000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

aqua field

全153件 (153件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

水槽

2009年10月09日
XML
カテゴリ:水槽
MA誌に載っていたZEOvitを使った良い感じの海外の水槽があったので真似っこして見ました。

久しぶりにアクエリアに行くと黄緑系のスギ?があったのでお持ち帰りしました、後BPシステムもどきの家の水槽でもMA誌の様に綺麗に成るか試したくて深場系のサンゴも初挑戦しています、BPにしてから少しサンゴの好みが変わってきたかも?

2009,10.8


真ん中の黄緑系のサンゴがMA誌の様に、爆成長してくれたら良いな~♪


2009.10.8


LR抜き後最悪の状態から3ヵ月が経過しやっとサンゴも落ち着き出しているので、これから復活の日記になって欲しいです。
サンゴの成長点も少し切れ出したので、後は成長点がドンドン増えて真上に成長すかな?

でもBPシステム、未だにPが0.1弱あるので、超低栄養塩飼育には成っていないです(残念)


今回のMA誌に出ている水槽は皆良いですね~いつかあんな水槽に成ればな~と夢が膨らみますよ。









最終更新日  2009年10月09日 18時52分48秒
コメント(28) | コメントを書く


2009年10月05日
カテゴリ:水槽
SUGENOさんからスキマーやサンプからの気泡もサンゴに大丈夫かとの質問が有りましたが、私の言っている気泡はPHに咬ましたエアーの事で特にスキマーからの気泡はサンゴに良く無いと思います。

スキマーの気泡は水槽の中で一番汚れた汚泡と考えた方が良いと思います、なので物理濾過で取除くか、スキマー排水の位置を考えたり、アクリル板で仕切りを作ったりその水槽に合わせた対処が必要に思います、特に大型ポンプを使うスキマーは注意が必要に思います、出来れば、サンプの落下部に排水した方が無難ですかね。

スキマーも含めたサンプの設計が重要に思います、設計の無いサンプを使っている私が言えた事では無いですが。

BPシステムに移行した時にいくら大型スキマーがあっても、サンプで回している限りメイン水槽の酸欠解消には限界があるので、特にサンゴの沢山入っていて魚もと言う方はメインにエアーをぶち込む必要性が出てくる可能性がありますのでその時はサンゴの事は気にしないで躊躇無くぶち込んで欲しいです。

私が、砂を抜いて底でかき混ぜているのは底での酸欠防止の為なんですよ、一応、前回の失敗から学んだ結果なんですが、今度は中層で酸素が上手く回らなく成っています、最初からエアレーションでやればこんな大胆なシステムにする必要無かったかもね(笑)


魚やサンゴが酸素を使うのはOHなら全く問題無い程度ですが、バクテリアに餌与えてドンドン増やすシステムでは酸欠は何時起こっても可笑しくないと思われます、なので今の所、生餌やりは控えています、アサリが使える水槽に早くしたいです。













最終更新日  2009年10月05日 12時15分15秒
コメント(11) | コメントを書く
2009年09月14日
カテゴリ:水槽
ジャイアントダメゼルが成長しだしました、段々大きくなるスピードが増しているような?
5年程前は可愛いかったのに、今では、グレと黒鯛を混ぜた様に成って来ました。

こいつが結構新しく入る魚を虐めるのですよ、まあ、ジョウフィシュやゴンベの様に食べちゃわないので、隠れる所があれば、3日程で相手しなくなるので良いのですが、元気の無い魚だと、困った結果に成っちゃいます。


2009.9.12


Gダメゼルが居るお陰で、オレンジテールデビルが大人しくしています。



2009.9.12


昨日、シテンヤッコ2匹とクロシテンをメイン水槽に入れましたが、かなり攻撃されてましたが、今日は落着いて、距離をとりながら、泳いでいます。
先日入れたミゾレもやっと馴染んだ所だったのに、とばっちりを受け、追われる羽目に成っちゃいました、ミゾレはチョウとは思えない程タフなので助かっています。


後は、ハクテンカタギの放流が出来るかどうか?それが大きな問題です、今のまま飼育しようかな、でも広い所を泳がせたいし、やっぱりGダムゼル取り出すべきかな?










最終更新日  2009年09月14日 12時15分10秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年09月09日
カテゴリ:水槽
最近、魚の餌付けに嵌ってしまい、サンゴに興味が薄れ放置状態でした、知り合いと昨日話しましたが、面白い話が聞けました。

サンゴって見てると、イライラする、スズメダイも泳ぎ回ってうっとおしい、面白い意見でした、言われて見れば、そうかも知れないな~自己満足の世界かもね~

放置状態のメイン水槽です。



2009.9.8



ハクテンの餌付けですが、粒餌だけに切り替えています、サンゴはそのまま入っているので、それを突きながら、餌も食べてくれているのかな~


2009.9.8


2009.9.8


サブ水槽はミゾレチョウが居なくなったので、少し静かに成っています。












最終更新日  2009年09月09日 11時16分18秒
コメント(16) | コメントを書く
2009年09月08日
カテゴリ:水槽
巷で話題のバクテリオプランクトンシステムですが、EMを使ったり、Vodkaを使ったり色々面白いですね、私は基本に忠実にプロディビオを使おうかと思いましたが、ちと値が張りますので、不景気バージョンでお送りします。

使用法、
2Lペットボトルに海水を1.5Lいれて、其処に、バイオダイジェスト1アンプル、開封してガラスごといれ(勿体無いので)、其処に、バイオプチム1アンプル、これも同じ様に入れ、よくシェイクします、それを半分程水槽へ入れ減った分だけ海水を足しておきます。

2日目、同じ様に、シェイクして半分投入、そして、減った分だけ海水を足し、其処へ、リポビタンアミノを1滴入れて振っておきます。

3日目からはこれの繰り返しです、2wたったら又、最初のバイオダイジェストとバイオプチムからです。
これなら、大きな水槽でもランニングコストを抑えられますし、炭素源の添加としては安全な範囲内での使用が出来ますが、他の成分での危険はあるかも知れないので注意が必要ですかね。

1年?バクテリオプランクトンと取り組んで失敗の上完成した方法です、もしかすると、ず~っと様々なバクテリア(バイコムやバイオダイジェストなど)を使ってこの方法を10年以上追い続けて来たように思います。

水槽外で培養して、水槽内で働かせる、この考えはリスク低下に貢献すると思われます。
そして既製品のバイオダイジェストを使ったのは、いつでも、誰でも簡単に同程度の培養が出来き、再現性に優れているからです。



お金に余裕のある方はプロディビオで行かれるのも良いと思いますが、私はこちらの方法の方が好きです。







西の師匠~今回の取り組み結構良いんでないかい?奥深い考えですよね、失敗は災いの元に成らなければ良いのですが(笑)





メイン水槽どうなった~の声が有りましたが、見せれる状況では無いので、もう少しお待ちくださいね、ミゾレはタフなのか馬鹿なのか、いくら追い回されても、恐々ですが泳ぎ回っています、3日のんびり避暑してれば、良いのに。










最終更新日  2009年09月08日 17時20分43秒
コメント(16) | コメントを書く
2009年09月07日
カテゴリ:水槽
ミゾレチョウが大きくなり、餌付け用サブ水槽が手狭に成って来たのと、他の魚の餌付けがしたくて、ミゾレチョウ2匹をメイン水槽に放流しました。

いきなり、ヨスジとジャイアントダムゼルの攻撃に合ってしまい、岩陰に2匹そろって隠れています、丁度撒いた餌が沈んで行く場所なので一番沢山餌食べて居るような?スズメの記憶力は3日位だと思うので頑張って乗り切っておくれ、でも見てると、ワザワザ出て行って、チョッカイ出してるのは、ミゾレの様な気が、もしかしてお前ら遊んでいるの?
怖いもの無しな感じのミゾレですが、逃げる時は必死なのは何故、ただのお馬鹿?

まあいいか、上手く付き合ってくださいな。


シテンヤッコ幼魚って綺麗な魚で好きです、シテンヤッコ乱舞水槽も良いかな?
喧嘩するのかな~ご存知の方教えてくださいね。











最終更新日  2009年09月07日 12時10分54秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年09月02日
カテゴリ:水槽
実は、ハクテンカタギ2匹が原因不明な病気?背鰭付け根の内出血、初期は中が茶色に見える状態で2匹を隔離しGFG漬けと点眼薬(抗菌剤)で治療していましたが、残念な結果に成ってしまいました、某私と縁が深いブログ見ていると、病気から復活したチョウがヨコエビ食べてるとの記事が、ひょっとして俺の事好きなのかよ、俺へのアドバイスかな?
そんな訳ないか、でもヨコエビ、砂虫、子供の頃からチクッと噛まれ嫌な思い出が、どうも彼らに鰓に入られたら嫌だと言う先入観で与えづらいんだよね(スマイル)



2009.9.2


残った2匹はそろそろ1ヶ月位ですが、進展無く、サンゴは食べて居るが、粒餌は不明、ピュアで練った餌を少しついばむ程度、一口啄ばんでは首?を振り(マズ)って聞こえてきそうです。
まあ、痩せてきていないので、じっくり行くことにします、同じ水槽に入って居たので、病気の感染が心配ですが、今の所は無いようです。



2009.9.2


餌撒くと、沈んだ餌に寄っては来るのですが、食べてるところは見れないです。













最終更新日  2009年09月02日 19時03分28秒
コメント(32) | コメントを書く
2009年08月24日
カテゴリ:水槽
ヤセ気味のハクテンカタギが☆に成っちゃいました。

餌(サンゴ)を食べて居ても痩せていく子だったのですが、残念で仕方無いです、でも少し学んだ事があり、スギ系ミドリイシとイボハダハナヤサイが大好物のようです、ショウガサンゴはあまり好きでは無いようです、ムカシサンゴは少し好きな感じかな?枝コモンは?ハマサンゴは少し突く程度です。

今回餌用サンゴを貰って来たので、色々なサンゴで何が好きか試して行きますね。

早く、メイン水槽の調子が上がって、餌に不自由しなくなれば良いのですが、もう少しかかりそうで。

2009.8.25


顆粒の餌は未だ食べて居るか?です。

大きい魚は難しいのかな?

しびれを切らし、アサリをやってみましたが、スカンク以外食べないのは何ででしょうね。


2009.8.25

クロシテンのヒレにリムフォっぽいのが付いて来ました、また、リポビタンアミノ漬けの餌の与えすぎかな?


粒餌食べの見本入れたミゾレチョウがハクテンカタギに影響されサンゴも突き出しました、想定外だよ~ん。



2009.8.25


ユウゼン玉みたいに、ハクテン玉に成ってくれると良いのですが、あまり集団行動は苦手なようです。









最終更新日  2009年08月25日 10時27分03秒
コメント(34) | コメントを書く
2009年08月19日
カテゴリ:水槽
今回の水槽はベア?タンクにして、魚水槽に移行中なので、今サブ水槽で、魚の餌付けを2w程前から始めました、今入っている魚は、ハクテンカタギ4匹、シテンヤッコ、クロシテン、ニシキヤッコ、ミゾレチョウ2匹の計9匹です。スカンクも2匹居ますが。

シテンヤッコとクロシテンとミゾレチョウは餌には全く問題無いのですが、ニシキヤッコの食が細く、少し心配です。


一番の問題児はやはりハクテンカタギですね、サンゴを突いて居るのですが、一番小さいのが痩せてきています、3日前に白点が少し出ており、小さいのは、顔の横に出て居たので、淡水浴がてら、爪で取除いておきました。そろそろ第2弾が出てきそうなので要観察です。

餌はシュアーとCOM2とエロスのアミノ酸をリポビタンアミノやEMや味醂や酢やサンゴの枝の砕いたので練ったり色々試していますが、未だ、餌を食べて居るのは確認出来ていません。
何故に、飼育技術も無いのに、と思われるでしょうが、好きだからお許しくださいね。




2009.8.18


クロシテンが小さくて、ハクテンカタギの稚魚に見えるのは、私だけかな?




メインタンクは遠くで見ても酷いですが、近くで見るともっと酷いです。


2009.8.18


これで、一月位経つのかな~?そろそろ安定してきて欲しい所ですね。














最終更新日  2009年08月19日 12時47分42秒
コメント(20) | コメントを書く
2009年08月17日
カテゴリ:水槽
メイン水槽の調子も良く無いし、と言うか酷いし、サブ水槽での魚の餌付けもあまり進まないし、白点少し出てるし、と言う事で、ミゾレチョウを2匹追加しました、この子達がパクパク餌を食べてくれれば、一緒になって食べてくれるかな?なんて構想です。

そんなに、上手く行かないですよね、サブ水槽に入れた珊瑚も白化してきているし、水流と水質に問題有りです、魚は喜んでサンゴ、ツンツン食べてくれているし、今日の私は愚痴ばかりです。

休み明けなのに、どういう事ってくらい、落ち込んでいます、ガハハハハ~


さーてこんな時はビール飲みながら水換えでもして元気貰いますか?



写真、載せれない位ヒドピーよ!









最終更新日  2009年08月17日 19時12分47秒
コメント(46) | コメントを書く

全153件 (153件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.