつものごとく 車にひかれた猫ちゃんを見つけました。














    場所は、清須の302号線。












    あの車通りの多い道に 横たわっていました。









    何度も タイヤが通ったのでしょうか、






    つぶされています。










  • DSC05173清須 (2).JPG


  •   (写真の左下)











    普通に走っていて、いやでも目に入る場所でした。










    急いで 清須ヨシヅヤ前のコンビニまで行き、






    とりあえずは 手袋と袋を購入して、






    その場所に戻りました。



  • DSC05173清須.JPG


  •  








    車を近くにとめ、






    歩いて現場にいきました。













    猫ちゃんが 待ってました。






    つぶされて




    どんな顔だったのかもさっぱり分からなくなっていました。







    赤信号で 車の流れがストップしたときを見計らって、






    ばらばらになった体を拾い集めました。









    いつものごとく、




    車から窓ごしに見つめられる周囲の視線は




    けっこう冷たい。








    横断歩道を渡る人はいても、






    みんな 見て見ぬふりをするような様子で、






    通り過ぎていきます。







    “手伝いましょうか?”



    そういって、





    いつか 誰か、




    手をかしてくれる人があらわれないかなあ~、、






    社会に対して そんな期待も少なからず持っています。












    『つらかったね。』





    『よくがんばったね。』











    タオルにくるんで車にのせ、






    帰り、病院まで連れて帰りました。






    ちゃんと成仏してくれるといいな。












    年間、こうして 何匹の猫ちゃんとであうだろう・・・







    1匹程度じゃないよな~






    5匹、6匹・・・・・  遭遇しているような気がします。










    おそらく、






    交通事故でひかれた猫ちゃんを 見たことない人のほうが少ないんじゃないだろうか・・・










    参考までに、




    猫ちゃんに関して 名古屋市の統計をお伝えしておきます。









    名古屋市動物愛護センターでは、








    猫ちゃんに関しては 年間4000頭以上が殺処分されています。







    もう飼えなくなったからとか、





    思ってたのと違うからとかの理由で飼い主自らセンターに連れてくるケースもあれば、







    捨て猫として収容されるケースもあります。






    そして、





    交通事故による死体の収容は 





    年間に 7000頭にもなります。











    一年間で


    4000頭とか 7000頭とか





    この数、



    想像してましたか?
       


    ご存知でしたか?






    ものすごい数ですよね。





    多すぎますね。









    人間社会の都合、飼い主の勝手、人間の不注意によって、






    この地域だけで、






    年間に一万頭以上もの猫ちゃんたちが 






    命をなくすという現実、 ご存知でしたか?










    一年間にここ名古屋市だけで 






    7000頭もの猫ちゃんが車にはねられ そして収容されるとは、、、、







    他の管理センターでの頭数、



    さらには、



    名古屋市外、愛知県全体、日本全体の数にすると 





    とんでもない数になりますね。









    わたしが 拾って供養してあげられるのは




    その中の ほんのちょっぴし。










    たいしたことはできないけども、








    せめて最後に、






    ちゃんと供養してあげることで






    安らかに天国へいってくれることを願っています。















最終更新日  2013年02月18日 23時55分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類









今日は、






気になるあのわんちゃんを ご紹介。









  • DSC02169大吉往診 (7).JPG






  • ずーっと前に ブログに掲載させていただきました





    このわんちゃん。








    その後の様子が気になっている方もいらっしゃるようで







    ときどき 聞かれてました。








  • DSC02385大吉 (2).JPG







  • DSC02385大吉 (4).JPG





  • 以前は、




    皮膚の状態もよくなく、




    悲壮感いっぱいの表情でしたが、






    今では元気もりもりです。

  • DSC02385大吉 (7).JPG







まるで



別人ならぬ、別犬のようになりました。


    

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





  • DSC00759大吉 (2).JPG





  • 年齢はお歳ですが、



    見た目が、




    若返った感じがします。




    動きもよくなりました。






    飼い主さん情報によると、






    それまでのぼらなかった旦那さんのベッドにも



    ひょいと飛び乗るようになったそうです。







    お散歩中、




    おしっこをするときに あげることのなかった後ろの片足を あげるようになったそうです。








    エネルギーがあふれて、



    そんなこともできるようになったのでしょうね。






    そして、


    何より いつもこのわんちゃんを連れて来院されていたお母さんご本人も




    ずいぶんと若くなられたように感じます。





    若くなったというか、





    意気揚々とした感じになりました。






    おしゃべりも多くなり、




    毎回、わんちゃんのこと、ご家族のことを


    いっぱいお話して帰られます。






    きっと、


    わんちゃんの状態がよくなって、



    それにあわせて、



    お母さんの心と体まで元気になったのでしょうね。





    それまでは、



    お散歩に連れていっても、



    近所の視線が冷たく感じられたそうです。





    わんちゃんに服を着せ、





    しかも、



    真っ暗になった夜にお散歩にでかけていたそうです。






    でも、




    今では、毛がモコモコになって、




    何も気にすることなく




    自信満々で 日中にお散歩に行かれているようです。







    そう言って、


    うれしそうにお話されてました。




  • DSC00759大吉.JPG











犬は 飼い主に似る。






飼い主もまた 犬に似る。










犬も飼い主さんも




お互い似たような笑顔になって 




とてもほほえましく感じられます。









これからも




家族みんなで 楽しく笑顔で過ごしてくださいね。











最終更新日  2013年02月17日 19時52分48秒
コメント(0) | コメントを書く

全1414件 (1414件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.