2391684 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

踏切の旅~東海道本線静岡地区

2016.05.11
XML

IMG_8403.JPG


興津にある寺院で代表的なものに「清見寺」があります。国道側の入口から階段を上がると、突如現れるのがこの踏切です。清見寺の敷地内にあり、踏切を越えてさらに階段を上がると本堂があります。

東海道本線が建設される際、ルートの関係で清見寺の境内を鉄道が横切ることとなり、それに合わせてこの踏切も設置されたものと思われます。


IMG_8402.JPG


反対側はこのようになっています。歩行者しか通行できませんが、幅は広めに取られています。


IMG_8405.JPG


踏切を313系が通過していきます。


IMG_8399.JPG

IMG_8400.JPG

清見寺踏切 165K290M

所在地:静岡県静岡市清水区興津清見寺町

撮影日:16.01.07






Last updated  2016.05.11 23:12:56


2016.05.08

IMG_8393.JPG

IMG_8396.JPG


非常に小さな踏切です。幅は1M程度と非常に狭く、人以外の通行は困難です。この先には通称「興津不動尊」と呼ばれる浪切不動尊があり、そこへの参道となっています。踏切名もそこから取られています。ちなみに、不動尊は先述の「耀海寺」の敷地内にあります。


IMG_8394.JPG

IMG_8395.JPG

不動尊踏切 164K927M

所在地:静岡県静岡市清水区興津本町

撮影日:16.01.09






Last updated  2016.05.08 17:08:48
2016.05.04

IMG_8432.JPG


先述の「第三興津踏切」から少し進んだ場所にある小さな踏切です。交差する道の幅が狭いため、歩行者専用の踏切となっています。

踏切名の通り、奥には「耀海寺」という寺院があり、そこへの入口となっています。


IMG_8390.JPG

IMG_8392.JPG

耀海寺踏切 164K673M

所在地:静岡県静岡市清水区興津本町

撮影日:16.01.09






Last updated  2016.05.04 10:39:47
2016.05.03

IMG_8389.JPG


興津駅の清水寄りに隣接している踏切です。交差する道路は狭いですが、奥に住宅が集まっているため交通量は比較的多いです。しかし、車は1台しか通行できないため歩行者は通行しにくそうです。


IMG_8388.JPG

IMG_8387.JPG

第三興津踏切 164K513M

所在地:静岡県静岡市清水区興津本町

撮影日:16.01.09






Last updated  2016.05.03 22:18:57
2016.04.28

IMG_8435.JPG

IMG_8439.JPG


今年1月に興津駅周辺に行ったときに撮影したものです。興津駅の由比寄りに隣接している踏切で、古くからの住宅地の中にあります。交差する道は狭いですが、交通量は思ったより多く歩行者にとっては危険な踏切です。

踏切名は隣接する興津駅からそのまま取られています。非常ボタン案内の表記を撮影し忘れてしまいました。


IMG_8438.JPG

第二興津踏切 164K150M

所在地:静岡県静岡市清水区興津中町

撮影日:16.01.09






Last updated  2016.04.28 22:24:11
2016.04.24

IMG_9510.JPG


こちらの踏切も住宅地の中にあります。先述の「梅屋敷踏切」より狭い道路と交差しますが、利用者は意外と多かったです。

踏切名は所在地の地名が由来となっています。


IMG_9511.JPG

IMG_9509.JPG

松岡踏切 147K623M

所在地:静岡県富士市松岡

撮影日:16.03.17






Last updated  2016.04.24 14:18:05

IMG_9506.JPG


住宅地の中にある比較的広い道路と交差する踏切です。この辺りは住宅が密集しているため、交通量も多くなっています。この踏切の富士寄りに電車の留置線があり、東海道本線や身延線の車両が留置されています。

踏切名は周辺の小字が由来で、付近には「梅屋敷公園」などもあります。「梅屋敷」という地名がどのような由来で付けられたのか気になります。


IMG_9507.JPG

IMG_9505.JPG

梅屋敷踏切 147K476M

所在地:静岡県富士市松岡

撮影日:16.03.17






Last updated  2016.04.24 14:12:28
2016.04.18

IMG_9514.JPG


富士~富士川間最初の踏切です。富士駅周辺から広がる住宅地の中にある踏切で、交通量が比較的多いです。この踏切は身延線と共用で、ラッシュ時などは遮断回数が多くなっています。

踏切名の由来は不明です。また、この踏切の銘板には身延線のキロ程のみが記載されています。


IMG_9513.JPG


富士方を見ます。東海道本線、身延線ともに複線なので、まるで複々線に見えます。左側の2線が身延線、右側の2線が東海道本線です。


IMG_9512.JPG


富士川(柚木)方を見ます。身延線は、この先でカーブを描いて東海道本線と分かれていきます。


IMG_9517.JPG

IMG_9516.JPG

IMG_9515.JPG

塩沢踏切 146K745M(東海道本線)/0K582M(身延線)

所在地:静岡県富士市水戸島・元町

撮影日:16.03.17






Last updated  2016.04.18 11:32:17

IMG_9533.JPG


先述した東海道本線の踏切の手前にある日本製紙専用線(貨物線)の踏切です。第4種踏切となっていて、列車が通るときは係員が配置されるものと思われます。名称は東海道本線と同じですが、踏切の管轄はJR貨物となっています。


IMG_9535.JPG


富士駅方を見ます。奥が富士駅で、線路は側線につながっています。


IMG_9536.JPG


工場方を見ます。線路はまだまだ先まで続いているので、次回はぜひ全線を見に行ってみたいです。


IMG_9534.JPG

蓼原踏切(キロ程不明)

所在地:静岡県富士市横割

撮影日:16.03.17






Last updated  2016.04.18 11:18:17
2016.04.17

〈熊本県・大分県を震源とする地震で被災された皆さまにお見舞い申し上げます。そして、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。〉


IMG_9537.JPG


富士駅の吉原寄りに隣接している踏切です。富士山を望む住宅地の中にあり、踏切のバックにも富士山が見えています。周辺は住宅のほか、工場や倉庫などが密集しているため踏切の交通量は多いです。また、貨物列車の入換もあるため遮断時間が長い時があります。この手前には日本製紙専用線の第4種踏切があります。

踏切名はの付近の地名が由来となっています。


IMG_9532.JPG

IMG_9538.JPG

蓼原踏切 145K334M

所在地:静岡県富士市横割・下横割

撮影日:16.03.17






Last updated  2016.04.18 10:58:24

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.