2011.11.07

カリフォルニアワインの最高峰!オーパス・ワン来店!

カテゴリ:カテゴリ未分類

こんにちは、イベントチームのタカオカです!

本日、カリフォルニアのトップワインメーカー<オーパス・ワン>
の醸造責任者であるマイケル・シラーチ氏を迎えスタッフと共に
ランチをさせていただきました。

P1030633.JPG

醸造責任者であるマイケル・シラーチ氏のワインに対するこだわりや
新しい取り組みなど貴重なお話が盛りだくさんでした。

まずは、1Fワッシーズにてスタッフみんなでお出迎えきらきら

_1270003.JPG

ノリママが手に持っているのはマイケル氏が一緒に
連れてきてくれたオーパス・ワンの仲間であるルーイくんです。

マイケル氏と一緒に世界中を旅して周ってるそうですうっしっし

 

その後は3F Wassy's Dining Soupleに移動して
マイケル氏のお話とにランチを楽しみました。

本日はなんとオーパス・ワン2005とこの度リリースされたオーパス・ワン2008
の飲み比べというなんともスペシャルな会になりました。

_1270055.JPG

2005をリリース時に味わった事のあるスタッフからは、
当時パワフルだった味わいが今回とてもエレガントな味わいになったという感想がでました。

2008は対照的に若くしてタンニンに丸みをおびていて、
今抜栓しても十分にオーパス・ワンのよさが分かるヴィンテージでした。

2008年は熱波による乾燥と高温によりとてもよい条件が重なり
凝縮度の高いブドウが育ったようです。

しかし平年より収穫量が少ない貴重なヴィンテージとなりました。

 

今あけても楽しめるワインですが
もちろん今後の熟成もとーっても楽しみなヴィンテージのワインです。

 

そして、
そんなスペシャルなワインに合わせてシェフ特製のローストビーフが登場!

_1270052.JPG

ローストビーフがさらにワインをひき立てます!!

 

もちろん食べてばっかりではありません!

オーパス・ワンのワイン作りについてしっかり勉強させてもらいました。
ワイン作りに対して研究に研究を重ねてブドウ一粒単位で大切に
扱っていることが伝わってきました。

_1270061.JPG

特に私が印象的だったのが「ナイト・ハーベスト」のお話で、
その名の通り夜中にブドウの収穫をするんです!

夜中の3時からワイナリー総出で収穫びっくり


なぜ、わざわざそんなことをするかと言うと、
収穫からタンクで発酵するまで低温で保つ事が重要で、
夜中の気温が低い時間帯に収穫する事が良いワインに仕上がる方法なんだそうです。

今ではこの「ナイト・ハーベスト」を行うワイナリーは他にもあるようなんですが
オーパス・ワンはこの方法をいち早く取り入れたパイオニアなんです!

 

カリフォルニア最高峰のワインと言われる今でもなお、研究を重ね、良いワインを
作ろうとする姿勢がトップに君臨し続ける要因なのかな、と感じました。

 

<オーパス・ワン 新ヴィンテージ2008年>ワッシーズにも入荷しております。
ぜひ皆様もカリフォルニア最高峰のワインをおたのしみ下さい上向き矢印

 

Wine Store Wassy's

Online Wassy's

 

 






TWITTER

Last updated  2011.11.08 15:31:59