207838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Da-yan日和・・・。

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.05.10
XML
テーマ:癌(3424)
カテゴリ:悪性リンパ腫日記
5月1日より、化学療法1クール目開始。
R-CHOP計6クールの予定。

5/1 初日

吐き気止めのカイトリルいれてから、
リツキサン点滴
PM2:00開始
まず250mlボトルを投与。順調に進行。
続いて500mlボトル。これも順調に消化していたけど・・・。

あと10分くらいで終わるかなってところで身体に異変が。。。
頭がクラクラして気分が悪い。
その後寒気が・・・。
とりあえず残り少なかったので、全部終わるの待ってから熱を測ってみると38度。

はい。
聞いていた副作用の発熱です。
その後も悪寒が激しくなり、あっという間に39度オーバー。

解熱剤を飲んで水枕して、あとは熱が下がるのをじっと待つしかない状態。
この日はずっと熱が下がらず、結局平熱に戻ったのは翌日の朝。
ちょっと辛かったけど、翌日には熱が下がったので軽いほうだったみたい。
2~3日続く人もいたり、途中で中止になる人もいるみたいなので、まぁ順調に合われたのかなってところです。
発熱以外の副作用は無し。


5/2 2日目

プレドニンの内服(20錠)
エンドキサン
アドリアシン
オンコビンの点滴予定。

朝食後プレドニン20錠を一気飲み

AM10時頃、カイトリル入れた後エンドキサンから開始。
2時間くらいで終了。
続けてオンコビン。30分
最後にアドリアシン。30分

点滴中は特に体調に変化もなく順調に終了。
あまりにも順調すぎて、点滴しながら売店行ってみたり、散歩してみたり・・・。
調子に乗って余裕を見せていた。。。吐き気止めの効果で抑えていただけなのにね。

夕方くらいからやっぱり具合が悪くなってきました。
車に酔った感覚の気持ち悪さ。。。
吐き気はあるけど吐くまでいかない。でも吐いてしまえばラクになるんだろうなって感じ。吐きたくても吐けないのも結構シンドイ。

夜になるとしゃっくりが止まらなくなった。
気分は車酔いから、酒の飲みすぎの後みたいな感じに・・・。
でもこの感じって意外と慣れていたりして、この程度なら耐えられるかなって思ってた。
とは言っても、決してラクではないし良くなる気配もないので、こんな時は寝てしまえってことで夜9時くらいに早々に就寝。
・・・なかなか寝付けなかったけどね。

吐き気は確かに辛かったけど、でも想像してたよりはずっとラクで、これなら2回目以降も耐えられるなって少々安心できた。(この先もこの程度で済めば。の話だけど・・・)

5/3~6(3日目~6日目)
毎朝プレドニン20錠の内服
そのほか数種類の薬も飲むので、これだけで結構お腹いっぱい。。。
6日目まで吐き気は続いた。まぁ、日を追うごとにラクにはなってきたけど。
そして病院食が食べれなくなった。
お膳のフタをあけた時のニオイがきつくて気持ち悪くなってしまう。
更には見るだけでオウェってなってしまった。
看護士さんから「ムリしないで食べたいって思ったものだけ食べてればいいよ」って言われたので、遠慮なくその通りにしていた。
そして、なぜか味の濃い脂っこいものばかり食べたくなってた。気持ち悪いのにねぇ~~。(マックのテリヤキとか、モスのホットドッグとか、たこ焼きとか・・・)
不思議と結構食べれた。でも、やっぱり病院食はダメでした。

この吐き気もプレドニンが終わった7日目あたりからおさまってきた。

5/7 7日目
1クールの投薬が終了したので、ここで血液検査しましょうとのことで採血。
これから骨髄抑制が始まり、白血球数が下がってくるので、採血はこまめに行うとの事。
この日の結果は白血球5500
まぁ、問題なし。

副作用の吐き気もほとんど無し。

5/8~9 8日目~9日目

この間も吐き気はなし。発熱も無し。ダルさも無し。
・・・こんなんでいいのか?って不安になるくらい順調。

ただ、口の中がピリピリ痛くなってきた。
うがい薬もらった。こまめに使ったらこの痛みもなくなった。
また、指先に少し痺れが出てきた。これはオンコビンによる影響で、多くの人に見られる副作用らしい。
この痺れはなかなか抑えることが難しいらしく、治療が終わるまでガマンするしかないって言われた。ま、今のところひどくは無いので問題ないが、今後が心配。

8日の採血で白血球3000まで下がった。でも、まだ問題はない数値。
と言っても下がり方が急なので、念のため9日から毎日、白血球を上げる注射、グランを打つことに。

先生曰く、投薬後1週間くらいから下がり始め、10日くらいが一番低くなるらしい。白血球が少ないと、免疫力が落ちるため感染症にかかる確率が高くなる。
そのため、この期間はうがい手洗いを徹底することはもちろん、注射を打って強制的に白血球を上げる対策が行われる。
多くの人は投薬2週間後くらいでまた自然と上がってくるとの事。

でも、マスクしてうがい手洗いを徹底して、なるべく人ごみに行かないようにすれば日常生活には支障ないとのことで、この週末は外泊許可がでた。
久々に自宅に帰ってきました。

初めての抗がん剤の感想は、たしかにラクでは無いですが、想像してたよりはずっと軽くて、今後耐えていく自信がないってほどでもありませんでした。
これは恐らく、副作用の対策がしっかりしていて、ひどくなる前に早めの対処をしていただいたおかげかなって思います。
一般的な標準治療なので副作用対策もどんどん進歩しているんではないでしょうか。
ただ、これで安心てわけでもなく、今後治療回数を重ねていくごとに副作用もきつくなっていく可能性があることも考えなければならないと思います。
治療の辛さに見合った結果が出ることを信じてがんばろうと思います。






最終更新日  2008.05.11 00:28:34
[悪性リンパ腫日記] カテゴリの最新記事


プロフィール


Da-yan

カレンダー

お気に入りブログ

RYU さんの人生い… ★りゅうさん★さん

コメント新着

koukisinboy@ Re:退院(07/15) 抗がん剤は命を縮めるだけですよ http://…
エン@ エンです。 はじめまして、また遊びにきます。 http:/…
sun1255@ はじめまして。 抗がん剤の治療に頑張られてるんですね。 …
sun1255@ その前に 1977年に発表された「アメリカ上院栄…
わだわだわだ3346@ ありがとう! 前にコメントで見かけたお小遣いサイトす…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.