700207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハートをわしづかみ!!

ギリシア風なすのペースト

☆ギリシア風なすのペースト

827

アメリカに住んでいると、
パーティーのアペタイザー用に色々なディップやペーストが必要になる。
クラッカーや野菜スティック、パンにつけて食べるのがお約束だからだ。

このなすのペーストは色々とレシピがあるようだけど、
オリーブを加えて香りとコクを出したのが私の好み。

面白いのはなすをじっくり焼くと、
それ自体が驚くほど濃厚な旨みを持っていること。
このあたりは関西人なら夏の焼きなすで納得がいくところ。

バゲットに塗って食べ始めたら、冷やした白ワインやシャンパンが止まらない。


材料

823

・なす 1.25ポンド or 500グラムぐらい
(これでアメリカのあの大きいなす1個くらい)
・オリーブオイル 大さじ1.5~2~好きなだけ
・黒オリーブ 20個ぐらい~好きなだけ
・にんにく2かけ
・フレンチマスタード 大さじ2~好きなだけ
・カイエンヌペッパー 好きなだけ
・塩
・こしょう

作り方

1.なすを洗い、オーブンで焼く。
皮が黒くこげるまで。焼きなす程度まで。破裂してもビビらないこと。
アメリカならBroilで30分くらいか?なすの大きさで調整する。

824


2.あたたかいうちになすの皮をむき、身をフープロへ。
皮をむいたにんにくとオリーブも加えて、フープロをまわす。
つぶつぶ具合の好みによって加減する。

825

3.すりつぶしたものを鍋に入れて中火にかける。
ゆっくりかき混ぜながらじっくり火を通す。
プツプツなってきたら、オリーブオイルを加えて、弱火にしてしっかりかきまぜる。
多少ねっとり具合が増したところで、
マスタード、塩、こしょう、カイエンヌペッパーで味を調整してできあがり。

826

4.冷めたら、きれいに洗ったビンに入れて冷蔵庫へ。
3週間はもつ。

コツなど

・なすは冷めきると皮がむけない。

・塩加減はちょびっとずつ食べるペーストなので、多少きつめでもOK.

・カイエンヌペッパーなしだと間の抜けた味になる。
チリペッパーなどで代用可能かもしれないが、
辛いスパイスの中で一番「ホホホ、エーゲ海にいますのよ」ってな洗練された雰囲気が出るのはカイエンヌだと思うので、準備されたし。

・マッシュルームいためて、このペースト入れて、白ワインでのばしたソースは極細パスタに合う。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.