1603097 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2019年12月19日
XML
カテゴリ:ドイツワイン
  • KIMG4946.JPG

今年も、11月にワインショップしんじさんでドイツワイン試飲会が開催されましたのでお邪魔してきました。時々、その時に飲んだワインの記事を書ければと思います。
ミュラー・トゥルガウ・トロッケン2017。生産者はヴァイングート・デーブスです。ラインヘッセンの地で300年以上の歴史を持つ家族経営のワイナリーです。ドイツでは珍しく、白ワイン33%、赤ワイン40%、ロゼワイン15%という生産比率で、栽培品種もドイツ系のものの他シャルドネなども手掛けます。
価格は、1800円程度。

は極薄いです。

香りは、白い花や黄色い花といったフローラルなニュアンスがありつつ、リンゴやグレープフルーツ、レモン、ライム、ミカンといった柑橘類、それに若干の青ベリーっぽさといったフルーティさが感じられます。また、少々のラムネの雰囲気、白コショウ的なスパイスなどもあったように思います。

味わいはフルーティな辛口といった所。果実味がじわりと優しく広がり、そこにしっとりも明るい酸がすっと入ってきます。ボディはライト。クリアーさがあり、サラリとした質感です。

特徴的なエチケットですが、魚介類の料理に合うという事が売りの一つとなっているようです。
確かに、このワインなら、レモン的に牡蠣に合わせる、あるいは果実味に注目して、甘みのあるエビ系に合わせる(食べ方は生でも日の入ったものでも行けそうです)、カジキマグロなど淡白な魚の焼き物、お寿司など白身の生魚系と色々試してみたいところ。
その他、焼き鳥(塩)など鶏肉+塩というのもよさそう。

手頃な価格で、気軽にフルーティさを楽しめるワインですが、それだけでなく、ドイツワイン的な酸や果実味のバランスはきっちり感じられるワインでした。今回のイベントでも個人的に好感度の高かった1本です。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村






最終更新日  2019年12月22日 02時13分23秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

昼間は晴れ。 New! HABANDさん

2020年 自宅ワイン会… New! busuka-sanさん

ねこの日 New! ミユウミリウさん

モンテリ・プルミエ… shuz1127さん

フォンテーヌ・ガニ… hirozeauxさん

また買っちゃったねー 麗しのはっちゃんさん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.