042667 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

蒼い旅人

PR

Category

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Comments

初夏のレモネード@ Re[1]:マドリッド市内へ(09/05) sp_cub_110さん、おはようございます。 …
sp_cub_110@ Re:マドリッド市内へ(09/05) 最悪のロストじゃぁなくてよかった(?)…
sp_cub_110@ Re:卒業旅行はヨーロッパ一人旅(01/16) ご招待いただきありがとうございます。 登…
初夏のレモネード@ Re:言葉が通じないのはつらい!! ●nico●さん、コメントありがとうございま…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

れをんの お買い得 … leon_tyoさん
MAROW'S BLUE ROOM 麻郎0066さん
神奈川の土地専門店 クレアの二人さん
ステロイドに負けな… 美咲_29さん
☆青☆のありがとうの… ☆青☆さん

Freepage List

Headline News

Profile


初夏のレモネード

全4件 (4件中 1-4件目)

1

絶景

2008.05.07
XML
カテゴリ:絶景
キャンプから帰ってきた5月4日(日)の翌日、ゴールデンウィーク(以下GW)も
あと2日残っていたので、5日(月・祝)は天気がいまいちだったものの、
栃木県の足利フラワーパークに行ってきた。

きっかけは義理の兄からの誘いであったので、便乗したものだ。
どんなところかあまり知らなかったものの、ものはためしというものだ。
往路は東北道の館林ICで下りた。
もう夕方5時ごろだったのに駐車場の入り待ちで渋滞していた。
この時期は夜にもライトアップで開園しているとのことだ。

入園してみると、そこは藤の楽園だった。
自分の人生の中でもこんなお花畑は見たことなかった。
まだ、行ったことのない方は是非、この時期に行ってみることをお勧めする。
日のあるうちもよかったが、ライトアップされた光景もなかなかのものだ

帰りは、今年3月にできたという北関東自動車道の大田・桐生ICから
関越を経由して帰ってきた。
なかなかの小旅行であった。

5,000円以下で予約できる宿がたくさんあるトクー!トラベルはお勧めです。



ランキング応援よろしくお願いします。同一テーマのサイトはも以下を参照してね↓
旅行ガイド・プラン
人気blogランキングへ
くつろぐブログランキング






Last updated  2008.05.07 12:49:37
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.15
カテゴリ:絶景
その幻想的な風景を見たのは、まだ、青函連絡船が運航していた頃だった。


北東北 その向こうへ -青函連絡船篇-

当時、大学生として過ごしていた福岡から朝の新幹線に乗り、
夏休みを利用して1ヶ月間の北海道周遊旅行に出かけた。

このときは、JRになる直前の国鉄から発行されていた北海道ワイド周遊券なるものを利用したと思う。
生まれて初めての長期間の鉄道旅行の旅であった。

福岡から朝10時過ぎの新幹線に乗ったものの、当時の0系新幹線は今とは違って、
東京まで8時間ぐらいかかったので、東京駅に着いたのは、夕方6時前だった記憶がある。
有楽町で一旦、親戚のおじさんと食事をして、上野駅に移動した。
驚いたことに、出発の2時間ぐらい前なのに、夜行急行「八甲田」の出発ホームには
たくさんの乗客が既に列をつくっていた。
当時、夏の北海道への周遊券の旅は大人気だったのである。


EF57-5+10・43系客車 急行「八甲田」

周遊券は自由席だったので座席に座れるか心配だったものの、
なんとか座席は確保できた(友人Mとは隣同士にはなれなかったが)
乗車しても、寝台車ではなく、ただのリクライニングだけの座席で朝まで耐えなければならない。
他の乗客と違って、既に8時間の新幹線のあとである。
若さだけがたよりだった。

なんとか朝、青森駅に到着したもののあまり寝付けなかった。
そこから、青函連絡船に乗ったことで、手足が伸ばせたし、横にもなれたので返ってよかった。

そして、函館に着くと、なんとみんな全速力でホームに走り出した。
特急列車の席取りなのだった。
こっちも負けずに走った。
なんとか座席は確保できた。この1ヶ月間ずっとこんな感じかとうんざりした。

特急列車に乗って洞爺湖の最寄駅の洞爺駅に着いた。
もう、夕方に近かった。
ここまで、福岡から出発して2日間かかった。
そこから、洞爺湖までバスだったが、田舎のバスなので待ち時間も長かった。
(そこが、のんびりできていいんだけどね)

そして、バスは夕暮れの洞爺湖のバス停に着いた。
僕たちは湖の方へ向かって歩いた。
そこはリゾートホテルが立ち並び、湖岸が芝生で広々としていた。

霧が湖上に漂っていた。
生まれて初めて湖というものを見た。
波がまったくなく、見たことのない神秘的な風景だった。
今までは、波のある海しか見たことがなかったら、その静けさに感動した。

旅で出会う風景は、その季節、天候、自分の心理状態などによって受ける印象は違ってくるだろう。
しかし、僕にとっては、確実に、この日の洞爺湖の風景は忘れられないものである。


洞爺湖(注:画像は訪れたときのものではありません)






Last updated  2007.02.16 00:03:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.12
カテゴリ:絶景
日本の渚100選で堂々の第1位になった長崎県五島市三井楽町(五島列島の福江島)の
「高浜ビーチ」
五島は僕の故郷なので、これは特筆ものである。

僕も小学生の頃、初めて高台から見下ろしたとき
眼下に広がった蒼い海と白い砂浜に思わず
「わー」
と声を出したものだ。

沖縄やハワイ、サイパン、グァムなどの海に行った方でも、ぜひ一度訪れて欲しいものです。
観光開発で俗っぽくないきれいな海が魅力です。


天 Universe~美しき日本 百の風景より~【NSDS-8259】=>20%OFF!天 Universe~美しき日本 百の...








Last updated  2007.02.13 00:37:48
コメント(2) | コメントを書く
2007.02.05
カテゴリ:絶景
ときどき、テレビで世界の絶景100選なるものをやっている。
これ、友達も言っていたけど、日本の絶景100選をやれば観光地の関係者も旅行者もいいと思うんだけど、やはり選ばれなかったところが文句言うんだろうか?

僕がこれまで旅したところの中で絶景の場所を少しずつ紹介して行こうと思う。
パッと思い出すのはイギリス湖水地方の風景である。

去年、関口知宏さんの旅シリーズでも訪れていたので、思い出した。

日本人の訪問者が多い観光地であるのだが、湖のほとりの芝生は美しい。
中心のウィンダミアあたりは人が多いけれど、湖の岸辺を結ぶ渡し舟に乗ると面白い。
また、ピーターラビットのふるさとなので、ベアトリクス・ポターゆかりの地を尋ねてみるのもいいだろう。

肝心の絶景の風景はたしかケズウィックから車で行って、そこから徒歩で1時間弱ほど
のところにあったと思う。
小さな湖でナショナル・トラストによって保護されているところのようだった。
地球の歩き方の読者投稿で「この世のものとは思えない風景」のふれこみ通りの幻想的な
湖のたたずまいだったことを覚えている。

このときの旅の記憶はいろいろあるので、いつかじっくり書いていきたい。







Last updated  2007.02.06 04:13:23
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.