561276 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たいちゃん(福山型筋ジス)と私の物語

PR

X

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

福祉

2017.03.26
XML
カテゴリ:福祉
たいちゃんは週2回の訪問入浴と、生活介護(通所)から帰ってきたあとにベッド上で全身ケアをして体の清潔を保っています。
全身ケアとは、洗髪、洗顔、手浴足浴、清拭、更衣まで。

体の状態(褥瘡の有無、皮膚の状態)の確認や左右を向くので呼吸器回路の着け外し、呼吸・心臓に負担ないか、の確認などは訪問看護師さんが行いながらケアを進めていきます。

ですから、ヘルパーさんと訪問看護師さんが同一時間帯に同時訪問してもらわないといけないのです。

そのことを区役所の担当に伝えると、介護保険の文章を出してきて、(老企第36号)
「利用者は、同一時間帯にひとつの訪問サービスを利用することを原則とする。た だし、訪問介護と訪問看護を同一利用者が同一時間帯に利用する場合は、利用者の 心身の状況や介護の内容に応じて、同一時間帯に利用することが介護のために必要 があると認められる場合に限り、それぞれのサービスについて、それぞれの所定単 位数が算定される。・・・」


ということで、例外的に認めるには子どもの状態把握のための必要書類(医師の意見書等)を揃えて提出してください、でも判断できないこともありえますと言われました。

ここで疑問。
たいちゃんは23才。障害福祉サービスを利用です。介護保険ではありません。
どうして介護保険が適用されるの?
適用するという根拠は?
そのことについて区役所担当と本庁に問い合わせましたが、納得いく説明がありません。

本来、障害福祉サービスと医療保険は別物のサービスであって、同時併用は可能なはずです。
状態把握をするための書類が必要なことは理解できますが、同時併用を認める認めないはおかしいと思います。

いろんなところから情報を集めました。
弁護士と障害者の会全国ネットの方から、「直接厚労省の障害福祉課に電話して聞いてもいいですよ」と言われたので、厚労省にも電話してみました。(これは思い切りが必要でした)

どこからも「同時併用は可能」と言われたので、区役所と本庁の担当者に伝え、
本庁担当者は厚労省に電話でやり取りをしてくれたようです。
その結果、「状態確認はさせてもらいますが、同時併給は可能」と判断してもらいました!!

私のところだけでなく、これで今後、介護保険を適用されて反論できずに泣き寝入りする人はいなくなると思います。(と願いたい)

すぐに動いてくれた担当者、お知恵をくださった方々に感謝いたします。



参考までに
埼玉県草加市でも同じように声を上げた方がおられて、議員さんの協力を得て「可能」と回答を得られていました。(2月末facebookより)






Last updated  2017.06.01 00:44:28
コメント(4) | コメントを書く


2016.05.15
カテゴリ:福祉
以前から気にしていた、災害時における障がい者の避難場所について。
「福祉避難所」というのがありました。

厚労省では、
福祉避難所とは、既存の建物を活用し、介護の必要な高齢者や障害者など一般の避難所では生活に支障を来す人に対して、ケアが行われるほか、要援護者に配慮したポータブルトイレ、手すりや仮設スロープなどバリアフリー化が図られた避難所のこと。

でも、1か月前の熊本地震ではそれが機能しなかったようだ。

福祉避難所設置数に格差 熊本地震で課題浮き彫り [佐賀県]
「2度の震度7に見舞われた熊本県益城町では、事前に5カ所の福祉避難所を指定していたが、一般の避難者も利用して混乱。今月10日ごろまで開設できず、いまだに十分機能していない。」


「災害弱者」の受け入れ、福祉避難所は機能したか



神戸にも福祉避難所は設定してあります。
災害時の避難先(緊急避難場所・避難所、福祉避難所)

だけど、そこに直接にはいけません。
施設自体の被災や開設に必要な人員の確保の遅れなどで、指定施設に要援護者を受け入れる手配が整わないことも予想されるためだから、だそうです。


福祉避難所への避難の流れ
1.避難が必要な方は、まずは、お近くの小学校などの避難所へ避難いただきます。
2.ケースワーカー、ヘルパー、保健師等が避難所を巡回し、本人やご家族の意向や状況を確認したうえで、市が対象者を決定します。
3.福祉避難所での受入を決定した方は、家族等の支援により移動いただきます。移動手段が無い方は、災害時、区において開設する移送を要する要援護者の受付窓口へご相談ください。


神戸市が指定している福祉避難所は、ほとんどが地域福祉センター。
そんなに大きくないので、高齢者も含めるといっぱいになりそう。。


昨年の記事ですが、こういうのがありました。
神戸大学の高田先生がコメントしておられました。

重度心身障害児の避難支援 医療従事者の8割対応考えず






Last updated  2016.05.16 00:41:52
コメント(2) | コメントを書く
2016.02.21
カテゴリ:福祉
【カキコミ募集(1)・4月放送】「医療的ケア児」あなたの悩み・必要と思う支援 教えて下さい!

障害や病気のため、たんの吸引や経管栄養などの医療的なケアが必要な「医療的ケア児」。
高齢出産や医療技術の進歩とともに、そうした子どもたちが増えています。
これまでの福祉制度では十分想定されていなかったため、支援を受けられずに悩む家庭も多いといいます。

医療的ケアが必要なお子さんを抱える保護者のみなさん
医療や福祉の現場でそうした子どもたちと接するみなさん
 ▼今、どんなことに困ったり悩んだりしていますか?
 ▼どんな支援や制度があったら、安心して暮らせますか?

「相談できる人が誰もいない」
「通学バスに乗せてもらえず 学校に通えない」など
みなさんの体験談、ご意見を募集します。
ぜひ、あなたの生の“声”をお寄せ下さい。お待ちしています!
 
 
 

「神戸市障がい者保健福祉計画2020」(案)について、市民の皆様のご意見を募集します

 <意見募集期間>

 平成28年2月8日(月曜)~平成28年3月8日(火曜) 







Last updated  2016.02.22 00:31:23
コメント(2) | コメントを書く
2016.02.09
カテゴリ:福祉
「神戸市障がい者保健福祉計画2020」(案)について、市民の皆様のご意見を募集します


◆意見募集期間◆
 平成28年2月8日(月曜)~平成28年3月8日(火曜)


◆閲覧資料及び配布資料◆
「神戸市障がい者保健福祉計画2020」(案)

 神戸市障がい者保健福祉計画 2020(素案)(PDFです)


5年ごとに福祉計画の見直しをされているようです。

以前のものはこれ → 『神戸市障がい者保健福祉計画2015』の策定


施策推進協議会委員に重心の在宅委員さんがおられないので、できるだけここに意見を送ってもらいたいと思います。







Last updated  2016.02.10 01:01:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.09
カテゴリ:福祉
Yahoo!ニュースです。
こちら

学校看護師さんに対して威圧的な言葉をあびせた保護者がいて、学校は看護師さんの立場を守ることができなかったのでしょうか? 対応はどうだったのでしょうね。

課題はいろいろあるのでしょうが、
学校看護師さんの立場を安定的なものにすることは必要です。
それは学校や行政が考えないといけないこと。

そして私たち親は、私たちだって最初は恐る恐るケアを行っていたのだから、最初から完全にできる人はいない、子どものケアを少しでも早く覚えてもらえるよう協力する気持ちでいないといけないってことを親同士で話し合っていかないといけないですね。

こういうニュースが流れたせいで、重心、障害に対する風当たりは強くなるかもしれません。
世の中には、生き辛い人たちはいっぱいいる。
私たちだけじゃない。

私たちの生活は社会に助けいただいているんだということを心に留め、
支援してくださる人や社会に感謝しながらも、その上で共感得られるような訴え方をしていかないといけない。







Last updated  2015.06.10 07:13:55
コメント(4) | コメントを書く
2015.05.03
カテゴリ:福祉

4月中ごろに神戸市の障害福祉課からアンケートが届きました。

障害者施策をよりよいものにと考えてのことだそうです。

障害者手帳を持っていて障害福祉サービスを利用している人の中から、ランダムに選んでアンケートを送ったと書いてあったように思います。

全部で26ページもありました。

個人の生活のことから災害時のこと、差別受けたことあるかとか、差別受けない社会にするにはどうしたらいいと思うかとか、個人の想いをいろんな角度から聞かれていました。

このアンケートを受け取った瞬間・・・

「よくぞ、私のところへ来てくれました!!」  なんて思ったんです。

今年2月に、「障害福祉サービス等報酬改定」がなされて、言いたいことがいっぱい!!

もっと私たちの声に耳を傾けて!!  と思っていたところだったんです。

国が決めた制度であっても、まずは住んでいる自治体へ声をあげないとね。

今回は個人の想いを聞いてくれているので、

がっつり と書かせてもらいましたグッド







Last updated  2015.05.03 23:04:08
コメント(2) | コメントを書く
2015.04.24
カテゴリ:福祉
今日、重心で医療的ケアがある子どもを持つお母さんから電話がかかってきました。

ずっと自動車税を払ってきてたんだけど(1/2の額の模様)、本当はどうなの?って。



障害のある方に対する自動車税・自動車取得税の減免制度の見直し(兵庫県)


障害のある方に対する自動車税・自動車取得税の減免のお知らせ(PDF:59KB)



車の名義によって変わってきますが、療育手帳A判定であると家族所有でも全額免除になります。

うちは、今のスロープ車に買い替えた時に平成24年に減免制度の見直しがあったことをディーラーさんから聞いていました。

電話かけてきたお友達、来週早々に県税事務所に行ってみると言われていました。






Last updated  2015.04.24 23:52:37
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.22
カテゴリ:福祉
先週、スマイル主催の保護者会がありました。
「生活介護」の基本報酬が引き下げられたことによる話しでした。

一番の問題は「開所時間減算」  P10

「開所時間が4時間以上6時間未満の場合、所定単位数の15%を減算」

こんな数字が出てはホントに困る!!

重度障害の人は、ギリギリの体調の中であっても、
毎日の生活のQOLを保つために行っている「生活介護」だから、
現行の5時間が精一杯、6時間はしんどいこともあります。

この問題をクリアするために、いろいろと考えなおさないといけなくなりました。

子供たちの生活の場を守る、家族の生活を守るためにもスマイルは大事。

利用者である私たちも気を引き締めていかなければ。。






Last updated  2015.03.22 21:41:31
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.24
カテゴリ:福祉
来週、行われることになりました。

泰輔に関わってくれている6つの事業所が集まってくれます。

生活介護のスマイル、ヘルパーさんの2つの事業所、訪問看護ステーション、訪問入浴の事業所と
計画相談支援をしてくださる事業所の方。

そして、神戸市の区役所健康福祉課の方も来てくださるそうな。

集まってくださる方々に感謝。




今年に入ってからのたいちゃんの病状進行による生活の見直し。
主たる介護者の私の突然な体調不良。

今後もたいちゃんの病状によっては自宅療養もあるだろうし、私が一時的に介護できなくなることもありうる。

たん吸引できるヘルパーさんは今はお一人だけだけど、複数いてくれてたほうが有難い。

こういった顔を合わせての話し合いはそうそうないだろうから、ちゃんと話しあうことを考えておこう。

そして、私からもたいちゃんの情報提供がしっかりできるように準備もしておこう。








Last updated  2014.11.24 22:51:45
コメント(2) | コメントを書く
2014.10.09
カテゴリ:福祉
たいちゃんの計画相談が始まった。

まず、アセスメント(問診)で来られ、それをもとに計画相談する事業所が計画案を作る。

今日はその計画案のすり合わせに相談員さんが来られた。

内容を修正するところは修正し、出来上がったものを相談員さんが市へ提出。

計画の見直しは半年ごとにしてくれる。

たいちゃんの計画の目標は、
「突発的な体調変化にもすぐに対応できるよう医療体制を整えながらも自立した生活ができるようにする」こと。



相談員の人に聞くと、来年の3月までに障害福祉サービスを利用している人全員の計画をしないといけないらしい。

とりあえずは福祉サービスを多く利用している人からしているそうな。

親が「セルフプラン」を立てる場合もあって、それは相談員さんは入らずで行政にしたら手間いらずなんだろうが、
第三者にはいってもらうことでサービスの利用の仕方を一緒に考えてもらえるから助かるところもある。



昨日は加古川西市民に皮膚科(バイパップの褥瘡あと)、小児科(筋ジス)、小児外科(胃ろう肉芽)と受診。
通院等介助でヘルパーさんに同行してもらった。
通院に6時間半かかりました。

疲れました。。







Last updated  2014.10.09 12:15:04
コメント(6) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.