067452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

魂の琴線

PR

X

Profile


ワレモコウ2。

Recent Posts


もり


       『ワレモコウ2』の花言葉は『移りゆく日々』
 
     生まれては消えてゆく自然の摂理

     人間も自然とおんなじだね
      日々 一瞬一瞬
     移り変わってるんだね

      『生きる』って切ないね
     悲しいね
     嬉しいね
     楽しいね

        









これはそんな日常の私の独り言です
    





  






    



~一月十九日の日記『ころがるこころ』~


ころころころころ『こころ』は転がり続ける


ずっと嬉しい『こころ』でいられないように
ずっと悲しい『こころ』でいられないように

ころころころころ『こころ』は転がり続ける


喜びの中だけに『こころ』は決して留まれない
悲しみの中だけに『こころ』は決して留まれない


ころころころころ『こころ』は転がり続ける
ころころころころ『こころ』は転がり続ける


































2007.04.16
XML
カテゴリ:
2005.9.14
この日で止まったままのこの空間

だけどここに残された
ひとりひとりのオモイは
いつまでたっても温かなまんま
私を支え続けてくれてたんだな

ずっと願ってたオモイを
諦めそうになった時 ここに帰り
お一人お一人の心在る言葉に
勇気づけられてたんだな

『ありがとう』が言いたくて帰ってきました

ただいま~~
ありがと~
おおきに~

必要な人と
必要とする時に
必要とする場所で
いつもいつも出会ってこれたことに
感謝感激アメアラレです

ここで繋がった
あなたの存在に感謝です

季節が春になりました
私も春になりました

願ってたオモイが芽を出し始めました

これからは大切に
その芽を育んでいこうと思うんです

ひたすら
愛そうと思うんです

結局
それが全てだと思うんです

結局
愛が全てだと思うんです



明日は新月です
みんなの願いが叶いますように・・・



新たな季節の始まりの前に
ひとつけじめを
ここでつけたいと思います

ワレモコウ2らしくない長文となりますが
お茶でもすすりながら
えっちらおっちら
読んでやってくださいな

ありがとう




ではではスタート!!
   ↓↓↓↓↓









私は20歳の時
様々な想いの中インドへと一人旅に出ました

その後看護師として働く中で
人が生まれるということ
人が病むということ
人が老いるということ
人が死ぬということ
その意味について自身に問い続けておりました

堂々巡りの思考の中で
答えなど出ないまま
その後も私は2年半の間
色んな国を旅し歩いてきました

色んな出会いがありました
色んな暮らしがありました
色んな命がありました

点と点だった道程が
今ひとつの流れとなり
私の人生を穏やかに流れているのを感じます

そして今
故郷に帰り
農のある暮らしをしようと思うようになりました

人は
土に含まれる同じ成分で出来ているという事実

人の体液は
太古の海水とほぼ同じ成分であるという事実

そのことに想いを馳せた時
そこに何か大切な事があるように感じたのです

私たち人間の命を養ってくれる
土から芽生える植物たち

土に蒔いた種から芽が出
実り
花が咲き
散り
土へと帰る

この流れそのものが生命であるという事

決して花が命の完成形ではなく
巡る流れそのものが
生命であるということに気づかされます

同じように人が生まれ
悩み 迷い 傷つき 笑い 悲しみ 怒り 愛し 愛され
様々な感情の巡る流れの中で
心に蒔いた種から
芽が出
実り
花が咲き
散り
土へと帰る

何かのカタチになることが生きる目的ではなく
何かを残すことが生きる意味ではなく
流れそのものに意味があり
流れそのものが生命である事を悟ります

種の一生
人の一生
私の一生
なんだか似てるんだよなぁ…

春には
冬の寒い季節に溜まった老廃物を
解毒する野草が芽生えます

夏には
暑さで熱くなった身体を冷やしてくれる
水分の多い野菜が芽生えます

秋には
寒くなる冬に向けて
脂肪分の多い野菜が芽生えます

冬には
寒さを凌げるように
身体を温めてくれる野菜が芽生えます

必要なモノが
必要とされる時に
必要とされる場所でちゃんと生まれる

必要な人が
必要とされる時に
必要とされる場所でちゃんと生まれる

それがあなたであり
それがわたしである

そんなことが
農を通して身体で理解できる
心で理解できる

それは決して
暮らしから切り離された農業としてではなく
日々の暮らしの中で流れの一部となって在る農として
私に語りかけてくれます

春夏秋冬に芽生える植物を
日々の暮らしの中で感じることで
それぞれに違いがある事を喜び
それぞれに与えられた役割があることを喜びます

人も同じです

東西南北に芽生える人の命を
日々の暮らしの中で支え合っていることを知ることで
それぞれに違いがあることを喜び
それぞれに与えられた役割があることを喜びます

様々な国
様々な土地で芽生える命

そのどちらかが優れていて
そのどちらかが劣っているとかでは決してなく
ただそれぞれに
役割が違っているというだけの事なのです

このことを心から悟ったならば
人と違う自分の役割に気づき
自分は何をすべきなのかが
自ずからわかってくると思うのです

自分の役割を知った時
ひとつひとつの命が
喜びを持って動き出す

ひとりひとりの魂が
喜びをもって動き出した時
世界は愛で満たされます



   支え愛
   許し愛
   助け愛



これが
私たち人間がこの世ですべき事なのです
これが
私たち人間すべての使命なのです

世界を変えるのは
あなたにかかっています
私にかかっています




どうか
どうか気づいて下さい

病気は恐れるものではないという事を
病気は戦うものではないという事を
病気は魂からの大切な
愛のメッセージであるという事を

あなたが本来のあなたとして
今現在を生きられていない時
魂はあなたの身体を通して
語りかけているのだということに気づいて下さい

病気とは
魂からの愛のこもった
大切なメッセージであるという事に
どうか どうか気づいて下さい

私は看護師として働く中で
様々な病で苦しむ人達を看てきました

でも私には
その奥で傷つき苦しんでいる魂がみえました

犯罪者にも
その奥で傷つき苦しんでいる魂がみえました

権力者にも
その奥で傷つき苦しんでいる魂がみえました

笑っているのに
その奥で傷つき苦しんでいる魂がみえました

幸せそうにみえるのに
その奥で傷つき苦しんでいる魂がみえました


この世に生まれた時
人はみな泣きながら生まれてきます

思い出して下さい
人生とは泣くことから始まるのです

自由な魂の存在であった私たちが
肉体をもってこの世で生きるという事は
本当に苦しいことなのです

それでも私たちは
苦しみの多い旅であることを知っていながら
この世に生まれて来ることを選んだのです

目的は魂の浄化です

私たちは姿 カタチを変えては
何度も何度もこの世に生まれ
そして消えていきました

怒り 憎しみ 欲望 渇望…  
あらゆる感情で濁っていた魂を
生まれ消え去るこの生命の繰り返しの中で
生まれ消え去るこの生命の流れの中で
それはまるで川を流れ続け
やがては角がとれて丸くなっていく石ころのように
私たちの魂も流れ続け
尖った心をまんまるにしていこうとしているのです


生まれ 消え去る…



これが自然の摂理です
これが生命の摂理です
これが宇宙の摂理です

太陽も地球もいつかは消え去る
あなたもわたしもいつかは消え去る

それが人の一生と知っていながら
人は今も
奪い合い
殺し合い
憎しみあって生きています

それが人の一生と知っていながら
人は今も
自分の幸せ
自分だけの喜び
自分のモノにしがみついて生きています

そこから生まれるものは惨めさだけです

だからお願いです
お願いします
どうか どうかもうこれ以上
自分を惨めにするのはやめて下さい

もうこれ以上
あなたの魂を傷つけるのはやめて下さい

もうそんな生き方は終わらせてください
あなた自身で終わらせて下さい

真の喜びを知って下さい
真の幸せを知って下さい
真のあなたを知って下さい

思い出してほしいのです
命の本質は愛だということを
あなたの本質も愛だということを

思い出してほしいのです
命の本質は光だということを
あなたの本質も光だということを

だけど
もしも今そんなふうに思えなくても
決して 決して落ち込まないで下さい
決して 決して諦めないで下さい

ただ 今は
心に雲がかかっているだけなのだという事を
知っていて下さい

雲があって見えなくなっているというだけで
それはあなたの中に在るという事に
いつもいつも気づいていて下さい

自身の使命を全うした一生であったならば
誰かの支えになろうとした一生であったならば
他の喜びのために働いた一生であったならば
他の幸せを心から願えた一生であったならば
死することは恐れるものとはならないでしょう
消え去ることは悲しむこととはならないでしょう

そんなふうに生きられたならば
死することは開放です
死することは喜びです

それはただ
元いた場所に帰るだけのことなのだから

穏やかで安らぎに満ち溢れた命の故郷へと
ただ帰っていくだけのことなのだから

この世界でも
私たちには帰るべき故郷があるように

そこはいつも
温かな場所であるように

そこにはいつも
あなたを愛し見守る人が待っていたように

同じように
人生という旅を終えた時
私たちを待っている温かな場所があるのです

死の先には故郷があるのです
全ての命の故郷があるのです



私は医療の分野にいましたが
自然の在り方を忘れた行き過ぎた医療行為は
とても恐ろしいことになると感じています

かといって
社会や科学の営みを否定してしまうこともまた
危険なことになると感じています

それぞれの良き部分は認め愛
それぞれの間違った部分は改め愛
それぞれがそれぞれに与えられた専門の分野で
自分らしさが表現でき
すべての人が喜びをもって生きられる
そんな世界になることを願っています

その架け橋に
私はなりたいと願っています

この言葉が
この想いが
あなたの魂の琴線に触れ
あなた自身でさえ忘れていた
本当のあなたが目覚めてくれることを願います

そして 共に奏でたいのです

喜びの音色を
幸せの音色を
愛の音色を

先ずは自分を抱きしめてやって下さい
先ずは自分を愛してやって下さい


あなたが あなたの役割を生きていてくれたから
私が 私の役割を果たすことが出来ました

あなたがそこで
迷い 悩み 苦しみ 傷つきながらも
生きていてくれたことにありがとう



ようやく今
「ありがとう」と
心全部で言える私になりました

みんなのおかげです
あなたのおかげです

この言葉たちが
愛の種となり
あなたの大地で根をはり
芽を出し
いつかやわらかな花を
咲かすことができますように…


春夏秋冬


命は流れ
流れは命


最後にお願いです
ここで書かれた言葉そのものに
とらわれないでほしいのです
自由な心でよんでほしいのです
この言葉の奥に在るメッセージを
よみとってほしいのです

心でよんで下さい
魂で感じて下さい
そして 行動して下さい

私は 私の在るべき場所において
あなたは あなたの在るべき場所において
自分で選んだ使命を
与えられた天命を
共に全うしてゆきましょう

共に歩いてゆきましょう

そして
何度も何度も繰り返された
魂の長い旅路の果てで
あなたと再び笑顔で会える時を楽しみにしています



   生きとし生けるものすべてが
    平和で幸せでありますように…



        幸せであれ!!!
        幸せであれ!!!
        幸せであれ!!!


    
             愛を込めて 

                      ワレモコウ2.






Last updated  2007.04.16 05:23:35
コメント(40) | コメントを書く


Favorite Blog

天華百剣と名刀写し展 はなあそびさん

三昧境(さん・まい・… タイゾー@KYさん
きょうが一番いい日… ことのは。さん
魂の冒険活劇日記 kimkim-hiroeさん
告白 -kokuhaku- ほたるる.さん
浅草がんじいの気み… Mr浅草魂さん
かぎろい タケやん2246さん
おひさまになりたい ∵.:*・*雪花*∵.:*・さん
Evergreen Days Evergreen_63さん
ふうーのおうち (*^… huu-さん

© Rakuten Group, Inc.