1208876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2018年05月08日
XML
カテゴリ:日本ワイン
  • KIMG3246.JPG

今回のワインは、4月に岡山のレストラン・レオーニさんへお邪魔した際に頂いたワインです。
オプナー・MCデラウェア2016​。生産者はフジマル醸造所、大阪島之内の方になります。2013年に大阪の中央区島之内に開業した、日本における近年の都市型ワイナリーの走りの一つです。2階がレストランでワインの販売もされており、1階が醸造施設となります。私も、この12月にお邪魔しました。ブドウは大阪・羽曳野周辺の耕作放棄地で自社栽培を行っている他、大阪は勿論、全国の契約農家さんからの買いブドウも使用。
と言う事で、本ワインも山形県置賜産のデラウェア100%となっています。除梗したもの4割、全房6割の比率で、MC=マセラシオン・カルボニックを行いオレンジワインに仕上げています。価格は2800円程度のようです。

は画像の通りのオレンジカラー。夕焼けチックです。

香りは酵母っぽさがありつつも結構フルーティ。リンゴやそのコンポートが感じられ、さらに洋ナシ、ブドウといったものも。また、色合いの影響もあるかもしれませんが、少々のオレンジの皮も感じたでしょうか。フォクシーフレーバーはほんのーりとあったように思います。その他、マリーゴールドなどの黄色い花、トマト、若干の乾燥ハーブ、それにシードルっぽいニュアンスも。

味わいはバランスの良さがあり、突出した要素はありません。アタックには繊細な果実味が拡がりますが、それはしっとりした酸を伴っており両者拮抗。そこに、これまた優しい渋みが軽いアクセントとして加わります。ボディはライトですが、軽い膨らみは感じました。

レオーニさんでは、五穀鴨のドディーヌの際に頂きましたが、これが中々いい相性。
冷菜とはいえ鴨肉、流石に負けるのではと思いきや、鴨自体の味が優しいものだったという点を差し引いても、ワインの豊かな香り、優しくも膨らみのある味わいは鴨と合わせてもきっちり存在感を見せつつ、それでいてお料理の味わいを引き立ててくれました。特に、香りのリンゴっぽさやフルーティさが、鴨の香りによく馴染みました。
また、野菜のコンソメスープともまずまず。スープの味わいが優しいので、ワインのそれとも噛み合いました。

オレンジワインと言いますと、かなりパンチ力のあるものもありますが、こちらはバランスがよく軽やかさすらあるようなスタイルでした。オレンジワインを飲みなれない方、あるいは、デラウェアのワインを飲みなれない、抵抗がある、といった方にも面白いのではないかなと。
その一方で、鴨肉と合わせてもきっちり存在感を見せてくれるなど、ただの白ワインではないところもあり、楽しめるワインでした。名前にオプナーと付いたシリーズは、醸造家の岩谷さんの特に肝いりな銘柄だそうでエチケットも自作との事ですが、成程と言う所です。


フジマル醸造所 オプナー MC デラウェア [2016] 750ml※12本まで1個口で発送可能
一度オレンジワインオンリーの会なんてやってみるのも楽しそうです。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2018年05月08日 23時11分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[日本ワイン] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

出張終了。 New! HABANDさん

人生二度目の救急搬… New! shuz1127さん

シルヴァン・パタイ… New! hirozeauxさん

うに飯 ミユウミリウさん

ネットのほうがやっ… 麗しのはっちゃんさん

キリンチャレンジ杯… Echezeaux14さん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.