1605972 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワインヲタ入門生のチラシの裏

2019年12月21日
XML
JR倉敷駅直結の商業施設アリオ倉敷。その昔チボリ公園だったところが、以前からアリオと併設の三井アウトレットモールに変わっています。

  • KIMG5034.JPG

そのアリオ倉敷で、クリスマスバルと題して、20日金曜日から22日日曜日までの3日間、岡山県内のワイナリーやブルワリー、それに日本酒をご提供いただける酒屋さんのブースが並ぶイベントを開催していましたので、土曜日に参加してきました。

  • KIMG5033.JPG

上のイベント案内看板の横に写っている黒板にチョークで描かれたイラストはコチラ。岡山ワインバレーさんのブースです。

  • KIMG5024.JPG

岡山ワインバレーさんは新見市哲多町の生産者さんです。暫く委託醸造をされた後、荒戸山ワイナリーというワイナリーを昨年8月にオープンされました。また、今でも東京ワイナリーさんへ一部委託しているようです。
こちらでは、樽熟成のシャルドネが非常に印象的でした。樽のかかり方が非常にいい塩梅で、シャルドネの香りと相まってハーブやナッツの雰囲気がよく出ていましたし、味わいには鮮やかな酸がビシッとあり、その酸とコクを感じさせる香りの相性も完璧。
こちらのワイナリーのシャルドネは、特徴としてこの酸を持っているそうで、新見という土地の素性の良さを感じさせてくれました。

  • KIMG5021.JPG

新見と言えばやはりこちら。domaine tettaさんです。tettaさんには先日の東京での中国地方ワイン大集合会にアイテムのご出展もいただきましたので、そのお礼も兼ねて。
いただいたのはカベルネ・フランを使ったスパークリング。グリーンハーヴェストのフランで、らしい青いニュアンスがよく出ていますが、それがスパークリングのブリオッシュ的な、クリーミーさのある香りに想像以上によく馴染んでいました。味わいはスッキリとしており、魚介系は勿論、青菜など野菜を使ったお料理にも合わせてみたくなります。

domaine tetta Blanc de Cabernet Franc Effervescent-I(ドメーヌ・テッタ ブランドカベルネフラン エフェルヴェッソンI) [2018] 白発泡 750ml※12本まで1個口で発送可能

  • KIMG5023.JPG

こちらは、東京でのイベントにご来場までいただきましたひるぜんワイナリーさんのブース。やはり、ロゼの人気は凄かったようです。実は、ひるぜんワイナリーさんとは来月イベントを企画していまして、その詰めのお話も兼ねてのことでした。
そのイベントにつきましては、また次回の記事で^^

  • KIMG5020.JPG

そして、今回非常に気になっていたのがこちら。赤磐、是里ワインさんの新キュヴェ、アッサンブラージュです。
リースリング、ピオーネ、キャンベルアーリーのアッサンブラージュものという、他ではまず聞かないセパージュとなっていますが、仄かなピンク色に各ワインのフルーティさがありつつ、しかし、リースリングがフルーティなだけではないミネラル感などを引き出しているといった感じで、味わいもやや辛口くらいのフルーティさがありつつ、ミネラル感、酸のバランスの良さを感じられるワインでした。
結構瓶ムラがあるとのお話でしたのと、是里さんのワインの中では明らかに価格帯が上がる4000円というお値段ですが、覚えておいて損のないワインだったかなと。

  • KIMG5030.JPG

ワイン以外のアルコールもいただいております。こちらは、岡山県笠岡市の沖合、何なら愛媛県の方が近いくらいの場所である六島という島にあるブルワリー、その名もズバリの六島浜醸造所さんです。

  • KIMG5029.JPG

近くにある北木島(千鳥の大悟さんの地元で有名になりましたね)の牡蠣を使ったオイスタースタウトなど面白い造りのものもありましたが、今回は六島に昔あった麦畑を復活させ、ブルワリーとして最初に造ったビールである「六島麦のはじまり」をお願いしました。

  • KIMG5028.JPG

スタイルとしてはセゾンという事で、香りも爽やかなニュアンスがあります。ただ、ハーブっぽさ全開!というよりはビールらしい酵母っぽさやバナナ感もあり。味わいもスッキリですが、香りの印象に似合った旨み甘味は感じられました。
フードブースには、珍しくムール貝プレートなるものがありましたので頂いてみました。また、写真を撮り忘れましたが地元・鷹取醤油の醤油でチーズを漬け込んだものもつまませていただきました。
六島麦のはじまりはどれともよく合いましたが、中でもチーズの醤油漬けとは、そのカラメルっぽさすらある香りやミルキーさに、ビールのニュアンスがよく合いました。

  • KIMG5026.JPG

こちらは日本酒。瀬戸大橋の岡山側にあたる倉敷市児島の蔵元、十八盛が手掛けるものです。十八盛も含めた岡山県内の5蔵が参加する「岡山ZARU」の共通銘柄なのがこのoriginだそう。
日本酒らしい甘みがありつつも、芯の太さのある酸が入ります。
ムール貝は最高のつまみでした。香りも豊かなお酒で、それがムール貝の風味にぴったり。

  • KIMG5037.JPG

他にも、黒髪山さんやサッポロビール岡山ワイナリーさん、ふなおワイナリーさんもご参加でしたが、今回はチケット切れになりましたのと、体調がちょっと悪かったこともあり見送り。
しかし、県内のワインやビール、日本酒が色々といただける非常にいい機会でした。チケットも2000円でシール10枚、各ドリンクシール1~2枚で飲めると高いものではなく、楽しませていただきました。また来年も是非ご開催いただきたいものです。

  • KIMG5039.JPG

おまけ。三井アウトレットモールの入り口には橋と小川があるのですが、その辺でもイルミネーションが行われていました。いよいよクリスマス、そして年末ですね。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2019年12月22日 21時41分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[ワインイベントに参加しました] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ぱんだしゅりけん

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

2020年 自宅ワイン会… New! busuka-sanさん

仏白泡『シモン・セ… New! こんちゃん2020さん

αアカデミー ミユウミリウさん

祝日セール情報0224 shuz1127さん

ゴッセ / 2006年グラ… hirozeauxさん

また買っちゃったねー 麗しのはっちゃんさん

コメント新着

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.