2377221 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

東京メトロ

2020.08.22
XML
カテゴリ:東京メトロ
「その3」では、1991年から導入されたワイドドア編成を掲載します。

東西線のラッシュ時における乗降時間短縮を目的として、ドアの幅を従来の1300mmから1800mmに拡大したワイドドア編成を導入しました。導入当初はドア開閉時間が延びたり、駆け込み乗車が多発したりしたことで列車の遅延を招くこととなり、5編成(第14~18編成)のみで製造を終了しています。

その後、2009年からは再びワイドドアを採用した15000系を導入し、05系ワイドドア編成とともにラッシュ時に集中的に運行したことで、乗降時間の緩和に寄与しています。





西船橋駅で撮影した第16編成です。1992年に製造されました。





西船橋駅で撮影した第17編成です。こちらも1992年に製造されました。05系ワイドドア編成は現在全編成が「B修工事」を施されていて、車内の全面的なリニューアルやドア上の液晶ディスプレイ設置、フルカラーLED式の行先表示器への更新、先頭車両にスカートの設置、帯色の変更などが行われています。





第17編成の車内です。リニューアル工事が施されたことで、全体的に明るい車内に変わりました。





ドア幅が1800mmのワイドドアです。ドア上部には液晶ディスプレイが設置され、左側に広告(CM放送)、右側に駅や乗換の案内を表示しています。





先頭車の運転台に一番近いところのドアのみ、従来と同じ1300mmのドアとなっています。





B修工事施工前に撮影した第18編成です。施工後の写真と比較すると、単色(オレンジ色)のLED式行先表示器の設置や、帯色が異なっているのがよくわかります。現在はこの編成もB修工事が施工されているので、このスタイルは見ることができません。





B修工事施工前の車内です。座席モケットは変わっていませんが、化粧板や仕切り板がアイボリー色で、落ち着いた雰囲気があります。





ドア幅1800mmのワイドドアです。リニューアル前は、ドア上部にLED式の案内表示器が設置されていました。






Last updated  2020.08.22 00:00:15


2020.07.28
カテゴリ:東京メトロ
今回は、東西線用の05系初期車のうち最終期に増備された7次車を掲載します。





西船橋駅で撮影した第22編成です。





こちらも西船橋駅で撮影した第23編成です。





中野駅で撮影した第24編成です。この編成は「アルミリサイクルカー」となっており、廃車となった5000系アルミ車から回収したアルミ材を、車内の一部部品に再利用しています。「アルミリサイクルカー」のロゴマークが前面や側面に付けられています。





第24編成の車内です。吊革を支える棒を天井から支える部材や、網棚の支えの部材などにリサイクルされたアルミ材が利用されています。





車内の車番プレートです。号車札の脇にも「アルミリサイクルカー」のロゴマークがあります。






Last updated  2020.08.17 21:02:18
2020.07.23
カテゴリ:東京メトロ
東京メトロ東西線で活躍している05系を掲載します。05系には大きく分けて初期型(1次~7次車)と、「05N系」と通称される後期型(8次~13次車)の2種類が存在します。

ここでは、05系初期型のうちワイドドア車ではない編成を掲載します。初期型のデザインは、同時期に導入された日比谷線用の03系のように角ばっていて、傾斜のついた前面が特徴的です。現在ではこの初期型は廃車された編成もあり、千代田線北綾瀬支線への転用や、インドネシアに売却されたものもあります。


789.JPG


2011年に西船橋駅で撮影した初期型で1次車の第3編成です。幕式の行先表示器や運行番号表示器は現在では見られなくなっています。現在は千代田線北綾瀬支線に転用されています。





東葉勝田台駅で撮影した6次車の第19編成です。6次車は1993年から製造され、当時製造されていた06系(千代田線用・現在は引退)、07系(有楽町線用→東西線用)に合わせてVVVFインバーター制御に変更されたほか、座席幅の拡大や床面高さの変更が行われました。

この編成は現在改修工事が施され、行先表示器がフルカラーLED式になっているほか、青帯の色調が変化していたり、車内のリニューアルが施されていたりしています。この写真はリニューアル前の2019年8月に撮影しました。







リニューアル前の第19編成の車内です。座席モケットはえんじ色で、着席位置を表す青い線が引かれているのが特徴です。





優先席は青色のモケットに、白い線が引かれています。





車内の車番プレートです。





西船橋駅で撮影した6次車の第21編成です。この編成は改修工事が施されており、行先表示器がフルカラーLED式になっているほか、青帯の色調が変化しています。






Last updated  2020.07.23 00:00:15
2017.05.06
カテゴリ:東京メトロ
「その1」の続きです。引き続き東京メトロ03系の写真を掲載していきます。





03121Fです。方向幕と列車番号表示器がLED化されています。





03126Fです。





03129Fです。この編成から再び3ドア車のみの編成となっています。





03系5ドア車の車内です。ドア間の座席は3人がけの短いものです。JRの6ドア車両とは異なり、座席の折り畳み機能はありません。






Last updated  2017.05.08 09:56:22
2017.04.27
カテゴリ:東京メトロ
前回まで地下鉄日比谷線に乗り入れている東武20000・20050・20070系を掲載しましたが、今回は東京メトロの03系を掲載します。

03系は、地下鉄日比谷線用の3000系の後継車として1988年に登場しました。当時増備の進んでいた銀座線用の01系や東西線用の05系のデザインをベースに、それまでの3000系と同じ18m車体、3ドアとなっています。







03系トップナンバー編成の03101Fです。登場以来外観に大きな変化もなく、運用を続けています。幕式の列車番号表示器と行先表示器は、東京メトロでも貴重な存在になりました。この編成は、03系で唯一の川崎重工業製です。





03108Fです。





03109Fです。東京メトロ(当時は営団地下鉄)初の5ドア車として1990年に登場しました。当時の日比谷線では混雑が進んでおり、乗降時間短縮を狙って編成の1・2・7・8号車を5ドアとした試作編成、03109Fを導入しました。

それ以降03128Fまで5ドア車を含んだ編成で製造され、さらに乗り入れ先の東武鉄道でも1992年に5ドア車の20050系を導入しました。





03112Fです。5ドア車の編成には、「5DOORS」と書かれたステッカーが貼られています。





03115Fです。5ドアのうち、2つのドアは締め切ることが可能です。


(つづく)






Last updated  2017.04.27 21:00:03
2013.12.10
カテゴリ:東京メトロ

525.JPG


千代田線北綾瀬支線で5000系とともに活躍しているのが、この6000系1次試作車(6000-系)です。北綾瀬支線が開業した1979年より活躍を続けています。

この車両は1968年(昭和43年)に汽車製造で製造され、今までにないデザインの地下鉄車両として、また世界初のチョッパ制御の電車として当時大きな注目を集めました。

当初から3両編成で、「6001-6002-6003」という番号が与えられていました。のちに量産車が登場したことに伴って、「6000-1~6000-3」と変更され、「6000-系」と呼ばれるようになりました。


527.JPG


6000-系の車内。ドア脇の仕切りの形が独特で、これは6000-系のみに見られる形態です。車内は更新工事が施されています。


526.JPG


製造を担当した汽車製造(汽車会社)の銘板です。汽車製造は1972年に川崎重工と合併しており、この銘板はかなり貴重なものとなっています。



撮影日:09.12.30






Last updated  2013.12.20 16:07:49
2013.12.09
カテゴリ:東京メトロ

397.JPG


以前綾瀬駅で撮影した東京メトロ千代田線・北綾瀬支線で現在も活躍する5000系電車。

5000系は元々東西線用として製造され、東西線の開業時より活躍してきました。車体はステンレス(外板のみステンレス製のいわゆる「スキンステンレス車」です)とアルミの2種類がありました。しかし05系の登場と老朽化で東西線からは撤退し、現在はアルミ車の一部が3両編成となり、北綾瀬支線で活躍しています。5951編成、5952編成の2編成があり、この写真は5951編成です。


409.JPG


車内は更新工事が施され、そこまで古さは感じられません。


408.JPG

414.JPG


車内の製造銘板を見ると、昭和42年(1967年)製造でした。もう40年以上にわたって活躍しているのですね。ちなみに、上の銘板は先頭車、下の銘板は中間車のものです。同じメーカー(日本車輌製造)ですがデザインが異なっています。



撮影日:10.10.21






Last updated  2013.12.20 16:07:27
2013.04.28
カテゴリ:東京メトロ

244.JPG


私が撮影した東京メトロ8000系は、この1枚のみです。東武線と直通する北千住駅で撮影した8116編成で、ラインカラーの紫色が綺麗です。もっと撮影に行かないといけませんね…



撮影日:10.03.31







Last updated  2014.01.20 18:35:36
2013.04.24
カテゴリ:東京メトロ

1530.JPG


ブラックフェイスが印象的な、東西線の最新車両15000系です。05系や07系などとともにこちらも中野駅で撮影しました。

この15000系は、05系の一部編成で見られた「ワイドドア」を採用していて、スムーズな乗り降りに貢献しています。


1529.JPG


車内です。05系とは異なる、青色のモケットが印象的です。座席が固めなのが残念なところ。(個人的にJRの209系などより固いと感じました)



撮影日:12.03.14






Last updated  2014.01.20 18:44:52
2013.04.21
カテゴリ:東京メトロ

1531.JPG


東西線で05系、15000系とともに活躍している07系です。この07系は、もともとは有楽町線用として製造された車両でしたが、副都心線の開業と10000系の増備に伴って東西線へやってきました。


基本的なデザインは千代田線で活躍中の06系と同様です。06系は10両編成1本のみしか存在しないレア車両ですが、07系は10両編成6本があり、それなりに見ることができます。(撮影時はこの1本のみしか見られませんでした。)


1532.JPG


車内です。モケットの色以外は06系とほとんど同じようです。



撮影日:12.03.14






Last updated  2014.01.20 18:52:35

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.