042701 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蒼い旅人

PR

Category

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Comments

初夏のレモネード@ Re[1]:マドリッド市内へ(09/05) sp_cub_110さん、おはようございます。 …
sp_cub_110@ Re:マドリッド市内へ(09/05) 最悪のロストじゃぁなくてよかった(?)…
sp_cub_110@ Re:卒業旅行はヨーロッパ一人旅(01/16) ご招待いただきありがとうございます。 登…
初夏のレモネード@ Re:言葉が通じないのはつらい!! ●nico●さん、コメントありがとうございま…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

れをんの お買い得 … leon_tyoさん
MAROW'S BLUE ROOM 麻郎0066さん
神奈川の土地専門店 クレアの二人さん
ステロイドに負けな… 美咲_29さん
☆青☆のありがとうの… ☆青☆さん

Freepage List

Headline News

Profile


初夏のレモネード

2016.12.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
マドリッドからバルセロナへの夜行列車では、窃盗団への恐怖からなかなか眠れなかったので、
同じコンパートメントにいた女子大生とずっといろいろなことを話し合った。

それでも、やっぱり疲れもあるし、眠くなるので、明け方はうとうとと眠っていた。

やがて列車はバルセロナに着いた。
バルセロナではコンパートメントで一緒にいた大学生たちとともに行動した。
個人的に行きたいところと言えば、FCバルセロナの本拠地ノウ・カンプ(今はカンプ・ノウという呼び方が一般的)ぐらいで、そのほかは一般的なサクラダ・ファミリアとかに行ければよかった。

よって、まずはサクラダ・ファミリアに行くことになった。
こういうところにもともと興味があったわけではないので、こういう建物があることは知らなかった。
地球の歩き方の観光案内を見て、それから、同行した大学生から聞いた話しで知っただです。

着いてみての感想は、圧巻だったの一言です。



とにかく見上げるほどに壮観でした。
一緒にいた女子大生がこの建物はガウディが設計して完成するのは
遥か数十年先ということ。
スペイン人はのんきだなーと思いました。

それから中に入りました。
中も工事中でした。






Last updated  2016.12.04 12:03:02
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.