000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2017年09月02日
XML
カテゴリ:その他の国
  • KIMG1993.JPG

まだまだ続くイコンシリーズ。今回から赤です。
カベルネ・メルロー2012。イコンの歴史はかなり古いようで、バラトン湖畔にやってきたベネディクト会修道院がその源流となっているようです。ただ、長い間畑も醸造所も休止していたそうで、現在のワイナリーは2007年からスタートしたものになります。バラトン湖は同地のワイン造りには大きな影響を与えており、上からの日照だけでなく、湖面に反射した光がブドウに当たることでより良いブドウが出来るそうです。
セパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー。価格は、1000円程度ですが楽天内では現在完売中。

は赤黒い感じですが透明度は割とあります。濃いガーネット的な感じでしょうか。

香りはカシスやブルーベリー、それに各種赤ベリーやそのコンポートといったものが感じられ、中でもちょっとイチゴの雰囲気出ていたでしょうか。また、ドライフルーツっぽさも。そういったフルーティさの中に、黒コショウや茶色いスパイス、チョコ、トースト、軽いターリーさといった要素が加わってきます。また、時間とともに洋酒を使ったフルーツケーキ的なニュアンスも。

味わいは、果実味のアタックはあり、後口にかけても柔らかく残りますが、明るい酸や旨み、ミネラル感といったものもあり、全体としてはバランス型と言っていいと思います。加えて、渋みも結構あり、果実味の背景に敷き詰められた印象。ボディはミディアム程度で、丸さや柔らかさも感じますが、まあ軽やかと言っていい類のものかと。

食事との相性では、このワイン、春ごろに飲んでおり、当時出ていた菜の花を粒マスタードとヨーグルトのソースで和えたものを合わせたのですが、これが意外とよくあったことが面白かったですね。
軽やかな口当たりと渋み、明るい酸が、ヨーグルトベースのソースに合いますし、菜の花の強い旨みや軽い苦み、独特の香りといったものが、このワインの質感は勿論、香りの面でも馴染む感じでした。その辺は、粒マスタードの香りやソースにオリーブオイルが入っていたことも一因かもしれません。
その他としましては、やはりべたにブリ大根やトマトピューレ入り肉じゃがといったものは合いましたし、スパイシーさに合わせてカルボナーラもつまんでみましたが、中々悪く無かったかなと。

味わいは軽い、まさにお手頃赤という雰囲気なのですが、それでもバランスの良さはありました。ただ、香りの構成要素は結構多く、時間経過での変化もあり、カベルネ・ソーヴィニヨン+メルローのワインを飲んでいる感覚はしっかり持てました。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2017年09月02日 23時10分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[その他の国] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

体調不良で有休取得… New! shuz1127さん

谷川温泉「別邸 仙寿… New! Echezeaux14さん

久々の降雪。 New! HABANDさん

Alexandre Bonnet Br… New! sora__soraさん

うきうきワインの新… ミユウミリウさん

エビスバーで ロブ… あちらこちら旨いお酒さん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.