1159703 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2018年05月30日
XML
カテゴリ:日本ワイン
  • KIMG3442.JPG

先日の日本と海外ワインの飲み比べ会のワイン、今回から赤です。先ずは日本のメルロー。
メルロー2016​。生産者はリュードヴァン。長野県東御市のワイナリーです。ワイン造りを目指していた代表の小山さんが、耕作放棄地となっていた東御の土地に出会い、そこを開墾しブドウ畑にしたのが始まり。基本自社畑のブドウを用いますが、仲のいい農家さんのブドウを用いたワインや、シードルもあります。畑では農薬や肥料を控え、草生栽培を実践、欧州系品種を栽培されています。
価格は、4500円程度

はルビーカラーですが流石に暗さのあるもの。

香りは赤ベリーの印象やチェリーっぽさがよく出ています。遠くに黒ベリーもあります他、時間経過でこれもほんのりですがフルーツケーキ的なニュアンスも。そこに、ハーブや下草、黒い土、キノコっぽさといった要素や、シナモンなどの茶色いスパイスなどが加わります。

味わいはしっとり系も明るさのある酸がメイン。酸っぱい!と言う感じではありませんが、量の多さを感じました。果実味は繊細なもので、酸の印象の背景にじんわり拡がると行った感じ。渋みは程々で、後口にかけて少々印象を増す程度。ボディはミディアムと言っていいでしょう。ミネラル感やハリのあるもので、タイトさを感じました。

会では、マンガリッツァ豚と鴨のところで飲みました。
豚との相性は程々といったところで、これもゴボウや、茶色いソースの塩気やコク、香りといったものが加わってそれなりに馴染む程度。口を切り替える効果はしっかり見せてはくれました。
一方、鴨とはよく合いました。ワインのベリーの中に複雑さのある香りやタイトな味わいが、鴨肉の香りや、噛みしめて出てくる旨み、モチモチした質感によく合います。まさに、ピノ・ノワールと鴨を合わせたときのような感じです。

シャープとまではいかないものの、しなやかでタイトさのある質感、酸味基調の味わいや赤ベリーの香りと、ボルドーやスーパートスカーナなどでイメージされるメルローとは大分趣の違うもので、参加者の方々にも驚いていただけました。そして、この綺麗さが好きだというリアクションも頂け、次のカリフォルニアと狙った以上にいい対比になってくれました。


リュードヴァン/Rue de Vin メルロ 750ml 赤ワイン 日本ワイン 長野 国産[mel]
楽天内にもあります。このタイトさが熟成を重ねることでどうなるかも興味深いところ。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2018年05月30日 23時08分38秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

今朝は曇り。 New! HABANDさん

世田谷ホタル祭りと… New! shuz1127さん

アラン・シャヴィ サ… noir-funさん

今日のワインはフラ… se-u55さん

ボルドー シャトー… ken2137さん

澤屋まつもと Rissim… ミユウミリウさん

コメント新着

busuka-san@ Re:甲州の飲み比べ会をしました! その1(06/07) ドイツの甲州、はじめてだったんだすね。 …
ぱんだしゅりけん@ Re[1]:島根ワイナリー 縁結甲州2017(05/12) 徒然わいんさんへ 遅くなりましたがご覧…
徒然わいん@ Re:島根ワイナリー 縁結甲州2017(05/12) お待ちしてました。 島根での甲州の栽培…

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.