2382699 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

踏切の旅~中央本線

2015.12.18
XML

IMG_7478.JPG


先述の「誓願寺踏切」と同じく、中央本線側と身延線側で管轄の異なっている踏切です。写真は身延線側で、JR東海が管理しています。身延線金手駅に隣接した場所にあり、踏切名も駅名からそのまま取られています。この踏切は中央本線側、身延線側でキロ程が異なっています。


IMG_7485.JPG


反対側から。こちらは中央本線側で、JR東日本が管理しています。この踏切も比較的交通量が多いです。


IMG_7482.JPG


酒折(善光寺)方を見ます。左端と真ん中の線路が中央本線で、右端の線路が身延線です。


IMG_7483.JPG


甲府(金手)方を見ます。金手駅は並走区間にありながら中央本線には駅がなく、身延線のみの駅となっています。街中にありますが無人駅で利用者は少ないです。


IMG_7481.JPG


踏切にはこのような表示機が設置され、どちらの列車が通るのかが分かります。


IMG_7480.JPG


身延線側のみに設置されているJR東海の管理プレートです。


IMG_7484.JPG

IMG_7479.JPG

金手踏切 131K423M 幅員4.8M(中央本線)/86K868M(身延線)

所在地:山梨県甲府市城東

撮影日:15.09.29






Last updated  2015.12.18 15:27:59



IMG_7487.JPG


酒折駅を過ぎた後の身延線との並走区間にある踏切です。この付近の線路は中央本線がJR東日本、身延線がJR東海の管轄となっており、並走はしているものの管理は別になっています。したがって中央本線側と身延線側では設備の違いも見られ、警報音が若干異なります。写真は身延線側で、JR東海が管理しています。

このような踏切はJRと私鉄が並走している場所(総武本線「花立踏切」、赤羽線「第一雲雀ヶ谷踏切」など)ではよく見られますが、JR東日本とJR東海のように異なるJRが同じ場所の踏切をそれぞれ管理するという例は極めて珍しいと思います。ここから一つ甲府寄りにある踏切も同様となっています。

身延線善光寺~金手間の線路は国鉄時代は東京西局(現在のJR東日本八王子支社)の管轄でしたが、民営化を前に静岡局(現在のJR東海静岡支社)の管轄に変更されました。それ以来同じ踏切で管轄が異なっています。


IMG_7494.JPG


反対側から。こちらは中央本線側で、JR東日本が管理しています。踏切名は付近にある寺院「誓願寺」が由来です。周辺は住宅地で、狭い踏切ながら交通量は比較的多いです。


IMG_7489.JPG


JR東海の管理プレートで、身延線側のみに設置されています。独自のキロ程もあるようですが(隣の踏切では中央本線と身延線でキロ程が分かれています)、この踏切は不明です。


IMG_7488.JPG

誓願寺踏切 131K255M 幅員4.8M

所在地:山梨県甲府市城東

撮影日:15.09.29






Last updated  2015.12.18 19:09:45
2015.09.12

IMG_5463.JPG


塩山駅の東山梨寄りに隣接している踏切です。駅周辺の住宅や商店が密集している場所にあります。交差する道は狭く、抜け道的な利用が多そうです。

踏切名は交差する道路が青梅街道(国道411号)の旧道だったことに由来しています。現在の国道411号は駅の勝沼寄りにありますが、旧来の青梅街道は東山梨寄りにある現在の「中央通り」で、踏切のある道はそれよりも古い道と思われます。ちなみに、「中央通り」にある中央本線のガードの名称は「青梅街道ガード」です。


IMG_5460.JPG

旧第一青梅街道踏切 115K596M 幅員4.5M

所在地:山梨県甲州市塩山上於曽

撮影日:15.03.04






Last updated  2015.09.14 10:42:22

IMG_5473.JPG


塩山駅の勝沼ぶどう郷寄りに隣接している踏切です。駅周辺に広がる住宅地の生活道路と交差していて、近隣住民の利用は比較的多いです。踏切名は所在地の地名「塩山赤尾」が由来です。


IMG_5474.JPG

赤尾踏切 115K107M 幅員5.0M

所在地:山梨県甲州市塩山赤尾

撮影日:15.03.04






Last updated  2015.09.14 10:31:20
2015.09.09

IMG_5676.JPG


上野原駅の四方津寄りに隣接している踏切。自動車の通行ができない細い小道と交差しています。付近は山に囲まれていますが比較的住宅が多く、この道は駅に向かう裏道になっていることから住民の利用は意外とありそうです。


IMG_5681.JPG


反対側から。踏切名は周辺の地区名が由来で、読みは「かみあらた」です。


IMG_5678.JPG


上野原方を見ます。奥が駅のホームです。


IMG_5679.JPG


四方津方を見ます。側線があるので線路は3本通っています。


IMG_5680.JPG

上新田踏切 70K034M 幅員1.5M

所在地:山梨県上野原市新田

撮影日:不明






Last updated  2015.09.09 17:05:07
2015.08.28

IMG_6090.JPG


住宅密集地の中にある小さな踏切です。歩行者専用の踏切で、幅は非常に狭くなっています。この付近は人通りも少なく、踏切の利用も比較的少ないと思われます。

踏切名はこのあたりの旧町名に由来しています。周辺には「横山中学校」などもあります。


IMG_6091.JPG

横山第二踏切 51K242M 幅員2.0M

所在地:東京都八王子市並木町

撮影日:15.05.16






Last updated  2015.08.30 13:06:37

IMG_6088.JPG


住宅密集地にある小さな踏切です。先述の東踏切と異なり、こちらは自動車も通行できます。狭い道路ですが比較的交通量が多く、歩行者にとっては危険な踏切です。

踏切名は所在地の地名「並木町」の西側にあることが由来です。


IMG_6089.JPG

並木西踏切 50K713M 幅員2.7M

所在地:東京都八王子市並木町

撮影日:15.05.16







Last updated  2015.08.30 12:57:44
2015.08.25

IMG_6087.JPG


住宅地の中にある歩行者専用の小さな踏切です。人通りは意外に多く、近隣の住民が利用していることがうかがえます。

踏切名は所在地の地名「並木町」の東側にあることが由来です。


IMG_6086.JPG

並木東踏切 50K505M 幅員2.2M

所在地:東京都八王子市並木町

撮影日:15.05.16






Last updated  2015.08.26 13:47:55
2015.08.21

IMG_6084.JPG


西八王子駅の高尾寄りに隣接している踏切。住宅密集地にあり、狭い道路ながら交通量が多く危険な踏切です。踏切名は線路の向こう側に広がる地名「散田町」が由来になっています。


IMG_6085.JPG

散田踏切 50K159M 幅員6.0M

所在地:東京都八王子市千人町

撮影日:15.05.16






Last updated  2015.08.26 13:33:22
2015.04.11

IMG_4958.JPG


西八王子駅の八王子寄りに隣接しています。周辺は駅前の市街地で、多数の店舗などが密集しており特に歩行者の利用が多いです。第一踏切から100Mほどしか離れていませんが、利用者はかなり多いです。


IMG_4960.JPG


反対側から。背後には撮影当時改装中のグルメシティ西八王子店が見えます。

こちらも第一踏切同様、踏切名に「水道」の名を冠しています。


IMG_4959.JPG

第二水道踏切 49K744M 幅員8.0M

所在地:東京都八王子市千人町

撮影日:15.02.01






Last updated  2015.04.11 12:19:00

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.