2492115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全12件 (12件中 11-12件目)

< 1 2

富士急行

2012.07.22
XML
カテゴリ:富士急行
740.JPG


6001編成(元ケヨ25編成)の車内です。全体的には205系の特徴を残しつつ、暖かみのある車内に改造されています。床は木目調になり、シートモケットも交換されました。ドアはラインカラーと同じ水色に塗られています。


037.JPG


懐かしい京葉線時代の車内。京葉線の205系は他の路線と異なり、シートモケットが青いのが特徴でした。


742.JPG


車内のプレート。この車両はモハの先頭化改造車で、南武線などと異なりクハのパーツを取り付けて0番台とほぼ同じ顔つきとなっています。また、号車札もきちんと付けられています。


741.JPG


製造時からあった「日立」のプレートと、改造を担当した「東日本トランスポーテック」のプレート。JR東日本の関連会社による改造でした。


撮影日:12.07.14






Last updated  2019.09.07 18:53:38


2012.07.09
カテゴリ:富士急行
399.JPG


富士急行線といえば、富士急ハイランドや河口湖への観光輸送を担う路線であり、JR中央本線からの直通運転も実施されています。そんな富士急行線に、京葉線から205系がやってきました。富士急行では「6000系」という形式です。

写真は元ケヨ22編成の6501編成。京葉線では10両編成でしたが、ここでは3両編成で運用中。富士山をイメージしたブルーのラインが爽やかです。

この車両のデザインはJR九州や和歌山電鐵などの電車のデザインを手掛ける水戸岡鋭治氏によるもので、富士急行線では下吉田駅のリニューアルも手掛けました。この編成は一段下降窓の205系量産車で、試作車(二段窓)が4本あった京葉線の中で当時から異彩を放つ編成でした。


161.JPG


京葉線で活躍していたケヨ22編成。

私は高校の授業後、蘇我までよく京葉線を見に行きましたが、その時に必ずといっていいほど遭遇していたのがこの編成でした。何度も乗車したり撮影したりと、本当に思い出深い車両です。そんな車両が、現在在住している山梨でも見られることに何らかの縁を感じます。


402.JPG


中央本線に直通する115系M8編成と並ぶ6501編成。蘇我駅などでみられた横須賀色車両(113系)との並びが、場所と相手の車両を変えてここでも展開されています。



624.JPG


こちらは元ケヨ25編成の6001編成です。205系量産先行編成の特徴である二段窓が、いい味を出しています。


168.JPG


京葉線で活躍していたケヨ25。こちらも私の遭遇率の高かった車両で、京葉線で初めて見た量産先行編成でもあります。クハ205-2以下10連で、メーカーは日立です。


今後も富士急行線には6000系が導入される予定となっています。
二段窓の元ケヨ26、27編成が改造されるようです。

今までお世話になった車両だけに、とても感慨深いです。思い出深い205系を導入してくれた富士急行に本当に感謝しています。


撮影日:10.08.30(京葉線蘇我駅)12.06.10(富士急行線谷村町駅)






Last updated  2019.09.07 18:52:34
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 11-12件目)

< 1 2

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.