000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2017年08月15日
XML
カテゴリ:日本ワイン
  • KIMG2578.JPG

今回の長野ワイン会のワインもシャルドネです。サントリー塩尻ワイナリーで造られている、高山村産のブドウを用いたものになります。
ジャパンプレミアム・高山村産シャルドネ2016。高山村は北信地区にあり、標高が高く、雨が少なく、昼夜の寒暖差も大きいというやはりワイン用ブドウに向いた土地として、今注目度が俄然高まっています。中でも、高品質なシャルドネで有名で、このサントリーのワインの他、シャトー・メルシャンの北信シャルドネなど、様々なワイナリーのワインに使用されています。現在では、地元にワイナリーも出来ているようで、ブドウのみならずワイン産地としても期待の場所となっています。
価格は、4000円程度のようです。

は薄めながら多少のツヤ感も感じる黄色といったところです。

香りは、開けたてからオレンジ、レモン、グレープフルーツ、リンゴ、洋ナシ、それに黄色い南国フルーツっぽさといったフルーティさが感じられ、さらに軽いハチミツ感も。また、ナッツのニュアンスや、白い花、石灰、少々のグリーンハーブ等の要素も。加えて、時間経過とともにフルーティさやナッツっぽさが落ち着いてより一体感を持ったものと也、ホイップクリームにカリンやリンゴ、メロン、ハーブっぽさが加わる、といったような雰囲気に。

味わいはジューシーなもの。果実味のアタックがしっかりありつつも、明るくフレッシュな酸がしっかり乗ってきます。ボディは、開けたては軽い印象。時間と共に膨らみが出てきますが、それでもまあミディアムライトくらいまででしょうか。ただ、丸みを感じるくらいにはなります。クリアーな質感とミネラル感のあるものでした。

会のつまみでは結構幅広く合わせられ、生ハムでも付け根の味わいの凝縮した部分には流石に負け気味でしたが、モモの脂の柔らかいところとはよく合いました。脂の旨みやまろやかさにワインの果実味や明るい酸が合いますし、生ハム独特の香りにワインのナッツっぽさや、時間経過後のホイップクリーム的なまろやかなニュアンスが、似通った部分があるのかよく馴染んでくれました。
また、パルメジャーノともよく合いましたが、付けるなら小諸のシャルドネとは違いハチミツ。バルサミコとでは大きな変化はありませんが、ハチミツとならその香りやコク、甘みに対しワインの各要素が噛み合います。

日本ワインらしいたおやかさがありつつも、華やかな香りや果実味があり、いわゆるシャルドネらしさを感じられるワインにもなっていたと思います。また、柔らかながら芯のしっかりしたところも見せ、抜栓してからの変化もありましたし、開けて数日かけて飲む、あるいはもっと瓶熟させてみる、といったことも試してみたいところです。


最新の2016ヴィンテージは、楽天内では現時点ではまだこちらにしか無いようです。2015と比べてエチケットが変わりましたし、名前も高山村「産」シャルドネに変わっています。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2017年08月15日 22時50分04秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


ぱんだしゅりけんさん

岡山在住のワイン好きです。飲むことも食べることも好きです!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ワイン  グルメ  岡山  徳島  レシピ  ブログ  料理 

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

クロ・デュ・テュエ… New! hirozeauxさん

南の島。 New! HABANDさん

日高市巾着田の彼岸… New! shuz1127さん

今日のお酒はサント… New! se-u55さん

ビール 2 種でさらっ… sora__soraさん

Domaine du Chateau … zzz.santaさん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.