2369348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わさびくま日記

全4件 (4件中 1-4件目)

1

その他

2018.10.14
XML
カテゴリ:その他



千葉県横芝光町に2016年5月末まで存在したショッピングセンター、「サビア横芝」。1994年にスーパーマーケットの「いなげや」を核テナントとし、1階と2階に衣料品店や雑貨店などの専門店を入居させて開業したサビア横芝は、開店以来横芝光町や匝瑳市、山武市など広範囲から集客するこのエリアの商業の中心的な存在でした。

そんなサビア横芝も、開店から22年が経過して老朽化が進んだことや、商業情勢の変化もあり2016年5月末をもって完全閉店することになりました。現在、ここで掲載する建物はすべて解体され、サビア横芝の跡地にはスーパーマーケットの「カスミ」が進出し、カスミ横芝光店を中心としたロードサイド型モールの「ピアシティ横芝光」となっています。

ここでは、閉店間際の2016年5月に撮影した写真を掲載していきます。

写真は吹き抜けがある正面入口です。ただし、この入口は駐車場から遠いためいなげや側の入口が事実上のメインエントランスでした。





こちらは店舗裏手の入口です。この入口の脇には美容室があり、さらに奥には書店がありました。ちなみに、美容室は町内の別の場所で、書店は跡地に開業したカスミ横芝光店の敷地内で現在も営業中です。





正面入口を入ると広大な吹き抜けとなっており、エスカレーターがありました。現在はイオンモールやアリオなどで同様の構造を持つショッピングセンターは多数ありますが、1994年当時は珍しい構造だったのではないでしょうか。





1階エスカレーター下の店舗です。奥にはハンバーガーショップ「サンテオレ」がありました。撮影時は閉店間際だったこともあり、どの店舗でも閉店セールを実施していました。





外側から見た「サンテオレ」です。かつて明治乳業(現・明治)が運営していたハンバーガーショップで、横浜市の日本大通り、能見台や戸塚、千葉県内では成東や茂原などにもありました。現在はほとんどの店舗が閉店しており、かなり貴重な存在となっています。





事実上のメインエントランスだったいなげや側の入口です。すぐ脇にいなげやがあり、ここは終日にぎわっていました。いなげやは千葉県東部(東総・山武・長生エリア)では横芝店しかなかったこともあり、サビアの閉鎖後は東部から完全撤退しています。





かつて蕎麦店があった場所です。それ以前はラーメンなど麺類を扱うお店で、遊びに来た鹿児島や大阪からの親戚と一緒に行ったことがありました。





1階部分の店舗です。楽器店や玩具店などがありました。





1階には横芝光町のサービスセンターも併設され、住民票などの取得が可能でした。







「センターコート」と呼ばれていた中央部の吹き抜けです。ここでは抽選会などのイベントや地方産品の即売会などが行われていました。私は中学時代に吹奏楽部所属だったので、この場所で演奏したこともあります。

エスカレーターの下には、山武エリア初の設置だった電子マネー対応の自動販売機も見えます。





センターコートの2階部分にはマッサージチェアが置かれ、憩いの場となっていました。左奥のシートがかかっている場所には「パシオス」(衣料品店)がありましたが、一足早く閉店していました。









2階の売り場は100均と衣料品が多かったです。こちらでも閉店セールを実施中で、100均と一部店舗を除いてピアシティには引き継がれませんでした。





小規模ながらゲームコーナーもありました。





雑貨などを扱うお店もありました。地元の子どもたちが多く来店していましたが、こちらもピアシティには引き継がれていません。





末期はさみしい状態となっていたサビアですが、横芝光町や周辺地域のにぎわいの中核であったことは言うまでもありません。小規模ながら地域に密着したショッピングセンターの最後の姿を記録することができて本当に良かったです。

※サビア横芝の建物のすべては、現在は解体されています。






Last updated  2018.10.14 00:40:06


2014.09.09
カテゴリ:その他

IMG_1759.JPG


新金貨物線の「踏切の旅」の途中で立ち寄った新宿(にいじゅく)交通公園。ここは子どもたちが交通ルールを楽しく学べる施設のほかに、園内を一周する「ミニ鉄道」が存在します。


IMG_1741.JPG


園内に入ると、早速踏切が見えてきました。ミニ鉄道の駅は向かって右側にあります。

この踏切、名前がないので「公園入口踏切」と勝手に命名することにします。道幅は3mほどあり、新金貨物線の「耕道踏切」よりも大きいです。


IMG_1762.JPG


反対側から。公園の入口として、多くの子どもたちが踏切を利用していました。


IMG_1743.JPG


踏切から駅を眺めます。この踏切は、列車が来ないときは線路側が遮断されるようになっていて、列車が来るときに遮断機が90度動いて道路を遮断します。


IMG_1742.JPG


園内側を見ます。線路の上には歩道橋があり、列車を眺めることができます。


IMG_1745.JPG


園内には信号機や標識が多数設置され、自転車などに乗りながら交通ルールを学ぶことができます。


IMG_1752.JPG


園内にはもう一つ踏切があります。西側の最も奥まった一角にあるので、こちらは「公園西踏切」としましょう。


IMG_1753.JPG


反対側から。ちなみに、交差する道は歩道ではなく、子ども用の自転車などしか通行できないため、撮影していたら注意されてしまいました。(公園係員の皆さん、申し訳ありませんでした。)


IMG_1754.JPG


西踏切付近の線路です。立派な立体交差があります。


IMG_1757.JPG


駅の近くには転車台(を模したもの?)もありました。奥が車庫になります。


IMG_1763.JPG


ミニ鉄道の車両はこんな感じです。小さなかわいらしい機関車で、子どもたちが喜ぶこと間違いなしですね。


今回は公園施設内にある踏切を、実際の「踏切の旅」のようにレポートしてみました。


撮影日:14.06.01






Last updated  2014.09.09 08:51:05
2014.04.11
カテゴリ:その他

IMG_9976.JPG


千葉県銚子市の「猿田神社」にやってきました。猿田神社は古くから地域住民に信仰されてきた神社で、社殿の建立は平安時代にさかのぼるようです。

今回の目的は神社ではなく参道となっている跨線橋です。参道を総武本線が横切っているため、線路を跨ぐレンガ造りの橋が架けられています。


IMG_9960.JPG


レンガ、コンクリート、石材を使用した重厚な雰囲気が伝わる入口部分。


IMG_9958.JPG

IMG_9973.JPG

IMG_9972.JPG


石柱には「先神𣘺」(せんかみはし)「明治三十年十一月」と記載されています。

この先神橋は、総武本線の前身である総武鉄道が明治30年(1897年)に成東~銚子間を開通させるにあたって建設されたものです。線路が猿田神社の敷地を通過することとなったため、神社が用地を提供し、総武鉄道が建設したものとされています。現在は神社が管理を行っており、猿田神社の参道として地域の人々に親しまれています。


IMG_9964.JPG


階段を上りきった場所からの眺めです。


IMG_9962.JPG


線路を跨ぐ部分は、1973年の電化の際に架け替えられコンクリート製となっています。


IMG_9963.JPG


総武本線を眺めます。


IMG_9965.JPG

IMG_9967.JPG


線路を跨いだ先にレンガ造りの側壁があります。架け替えられた部分は少し高くなっていますが、元々は線路を跨ぐ部分もこの場所の高さと同じだったと思われます。


IMG_9955.JPG


線路側から見た先神橋。小さいながらも、明治時代の重厚な雰囲気が伝わる良い構造物だと思います。


IMG_9975.JPG


階段の下に水路が通っていて、水路を跨ぐ部分はアーチ状となっていました。


(参考:千葉県立現代産業科学館『千葉県の産業・交通遺跡 26 先神橋』)



撮影日:14.03.11






Last updated  2014.04.11 11:50:15
2014.01.08
カテゴリ:その他

IMG_9197.JPG


身延線と並行している山梨県道4号に、印沢川(印川)の下をくぐるトンネル「高田隧道」があります。印沢川は山梨県内では珍しい天井川(高さが平地よりも高くなっている川)です。私はここで初めて天井川のトンネルを見たので、かなり感動しました。


IMG_9198.JPG


トンネルはコンクリート製で、脇に歩行者用の小さなトンネルも設けられています。


IMG_9199.JPG


「高田隧道」と記載された右書きの扁額です。「昭和八年(1933年)一月竣功」となっており、戦前から存在していたことがわかります。


IMG_9202.JPG

IMG_9201.JPG


反対側から見たトンネルと扁額です。こちらの扁額はひらがな表記で「たかだとんねる」となっています。達筆なので読めないですね…


IMG_9208.JPG


川下踏切から撮影した身延線のトンネルです。このトンネルの名称は不明です。


撮影日:13.12.22






Last updated  2014.01.08 16:35:19

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.