704576 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハートをわしづかみ!!

しょうがと枝豆の炊き込みご飯

しょうがと枝豆の炊き込みご飯

792

初夏から夏の炊き込みご飯。
グリンピースの豆ご飯もいいけどこういうのもいい。
だしになるのは干したほたての貝柱。
なければ鶏肉や干ししいたけでもいいけれど
貝柱にするとものすごく上等な味になる。

材料

米2.5合
干し貝柱 10個ぐらい
しょうが50-80グラムぐらい
枝豆(むき身の状態で)100-150グラムぐらい
昆布3センチ角2枚程度
薄口しょうゆ大さじ2.5
酒又は白ワイン 適量
塩 適量
水 適量

準備

貝柱は酒をひたひたになるまで入れてもどしておく。
米はといだあと15分ほど水につけて、ざるにあげて水気を切る。

794


作り方 

1. しょうがはよく洗って皮ごと細かく刻む。

793

2. 炊飯器の内釜に米としょうがと昆布を入れる。
  酒に浸した貝柱にしょうゆを加えて混ぜ、内釜にまわしいれる。・・・・※1

3. 米2.5合分の量になるまで、水を加える。

4. 炊飯器で普通に炊く。
  材料を合わせたらすぐに炊き始めること!!・・・・※2

5. 枝豆の皮をとり、塩をパラパラとかけて電子レンジで蒸す。

5. 炊き上がったら、枝豆を入れてしゃもじでさっくりとまぜて蒸らす。

796


メモ

※1 しょうゆをじかに加えると、炊き上がりの味にむらができたり焦げやすくなったりする。
  酒+しょうゆで混ぜてからだと、まんべんなく行き渡るというわけ。

※2 塩分の入った水は米が吸いにくくて、しんの残った炊き上がりになる可能性がある。
   そのため予め米は水のみに浸しておき、調味料は炊く直前に加えるのがコツ。
   
※3 この炊き込みご飯は一見貧しいと思えるぐらいシンプルだが、すこぶる上等な味に仕上がる。
   ポイントは炊き込みで楽しむ具を絞り込んで、味を際立たせること。
   「××ごはん」の××の味をご飯に炊き込んで楽しめるように工夫するのがポイント。
   炊き込みご飯は「具の種類が多いほうがおいしい」と思われそうだが、
   具の種類が増えるほど具から出る水分の調整が難しく、失敗の確率も高くなるし
   ベテランママの作ったものでないと、味のバランスがイマイチなことも多い。

   水分量の調整という点では、このレシピだと乾物中心なので余分な水分が出ずに失敗が少ない。
  

※4 ↓のような未調理の枝豆をむき身を冷凍にしたものを使うと手軽。
(日本でもこういうものが売られているかは未確認) 

795


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.