000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

二足のワラジをはく

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

今回のお出かけ

2006.12.04
XML
カテゴリ:今回のお出かけ
昨日は、一日遊びほうけていた。
よってパソコンは1秒も触りませんでした。
昨日の「お出掛け」のことを書きましょう。

9時前に出発。
奈良県五条まで約一時間。
ここから山道。しばしコーヒータイムです。
西吉野の天辻峠では、積雪こそないものの、
道端と木の枝に雪が残っており、少し恐怖。
でも、大丈夫でした。

寒い中「谷瀬の釣橋」を渡った。
4totukawa.jpg

最初の温泉は湯泉地温泉「十津川荘」の露天風呂
3totukawa.jpg
単純硫黄泉ということです。
お昼ごはんは温泉の近くの「そば屋」で。

午後からは、168号線の裏道。
「沖の口トンネル」回りの山道で十津川温泉に出て、
「上湯出谷温泉」へ。
湯船の中から一枚。
2totukawa.jpg
ここは、鄙びたところで建物の外観も撮ればよかった。
これは、又今度・・・
お湯に浸かっている僕の顔も撮ればよかった。
これも、又今度・・・

オマケは、温泉に降りていく道端に生えていた「野いちご」
1totukawa.jpg
懐かしい味ですよ。いっぱい食べちゃいました。
こんな真冬にあるもんだな、と驚きました。

一日、いろんな話をする。
楽しくもあり、大切な時間なのです。






Last updated  2006.12.04 12:54:58
コメント(20) | コメントを書く


2006.10.09
カテゴリ:今回のお出かけ
今月はここです。
前々から注目していたところです。
昔、社会科の時間に「日本の鉱山」とか習ったような・・・
大同年間からの歴史があるとのことだが、
本格的に掘り出したのは秀吉の頃からとか・・・
今は「観光施設」なってますが、最後は三菱さんの経営だったようです。

9:00に出発して二時間弱かかりました。
未知はスイスイだったのに・・・

ikuno3.jpg ikuno2.jpg ikuno1.jpg
左は、鉱山入口門柱。
中は、構内作業車の運転台。
右は、坑道入り口。
坑内は暗くて撮影しませんでした。

山の上のほうには露天掘りの跡があったり、
縦穴の坑口があったりしました。
地下1000メートルくらいまで「蜂の巣」ように
坑道が掘られていて当時の重労働が偲ばれます。

散策したりお昼食べたりしていると二時くらいになってしまい、
出石に行く計画は断念しました。

で、代わりに銀山近くの「黒川温泉」に立ち寄りました。
お湯はちょっと迫力不足かな・・・
「美人の湯」と言うことでしたが・・・

で、青垣峠を越え
「滝の社」から中国道に乗って帰るつもりが
舞鶴道と合流したあたりから、猛烈に渋滞し、
「神戸三田」でおりて神戸元町に寄って、
中華街で晩御飯してきました。

一日の走行が約300キロ。
ケッコウ長距離でした。






Last updated  2006.10.10 12:24:53
コメント(18) | コメントを書く
2006.09.17
カテゴリ:今回のお出かけ
台風の影響が少し心配でしたが、
「琵琶湖一周」しましょうか・・・
ということで、車で出かけた。

ところで、携帯で撮ってきた写真がアップできなくなった。
何故か分からないけどしかたない。

1号線で京都まできた。
突然、東寺に行くことになった。
新幹線で京都にきたら、最初に目立つ五重塔のあるお寺です。
真言宗の本山ということです。京都のお寺は大きいです。

で、京都市内を突き抜けて(途中、清水寺の前で渋滞にはまる)
大原から途中越えで滋賀県へ。
琵琶湖大橋のある堅田です。
琵琶湖大橋で琵琶湖を渡ったら、もうお昼の時間。
「鮎やの郷」という大きいドライブインで、
鮎の塩焼き、にしんそば、鯖寿司頂きました。
養殖鮎でしたが、油っぽくなくいい鮎でした。

琵琶湖岸を走らせていると「近江八幡国民休暇村」に
温泉があるということで入浴。
「弱アルカリ単純泉」ということでした。
琵琶湖の眺望が良かったです。

この時間で、この位置なら「一周」はむりね・・・
ということで信長の「安土城跡」にいきました。
できて3年で燃えてしまったらしく、
昭和15年に調査するまで放ったらかしだったと言うことです。
石積みなど、往時の栄華が偲ばれ「夢の跡」という気持ちでした。

今回も楽しいお出かけでした。






Last updated  2006.09.18 20:40:03
コメント(8) | コメントを書く
2006.07.18
カテゴリ:今回のお出かけ
見てきました。
オペラは初めてです。
クラシックリサイタルは何度か行ったことがあるのですが、
僕は、お芝居はあまり好きでないので機会も無かったのですが初めての鑑賞となりました。

有名な演目でもあり、一度は見ておきたいと思っておりました。
「フィガロの結婚」「魔笛」「カルメン」なども見ておきたいです。

「マダムバタフライ」は「ある晴れた日~」の部分が有名で、話の内容とか結末とかは全く知りませんでした。
今回、知ることが出来てウレシイことでした。

まず、明治の始めの時代背景。
ビンカートンはアメリカ人。
蝶蝶婦人は、没落士族の娘。
教養も誇りもある。
日本人に敬意が払われている。
この、歌曲を作った取材力はたいしたものだと思います。

とても簡単。私の感想でした。






Last updated  2006.07.18 09:09:40
コメント(23) | コメントを書く
2006.07.16
カテゴリ:今回のお出かけ
行ってきた。
目的は、お昼ご飯と温泉。

連休中ということもあり吉野方面へ向かう
「山麓線」はそれなりの混雑。
ちょっと、迷いながら高取町を抜けて芦原峠から下市経由天川村へ。
11時頃には到着。
少し散策。
昼ごはんは、「あまご塩焼き」「柿の葉寿司」「めはり寿司」「サシミこんにゃく」「とうふ」
ビールと地酒。こんなもんです。

午後は、「天川弁才天」にお参りして「みずはの湯」へ。
mizuha.jpg mizuha2.jpg
これ以外に、天川村には村営で「洞川温泉」「天の川温泉」(この二つは天然温泉)があります。
休憩室から山の緑を眺めていると、落ち着いた気分になれますね。
 
阪本まわりで帰りました。






Last updated  2006.07.18 08:58:36
コメント(10) | コメントを書く
2006.06.25
カテゴリ:今回のお出かけ
前回、滋賀県南部へ行って「よかった」ので
今回も出かけました。

私の住む奈良県北西部から滋賀県南部へは
R163から山を越えるとすぐ。
信楽へは約60キロくらいです。
電車なら京都から草津まわりでタイヘンですが・・・

最初にいったのは、湖南市多羅尾温泉というところ。
ゴルフ場の付帯施設です。
情緒はないものの設備が整っており、それなりに満足。

昼食は、通りがかりにあった民家でやってる、
蕎麦屋さん。最近、よく見かけるタイプです。
古い民家をそのまま店にしていて懐かしい雰囲気です。

昼からは、伊賀上野を抜けて「大山田さるびの」温泉へ。
広い駐車場のはずれしか空いているところがなく、
雨の中、歩いていく気がしなかったのでパス。

もう少し、足を伸ばして「榊原温泉」へ。
榊原館の日帰り入浴してきました。
ここは、大きなホテルなんですが、
日帰り入浴用の受付と休憩室を別に作っていました。
ふつう、ホテルの日帰りはフロントを通さねばならず、
敷居がたかい上に、チェックインタイムになると断られることが多く、
こうすれば、宿泊客にも迷惑が掛からずいいですね。
ただし、館内ではホテルの浴衣を着なければなりません。
「グッドアイデア」だと思いました。






Last updated  2006.06.26 11:31:51
コメント(6) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.