2369317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

踏切の旅~総武本線

2017.09.20
XML
IMG_9271.JPG

IMG_9275.JPG


銚子駅から銚子電鉄仲ノ町駅に向かう途中にある踏切です。総武本線の踏切という扱いになっており、JRの管轄となっていますが実質的に銚子電鉄線(銚子~仲ノ町間)のみの踏切です。(当ブログでの扱いは「総武本線の踏切」とします。)

これは、もともと銚子駅から続いていた総武本線の貨物線が存在していたためで、当踏切には銚子駅から銚子漁港近くにある「新生駅」(貨物駅)を結ぶ線路が通っていました。線路は最後まで非電化で、8620型やDE10などが活躍していました。

貨物線と銚子電鉄線との分岐点は踏切のすぐ先にあり、調べてみると貨物線が存在していたころから踏切部分のみ線路を共有していたようです。踏切には銚子電鉄の600V架線が張られています。

この踏切は銚子市の中心部にあるので交通量は多いです。踏切名は付近にある「妙見宮妙福寺」が由来となっています。


IMG_9274.JPG


銚子方を見ます。銚子電鉄線は向かって右側から当踏切に進入します。総武本線とはまっすぐに線路がつながっていて、銚子電鉄線に直通できる構造となっています。国鉄時代は総武本線~銚子電鉄線への直通列車(臨時列車のみ)もありましたが、現在はそういった列車はなくなっています。


IMG_9273.JPG


仲ノ町方を見ます。左に分岐する途切れた線路が総武本線貨物線跡です。銚子電鉄線はやや右に進んでいきます。

貨物線は1978年まで現役で利用され、現在は駐車場や道路となり、新生駅は公園になっています。


IMG_9272.JPG

妙見堂踏切 120K071M 幅員6.5M

所在地:千葉県銚子市西芝町

撮影日:14.01.06


(以前掲載した記事を再掲載したものです。)






Last updated  2017.09.20 10:49:43


2017.09.17
IMG_9264.JPG

IMG_9268.JPG


銚子駅の松岸寄りの場所に隣接している踏切です。この踏切は(事実上)総武本線で最後の踏切となります。

銚子市の中心地にあるため交通量はとても多く、撮影中も途切れることなく車が通行していました。歩道が狭いため歩行者にとっては危険な踏切と言えます。この先に交差点があり、ちょっとした渋滞が起こっていますね…

踏切名は所在地の地名が由来となっています。


IMG_9267.JPG


踏切から松岸方を見ます。この先に留置線があるため、架線が複雑に分岐しています。


IMG_9266.JPG


銚子方を見ます。すぐ先に銚子駅のホームが迫っています。


IMG_9265.JPG

清川町踏切 119K628M 幅員7.2M

所在地:千葉県銚子市清川町・西芝町

撮影日:14.01.06


(以前掲載した記事を再掲載したものです)






Last updated  2017.09.17 05:00:07



「ヤマサ醤油」と並んで銚子を代表する醤油メーカーの「ヒゲタ醬油」工場脇にある踏切です。交差する道路の脇に留置線があり、止められている電車を見ることができます。

この踏切はかつて存在したヒゲタ醬油への引込線も通っていたので、長さが少し長めです。また、警報機が石垣の上のかなり高い場所に設置されているのが面白いです。

踏切名は、このあたりの旧村名である「荒野村」が由来です。荒野村は1889年の町村制に伴って周辺の村と合併し、「銚子町」となりました。





ヒゲタ醬油の工場がある松岸方には、引込線用の門と、線路が通っていた敷地が残されていました。線路跡は草が綺麗に刈られています。




荒野踏切 119K173M 幅員5.0M

所在地:千葉県銚子市松本町・清川町

撮影日:16.11.20






Last updated  2017.09.17 04:30:07
2017.09.13



古くからの住宅地の中にある踏切で、周辺の住民の利用が中心となっています。

踏切名は所在地の地名「松本町」が由来です。




松本踏切 118K600M 幅員5.0M

所在地:千葉県銚子市松本町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.13 00:20:09



先述の「天神中踏切」からすぐの場所にある踏切です。国道126号と国道356号を結ぶ道路沿いにある踏切で、交通量は比較的多いです。周辺は住宅が多いですが、国道沿いには店舗が多いです。

踏切名は所在地の「本城町」中心部から西側にあることが由来でしょうか。




本城西踏切 118K035M 幅員5.0M

所在地:千葉県銚子市本城町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.13 00:00:05
2017.09.08



住宅地のはずれにある小さな踏切で、交差する道は未舗装の小道です。この先にも踏切があるので、ここを利用する人はほとんどいなそうです。

踏切名は付近にある「天御中神社」(あめのみなかのじんじゃ)が由来です。「天御中」を「天神中」という表記に変えたものと推測できます。読み方は「てんじんなか」です。




天神中踏切 117K926M 幅員1.8M

所在地:千葉県銚子市本城町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.08 23:30:08



住宅地と畑が広がる場所にある踏切です。交通量も少なく静かな踏切となっています。

踏切名は所在地の地名「長塚町」が由来です。




長塚踏切 117K505M 幅員6.0M

所在地:千葉県銚子市長塚町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.08 23:10:03
2017.09.03



国道126号と松岸周辺を結ぶ道路と交差していて、住宅地にありながら交通量がかなり多い踏切です。交差する道路は歩道がなく、踏切も狭いので歩行者にとっては危険な踏切となっています。

踏切名は「あてんぼう」と読みますが、由来は不明です。この周辺では「阿天坊」という苗字が存在するようなので、かつてこの辺りを支配していた一族に由来する名前なのかもしれません。




阿天坊踏切 117K242M 幅員6.0M

所在地:千葉県銚子市長塚町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.03 23:40:04



松岸駅の銚子寄りに隣接した場所にある踏切です。車一台しか通行できない狭い踏切ですが、駅の利用者を中心によく利用されていました。

踏切名は松岸駅の東側にあることが由来です。





松岸方を見ます。写真奥が駅になります。単線だった線路が3本に分岐しています。





銚子方を見ます。成田線は松岸駅が正式な終点のため、ここから銚子までは総武本線に乗り入れる形となります。ちなみに銚子までの総武本線は単線で、この単線を成田線も共有しています。




松岸東踏切 116K937M 幅員2.5M

所在地:千葉県銚子市長塚町

撮影日:17.02.04






Last updated  2017.09.03 23:30:07
2017.08.31



松岸駅の猿田寄りに隣接している踏切です。先述の「東柴崎踏切」と同様、総武本線と成田線の2本の線路が通っています。

周辺は住宅地が広がっていて、交通量は多いです。踏切名はかつてこの付近に製粉工場があったことが由来です。(現在、製粉工場の跡地は病院になっています)




製粉前踏切 116K356M 幅員4.5M

所在地:千葉県銚子市松岸町

撮影日:16.11.20






Last updated  2017.08.31 14:26:31

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.