563441 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

aqua field

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

カテゴリ未分類

2014年07月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ソメワケヤッコはヤッコの中でも初心者に人気種で綺麗で安い。

安いヤッコは簡単に採れるから安い、なので丈夫な魚が定番なんだがあまり飼い易い魚では無かった、1K前後でこんな綺麗なヤッコが売られているなんてね。

でWARIOはソメワケに嵌ってる、この魚協調性があり他の魚にチョカイ出さないし、ソメワケ同士も我関せずでのんびり泳いでいてやっぱ良い魚だ、SPSにって話聞くが気にするレベルではないしサンゴにも刺激が丁度良いだろう。

で、今日もソメワケ探しに徘徊しているとミスジチョウに出会ってしまった、う しまった、デカイのはフルサイズで小さいのは小さめ、デカイのは泳ぎが変、頭行ってそうな感じ、でもデカイミスジチョウを飼育する機会はめったに無いのであわせて購入してしまった、やっぱミスジは綺麗で良いわ、沖縄で定番に見られる所も親近感湧くし良い魚だ~ね、又出会えたら買ってしまうだろう、何匹居ても絵になる魚だ。

で、ハナグロとオウギと一緒に入荷していたフルサイズのヤリカタギも入れる事に成った、共肉食のチョウだけにしておこうと思っていたのだが、ポリプ食のヤリカタギを入れるとは困ったもんだ、しかし、フルサイズはめったに飼育する機会が無いのでしょうがないか、状態はすこぶる良いがあの口半開き何とかならんかね。

この手のチョウとサンゴの関係はリーフーじゃなきゃ簡単には観察出来ないので実に面白い、ポリプ食のチョウも段々と手を広げて行きたいと思う、だが、ハナグロとオウギの名前も未だ解っていないwarioにとっては宝の持ち腐れだ、何で名前覚えられないのだろうか?頭悪すぎ?



やっぱあなたは馬鹿ですか?って声が聞こえて来そうだが気にしない。

だって餌は一杯あるんだもん、でもマジ残念なパステル化してる、丁度海で弱ったサンゴの様な色だ、復活させなければ。




来週もソメワケ探しの徘徊に出なければ、変な出会いがありませんように、良い出会いがあると良いな~♪



こんな時なんだよねビブリオ蔓延は、注意しなければ。









最終更新日  2014年07月30日 11時56分49秒
コメント(5) | コメントを書く


2014年07月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
warioはサンゴパステル化計画、名付けて、SM界の王に成るぞ計画。

で共肉食の強いチョウを飼育し出した。

ポリプ食ではパステル化無理だと判断し、共肉食のオウギとハナグロを2匹づつ入れてみた、オウギはフルサイズと思われる固体とハーフサイズ、ハナグロはハーフサイズと小さめ固体、色々病気も出たがバイオアクティフのお陰で自然治癒傾向、恐るべしバイオアクティフ。

で、頑張って共肉食べてくれて居るのでメチャ共肉薄くなって肌色や白いサンゴの出来上がり、パステルとは全然違うんですけどこれ以上行かれるとサンゴもやばそうな雰囲気なんですけどって余裕で見ていられる所がバイオアクティフの凄い所だ、今までならお願いそれ以上止めて的なSM界のヘタレで水槽叩いて居た様な、ム~そうだ餌撒き増やせば共肉肥るだろうと餌量倍化実行中、これで餌食べて共肉肥って共肉食べる量減ってバランスとれれば良いのだが、かなり難しいシステムに成りそうだ(笑)

今までも何回も失敗しているwarioだが、バイオアクティフは何か違う気がする、サンゴ食魚とサンゴの共生関係が築けそうな気がする、後はハクテンカタギを2匹入れたいな~♪



あなたは馬鹿ですか?って声が聞こえて来そうだ?


で、せっかくバイオアクティフなのでwarioが大好きなアミメチョウも3匹入れてみた、初期に肌荒れに弱い印象なんだがバイオアクティフは肌荒れ防止効果もあるようだ。

次は肌は強いがなチェルモ入れたいな、チョウはここまでで打ち止めであろう。

warioが海水始めた頃の憧れはアミメチョウとハシナガチョウの乱舞水槽だったっけ、そんな夢を見させてくれるバイオアクティフに感謝。

で高価過ぎる塩なので使い方変更してみた、240Lの水に200L分のインスタと40L分のバイオアクティフ塩を溶かして使う事にしてみよう、バイオアクティフの塩は2割程度で十分な気がする、し2割程度なら1wに10%の水換えもOKであろう。

このシステムは驚きの水景を実現してくれる可能性を秘めている予感。











最終更新日  2014年07月25日 17時17分19秒
コメント(6) | コメントを書く
2014年07月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
俺はSM界の王に成る~

で、サンゴのパステル化はSMな世界なんだが、やっぱZEOにT5は歪な成長と言いSM界の女王だろう。

今回、SM界の王に成る為新たなパステル化計画を立てて見た、簡単そうで難しいこの技はあまり見かけない、はっきり言ってサンゴ命なオタクにはひんしゅくものだろう(笑)

サンゴを綺麗にする事が第一目標の今流行りのリーフタンクは面白みが無い、マニアックなブリード水槽で十分だろう。

リーフタンクはやっぱ色々な生き物が入ってなきゃね、昔、ベルリンでサンゴ飼育が簡単に成るとブダイ入れて砂を作る的な話もあった、学習的見地から水族館ではその位やって欲しいものだ、成長が早すぎてリセット強いられると言う観点からいかに成長を遅くするかなんて話す人も居た、下手っぴwarioには羨ましい限りだ。


バイオアクティフは素晴らしい、SPSにも十分対応しているが、ソフトにもハードにも良いらしい、そして一番良いのは魚なんじゃないかとwarioは思う、餌の撒きすぎでの水質悪化が無いので丁度順調に立ち上がった魚水槽のアンモニアや硝酸塩や亜硝酸全てをなくした状態がいとも簡単に出来上がってしまう、ついでにリンまでもが恐るべしバイオアクティフだ。

で一番の欠点は大量水換えに向かないらしい、2wに10%が良いらしい、なので昔流行った、毎日少量水換えで飼育して見る事にした、warioは常時500Lの海水が作ってあるので蛇口ひねると海水が出る、で昔から足し水に使ってた5Lのオイル注入するやつで毎日一杯交換する事にした、名付けてビックリ水大作戦、多分飽きてやめるだろうが。

塩高すぎ、750Lで15000円弱で4ヶ月まあしょうがないか、半分インスタント混ぜてやる事にしよう、今も水槽の半分以上はインスタントだし、経費削減ね♪


ZEOの時代は終わった感が強い、名古屋ではバイオアクティフに移行する人が凄い勢いで増えている、ZEO+T5は所詮ピンクのショウガやトゲやハイマツ止まり、成長も歪にヒョロ成長だし、ズブシロには成長が感じられて良いのだろうが数年経験すると所詮って感じで次の段階へ進むようだ。


LSSから王と魔チックなんちゃらって固形の添加剤が出るらしい、鉄とB-バラとポタヨドらしい、10年程前ブロックの微量元素添加の固形があった当時は無知で溶け出す量が解らないのでイオンバランス崩したらなんて臆病風に吹かれて躊躇している内に廃盤になった、今回の3種は是非一度使って見たいものだ、warioもあれから進歩して不足して必要な分だけ溶け出す事を悟った、王と魔チックななんて名前が又シャレていて良い、魔だったらどうしよう、SMの王だったら最悪だあ~でも使ってみたい。














最終更新日  2014年07月16日 11時42分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年07月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
リミックスで開催されたブリーディングセミナ~に参加してきた。

講師は有名な悪ね イヤイヤ 阿久根さん、岡部さん、鶴田さん、高橋さん、有名な方ばかりなので肩書きは不用であろう、非常に有意義な時間を有難う御座いました、そしてリミックスインター店に感謝です。

でメッチャ為に成った、下手っぴなwarioには刺激が強かった、内容は書いて良いのか解らないので書かないが色々再確認出来て次回あったら参加されると良いだろう。

ハプニングがあった、誰も書かないのでwarioが書こう、阿久根さんは天才肌なんだろう、説明が少し抜ける感がある、抜けた所を岡部さんが某船場吉兆の女将と息子の記者会見の様に小声でフォローする、何の事は無い、LSSの商品の説明をして欲しかっただけのようだ、一番前に陣取りしっかりその光景を見させて頂いた(笑)

で、ブリード用大人のオモチャ買おうか悩んだ、ハサミ、ニッパー、等非常に上級品であった、仕事に使えるレベルだ、使う事は無いが、品の割りには安かった。


でブリード物を2点購入させて頂いて横須賀アクア会の方たちと、前回スイハイさせて頂いた方と浦々邸にスイハイに行った、見慣れた水槽だったが前回スイハイ時より更に綺麗になっていた、水槽よりメッチャ美味しいロールケーキに夢中になった、購入先聞いておこう、クリームが美味しくてスポンジが美味しい両方美味しければ更に美味しいに決まってるよね♪

キンギョハナダイが欲しくて次の日もいっちゃった、キンギョハナダイ大きめだったので今回はパス、でもフラグツリーなるものが売っていたので購入、後、フラグも一つ追加で買ってもうた。

フラグ良いわ、名古屋に入りにくい珊瑚も購入出来て素晴らしい、今回購入したのはスパ2種?とハナヤサイ細身タイプこの細さはブリードの性かも?

warioの水槽では昼間ポリプ出ない(残念)
サンゴ礁では外せないテングカワハギの洗礼を受ける、3日間は我慢するしかない、その後は突きも少なくなって行くハズなんだが、スパはしょうがないにしてもハナヤサイまで突くなよなって感じ。
面白い事にフトトゲはあまり突かないようだ、テングカワハギはサンゴの掃除してくれて居ると思い込まないとサンゴ水槽では精神衛生上悪いのでそう思いこみましょう。


家にも最近入荷が止まっているサンゴがあるのでそれをブリードしておこう。


ブリード良いわ楽しいわ、フラグツリーもう一個買いに行こ。









最終更新日  2014年07月09日 10時29分23秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年07月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日、リミックスインター店でコーラルブリーディングセミナーがある。

何か、怪しい印象を受ける、もしかして催眠商法なんじゃないのって言う人も居るが、リミックスに限ってそのような事は無いであろう。

当日参加もOKな感じなので電話して参加してみて催眠商法かどうか確かめに行こう。

一部地元の方の中でも、リミックスのイベントに参加した事が知られるとあのお店の人に文句言われる・・・
と気にしているお客様もいるそうです。

てなブログ記事がありましたが


そんなデマは今時無いので安心して参加しましょう、この地方のお店はみな帰りに寄ってくれないかなってリミックスのイベントに好意的ですよ、名づけておこぼれ頂戴ハイエナ商法なんてな(笑)



ダメだ、warioが一番嫌われる。











最終更新日  2014年07月05日 18時09分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年06月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
バイオアクティフは良い感じだ。

添加剤も2種類入れるだけでOKな所が楽で良い。

前にも書いたが餌の処理能力が素晴らしい、ドンドン撒けるので有り難い、昔はスズメとキンギョの混泳は困難と思って居たが今なら行ける気がする、両者とも餌食いは早いので良いのだがさすがにコバルトには勝てない、今までのように餌が少ないとコバルトは平気でもキンギョへの餌まわりが悪い、沢山撒けば水が悪くなり魚に病気が出る、難しい綱渡りが必要だったが一挙に全て解決してくれたのがバイオペレットやバイオアクティフだ、事にバイオアクティフの歌い文句に水槽内の生物層を活発化し水の浄化に努める的な事が言われているが正にその通りでデトリタスも分解されて素晴らしいの一言だ。

もしこれを強制濾過で使用したら素晴らしい結果が出るのではないかと思う、濾過材の詰まりも起こらないのではないかと思われる、とは言っても濾過材自体が不要であろうが(笑)

驚くのはスキマーの汚れのつき方も少ない事だ、何処でとれてるのか不思議だ、BP系の場合透明度が上がるが水が黄ばんでくる、それが全く無いので活性炭も必要ないようだ。



でも又、CO2ボンベが空になっていた、でKH測ったら5だった。

で、超久しぶりに比重も測ってみた、比重は1.032だった、放置するとこの程度は上昇するようだ、RO水足して1.028まで落とした、CO2ボンベ稼動させてもKHは4まで落ちていた、比重下げれば落ちるよね。

昔から言われている事にKHは4以上をキープしろ、出来れば5何かあった時の安心の為6~7は必要とされてきた。

CO2添加増やして6まで回復したので、比重も1.026まで下げておいた、魚が喜んでいると感じる。

比重とKH位は測らないとね♪





なんか最近面白い水槽無いな~warioが知らないだけだろうか?

雑木林の様な時間の経過と共に熟成されて行く水景が見たいものだ。


















最終更新日  2014年07月01日 19時28分04秒
コメント(6) | コメントを書く
2014年06月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
バイオアクティフを初めて1wが経過した。

はっきり言って大した事無いだろうと思って居た。
塩の説明には今までに無い・・・て書いてあるが、話半分に読んでいた。
変えたのも80L程の半分程度で正味40L程であろう。

NPバクトペレットも20ml程度今までのバイオペレットに追加しておいた。
添加剤はNPバクトとA-を1プッシュだけ。

はっきり言って超簡単なんだが、働きが凄い、水の感じで餌の量を加減する事があるんだが、ハッキリ言って限界知らずと言った所だろう、今までの3倍は余裕で行けると思われる。
下手っぴだが10年間魚とサンゴで攻めの飼育をしてきて水を見る目は養ってきたつもりだ。
シュア缶一缶位入れても次の日には何も無かった様に回復しているであろう、面白過ぎで笑えるシステムだ。

天然海水に近いもしくはそれ以上の状態を保ってくれている、うたい文句は嘘では無いであろう。

海で言うと波照間の透明な海に、本島のサザリ辺りのプランクトンリッチな海水魚どっさりな良いとこ合わせどりな感じさえ受ける。

砂やLRも含め水槽全体で浄化している印象を受ける、サンプの沈殿デトも気になっていたがそれも無くなった。


こりゃ本物だ~よ。

アクエリアでも魚どっさり水槽行くらしいから楽しみだ~ね♪













最終更新日  2014年06月14日 17時01分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2014年06月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
悪エリアでバイオアクティフの講習を受けて来た。
てっきりレッドシーの奴だと思って居たwarioとは話がかみ合わない。
ペレットの話になった時気づいた、何か変だって。

でよく話を聞くと、トロピックマリンの商品らしい。
昔、ヨードが安くて多くのリーファーが使っていたが、突然無くなって、変な商品が一杯増えて帰って来た記憶が。
それが、バイオアクティフだったようだ。

専用のペレットと専用の塩とNPバクトバランスとA-エレメントで稼動させるらしい、K+エレメントも使って良いがNPバクトにはK+と内容がかぶるので使う時はK+を使った分だけNPバクトを減らすらしい、で塩買ったらNPバクトが入っていたので、単純にNPバクトとA-で稼動させる事にした。

バクトペレットは軽くて浮きやすいので既存のバイオペレットより使いにくい印象だ、弱い水流で稼動出来ると考えれば、使いやすいのか?まあ、どれでも一緒だろう。

で昨日、専用の塩使いたくて40Lの水換えとスキマーの掃除とバクトペレットを追加した、作り置きの海水が200L程あったのでそこに新しい海水200L追加して混ぜて使ったので新しい塩分は20L程度だろうか?何の変化も無いように思えたが、スキマーがブレイクしない、今まで1年以上使っているがこんな事は初めてだ、10時間後位にやっとブレイクしだした、何が原因かは不明、塩で海水がサラサラに成った性なら良いのだろうか?
近い内に再度40L水換えしてみよう。

ブレイク後のスキマーの働きも弱いようだ、汚れが取れにくい、これが良いことなのかは不明である、水換えも5%なのでこれから様子を見て行こうと思う。

NPバクトとA-は毎日1プッシュで行く事にした。

しかし、こんなに簡単に成って良いのだろうか。

この手のBPシステムはベルリンシステムの発展系であろう、餌やり多い時はこの手のBPシステムで回す方が楽に飼育出来る。

BPシステムの最大のメリットは栄養塩を気にしないので水換えに頼らないで済む所だ、だが1wに5~10%程度の水換えはしておいた方が後々楽出来るようだ。

BPシステムは透明度も非常に高いので照明的にも有利であろう。

このシステムの最大の売りは窒素と燐の比を修正するNPバクトバランスの添加であろう、餌やり多い水槽ではバイオペレットでも十分機能するようなのでこのシステム必要ないような気もするが?

餌やり多い水槽ではA-とK+で行った方が良いのだろうか?今度聞いてみよ。

後、リーフアクティフって奴もあるらしい、これも使ってみたい、これ使えば安価な塩で十分なのだろうか?
まあ、解らない事だらけなので様子見ながら聞きながらやって行こう。




なんてな、そんな訳無いわな、始めちゃったら勝手に適当になって行くんだよね、だから何時まで経っても下手っぴのまんまなんだな(残念)


最近の飼育はホント魚とSPSのコラボ水槽が増えて来た、昔はベルリンで苦労しながら行って来た事が嘘の様に簡単に手間もかけないで出来る様になって何故にアクアが盛り上がら無いのか不思議でしょうがない。


魚水槽でも何故に未だに従来濾過濾過なんてあるんだろうか?このシステムにすれば水換えも少なくて済むのにって思うのはwarioだけだろうか?
魚水槽なら2wに5%程度で十分だろうに。



















最終更新日  2014年06月11日 17時39分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月27日

ASM

カテゴリ:カテゴリ未分類
ASMに行ってきた。

何か入荷案内が一杯あったので見に行ったら、サンゴ販売水槽だいぶ変わっていた。

メインのSPS販売水槽の奥の確か2500×900×600の色々販売水槽が綺麗になってSPS販売水槽になっていた。
照明は体育館用のLEDと思われるドデカイのが3個ついていた、頑張って一杯入れるって事なので楽しみな限りだ、WARIOの気になった固体はトゲとショウガの先端蛍光黄緑の大きめ固体だ、光の届かない場所でも飼育可能なアクセントに良いサンゴだ。

後、入って直ぐのドデカイSPSリーフ展示水槽も大きく成長したSPSに圧倒される、やっぱASMがSPSを引っ張ってくれなければ盛り上がりに欠ける。

今、愛知ではアクエリアとリミックス(インター店)がSPSは頑張っているが、(港店)も入れだしたようだ。




話は変わるが、歯科医院での滅菌が話題に成っている、新聞に寄ると、歯を削る機械の滅菌率が30%との記事があった、そんな訳無いだろう、80~90%の歯科医院では滅菌しているだろうと思っていた、当たり前の事だが100%で無ければおかしな話なんだが、経費がかかるって話なんだが、一回の滅菌でかかる費用なんて10円程度、高くても50円位のものでは無いか、やっぱこの記事嘘だろってネットで検索したら、当医院では滅菌に力を入れて居ますって歯科医院のHPが一杯ヒットする、読んで見ると、歯を削る機械(ハンドピースと言うんだが)の滅菌率は通常の歯科医院では10%程度って説明文も、少し前ならこんな事HPに書かないよな、他との差別化の為の売り込みでみっともない行為なんだが、滅菌に対してのあまりにも酷い現実に対しての怒りのHPなのかも知れないと感じた。

だが、誰が何と言おうが、やっぱ100%で無ければおかしいのでこれが良い機会になれば良いのだが。
でも、不安に感じて来院される方が減るのもな~やっぱHPでアピールしなきゃいけない時代なんだろうか。

ハンドピースの消毒の為の先端を高温なオイルにつけるオイルライザーって機械が売り切れで待ちが出てるようだ、これは中途半端な機械で、これでは滅菌とは言え無いのだが、やらないよりはマシか、これに走っていてはダメだろう、全体が浸かるタイプなら良いだろうが。


そう言えばこの前、被せ物を作る為に形をとるのだがそれを消毒する薬剤があるのだ、滅菌、滅菌ってHPで言っててもこれ使ってる医院殆ど無いですよって話になった、患者さんに対しては頑張っていても技工士さんに気を使っている歯科医院があまりにも少ない事を感じた。

歯科医院なんて食うのがやっとなホント寂しい職業なんだが、一杯働くのも嫌だし、丁度良い程度に働ければ良いな~
家もHP作ろうかと考えたが仕事増えたら嫌なのでや~めた。
















最終更新日  2014年05月31日 17時31分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ラディオン良いわ、単独使用でもマズマズの感じなんだがSCとの併用で驚きの良さを発揮する。

一番良い所は広角に照射出来るのに灯具自体が小さい事、現在ラディオン2台にSC3台で丁度良い感じだ、4台なら完璧だろう、いや~良い時代にアクア始めれて良かったな~♪


で、何時の間にか今の水槽10年以上使ってしまった、そろそろ入れ替えしたいな~

途中、フランジ切り取ってよくもってくれた、まだまだ使えそうだがとにかく石灰藻がつきすぎなのと、傷が半端無いので換えたいな。

センターフランジ無しで行ける1200×1100×600位で行こうかな~

サンプも台も作り変えたいが面倒なので水槽だけで良いかな?

手の届く所にサイドフロー2個で行こうかな、見た目カッコ悪いけど、今の位置のOH管手が届かないんだよね。

宝来屋さん覚えているかな~?見積もりとってみよ。










最終更新日  2014年05月14日 18時02分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.