438335 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

陰陽師と式神と私

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


陰陽師6213

カレンダー

お気に入りブログ

弔旗を掲げ英霊御霊 seimei杉田さん

吉田明彦 nipponaikokuさん

コメント新着

QRK@ 質問 岩手県の「慰霊の森」という場所は日本一…
QRK@ Re:教師の質の向上なくして、いじめ問題の解決は無し及び死について 民間人校長に徳のある人を据えては如何で…
QRK@ アベノミクス お久しぶりです。 アベノミクスが上手くい…
侍ジャパン@ Re:ここまできたか、ジェンダーフリー(01/10) 日教組は糞!(--)

フリーページ

ニューストピックス

2012年06月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
陰陽師のメールマガジンを購読ご希望の方は下記の要領にてご登録下さい。

それぞれのメールアドレス宛に空メールを送ると、
登録・解除することができます。

登録用メールアドレス
sub-186178@mc.melma.com

解除用メールアドレス
us-186178@mc.melma.com

登録用の際は、必ずご利用規約をご確認の上ご登録下さい。 
http://melma.com/contents/law.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ
     ↑
クリックしていただけますと励みになります。

私が生まれた昭和30年代は、高度経済成長真っ只中でした。
幼少期を過ごした場所が地方の山の麓のような場所で、田園風景が広がり、歩いて15分くらいの近くには美しい森林公園があり、そこにはキャンプ場や泳げる滝壷などもありました。
水分峡.jpg
水分峡

中学校は山を切り開いた頂上のような場所にあり、通学に1時間以上はかかりました。
通学路の大半は田圃でまだ牛を使って耕している風景も珍しくなく、肥溜めと言われる肥料用の人糞を溜めておく穴があちらこちらにあったのを覚えています。
道路の傍の小高い山の崖のような所にはお墓がへばりつく様にあちらこちらにあって、毎年お盆の時期にはお墓に色とりどりの盆灯篭が立ちました。
田舎には霊園などはなく、自宅の近くにお墓があったようです
この盆灯篭は広島のお盆の風物詩です。

このような日本の地方のありきたりの田園風景、山の自然、盆灯篭などの伝統文化…、日本の地方には同様の風景がそれぞれに広がっていたと思います。
所謂昭和30年代は、映画にもありましたが現代日本人の郷愁を誘う時代背景だったようです。
その頃は、無意識でも自分は日本人だと普通に思っていました。
ところが、父の転勤で小学校4年生から中学校2年生までの5年間、東京の吉祥寺で暮らしましたが、凡そ地方とは異なる風景が広がっていました。
私が住み始めた頃から、徐々に現在の吉祥寺を思わせる開発が行われ、将に高度経済成長と共にどんどんと町の風景が変化していきました。
さらに最も多感な時期に大都会東京に触れた事、更にちょうどその頃のテレビ番組、特にNHKをはじめとするテレビではアメリカ礼賛ドラマが次々と放映され、テレビに釘付けになり、アメリカやアメリカ人が素晴らしいという刷り込みが完成されてしまいました。
東京にいる間に経験した都会の縦横無尽に走る電車、ハイセンスな流行のファッションに身を包む人たち、羽田(当時はまだ国際線がありました)空港に行った時に見た大勢の白人の姿、英語のアナウンスなどなど、子供にとってはものすごい刺激だったのだと思います。
大都会の風景とアメリカ人の洗練されたセンスに強い憧れの気持ちを抱きつつ、中学3年の時、また父の転勤で広島に戻ることになりました。
そこには5年前とほとんど変わらない田舎の風景が広がっていたのです。
その時自分の中に、何とも言えない「日本」と云うものに対する一種の嫌悪感のような感覚が広がっていったように思います。
そして「日本=田舎=どんくさい(これは広島弁でしょうか)」という図式が固定化されていったのです。
更には広島の方言も拍車をかけました。
東京で話した標準語に比べて、中学生の私にはこの方言がいかにも「田舎くさい人間」というレッテル貼りをしてしまったのかもしれません。
高度経済成長の真っただ中、子供時代に地方と都会の両方を経験したことが、自分のアイデンティティを失わせる結果となったのではないかと思います。
その他にもリベラルな父親、反軍国主義の母親の影響、そして親戚中で信仰していた日本の伝統文化を全否定する新興宗教を押し付けられたことなど、いずれにしても様々な要因によって、夫に出会うまで日本や日本人を誇りに思うというよりも、卑下するような生き方をしてきたことは確かです。
夫に出会うまでの間、つまりアイデンティティを喪失し続けていた時、精神的に非常に不安定であり、人間関係に支障をきたし、勉強すら何のためにするのかも理解できず、心から感激したり感動する事もなく、常にうす暗いトンネルの中を彷徨い続けているような感覚を拭い去る事が出来ないでいました。
そしてずっと漠然とアメリカ的なものに憧れを抱き、日本や日本人、特に日本の地方に対しては侮蔑感にも近い思いを感じていたように思います。
ところが夫と出会ってからと云うもの、全く今までとは180度異なる生き方をしなければならなくなりました。
一つには夫には普通の人とは大きく異なった特徴があったからです。
それは前世の記憶が鮮明にあったということです。
当初、夫の話を聞いていると、まるで70か80のお爺さんが話しているように聞こえました。
私がジーパンをはいていると、「メリケンの作業着なんか着るな」と言われ、「昔の時分の方が良かった」と常に明治や昭和の話をし、「男と女のどっちが偉いんだ」と怒鳴られ、日本人として、日本人なら、斯くあるべしと延々と話し続けました。
また今まで一度も考えた事も無かったのですが、夫と一緒になってからは毎年1月2日、一般参賀で宮城に行くようになりました。
天皇陛下、皇室などほとんど無縁のような生き方をしてきた私にとって、夫が常々「日本国民は天皇陛下の赤子である、我々の使命は國體の護持」と云う言葉の意味がほとんど分かりませんでした。
小泉内閣の時に突如湧いて出た、皇室典範改正論議で女系天皇の容認については、まだパソコンも無く情報収集が出来なかった時から、天皇陛下は男系男子以外にあり得ないと言っていましたが、その時たまたま情報を得て行った講演会で初めて櫻井よしこ女史の存在を知ったのでした。
私もそうですが、夫も「保守」という言葉を知らず、イデオロギーなるものは我が国に左翼か右翼しかないと思っていました。
今では街宣右翼の正体なるものが分かりましたが、当時は知らなかったので、夫は軍歌を騒々しく流している街宣車に対して好意的に話していたことは今思うと笑える話です。
当初夫は保守の存在を知りませんでしたから、最早この国には「國體護持」を掲げている人間は自分しかいないのだと、相当に悲壮感にくれていたようです。
ですから一人でも仲間を増やしたかったのか、一緒になった超リベラル、無国籍人の私に必死になって日本と云うものを刷り込んでいったのではないかと思います。
けれども子供の頃からほとんど日本を意識することなく生きてきた人間にとって、後付けで日本を意識することは結構難しい事ではありました。
頭ではだんだんに分かって来ても、感覚的なことや、行動などまでは未だに中々難しいことが多々あります。
けれどもコップの水が溢れ出る瞬間、が必ず訪れるようです。
今まで私のコップには日本が空っぽでしたが、夫の洗脳工作によって少しずつ満たされていった時、日本こそが世界中で最も大切で素晴らしい国であり、日本人こそが世界で最も誇りある人種であると思えるようになったのです。
長い長い間、コップに無理矢理詰め込まれていた偽物の歴史観を本物の歴史観に入れ替えて満たしていった時、自分の中に不思議な満足感、充足感が生まれました。
今までうす暗いトンネルの中を彷徨い続け、希望も見い出せず、常に自信喪失の不安感を抱いていた自分が、自分が日本人として生まれたということだけで幸せを感じ、素晴らしい祖先の歴史を共有できることを誇りに思い、長所も欠点も日本人だからこそだと楽しく思い、更にはあれだけ嫌悪した日本の田舎の風景や方言が素晴らしい宝物のように考えるようになってきたのです。

今まで無国籍人として生きていた人、
日本人であることを侮蔑してきた人、
日本人であることを恥じてきた人、
皆さんはきっと自分の中にあるコップに偽物の歴史観を詰め込んでいるのです。
日本と云う国についてもっともっと真実の歴史を知って、少しずつ偽物と入れ替えていけば、必ず日本と云う国、日本人と云う民族が世界で最も誇り高き国、誇り高き民族であると気付く事が出来るでしょう。
その時、きっとストンと自分の中に支柱のようなものが存在することが分かるはずです。
後はその日本人としての支柱をどんどん太くしていけば、揺るぎない信念をもって行動することが出来るようになるはずです。
日本人として生きようと思った時、天皇陛下の赤子としての意識も芽生え、縦軸としては祖先や英霊と、横軸としては同胞と、そして我が国土とも自然につながっていくはずです。

さあ、今日から誇りある日本人として生きよう!








最終更新日  2012年06月12日 03時21分49秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.