1589608 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

浩士の写真日記

PR

Profile


浩士

Comments

浩士@ Re[1]:シンガポールへ移動(^^♪(03/02) ■pgion14さん 離陸して、オレンジジュース…
pgion14@ Re:シンガポールへ移動(^^♪(03/02) あっと言う間にシンガポール到着ですね〜…
浩士@ Re[1]:マンダリン・クアラルンプールの朝食(^^♪(01/11) ■pgion14さん ホント、素晴らしかったです…
pgion14@ Re:マンダリン・クアラルンプールの朝食(^^♪(01/11) 素晴らしい〜! ステーキからナシレマまで…
浩士@ Re:うわ~すごく綺麗。(09/30) ■むむ4614さん ホントに★が重なった感じで…

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

全3件 (3件中 1-3件目)

1

【旅行】200811 ソウル

2008/11/12
XML
テーマ:韓国!(12533)
グルメ編
ホテル編
とお届けしてきましたが、今日はどちらにも入らなかった「その他編」として
お届けします~。「その他編」って、、、変な響き。。。^^;
気にしない、気にしない。

まずは今回は成田ではなく羽田空港利用だったのですが、
羽田の国際線乗り場にはラウンジがあります。
日本語表記「特別待合室」と何やら立派な名前なのですが、
その下に英語表記で「Airport Lounge」と書いてあります。
日本語はもったいぶってますが普通のラウンジやん。。。^^;

このラウンジ、誰でも利用できるわけではなく、
通常はビジネスクラスのお客さんが利用できるラウンジとなっているようです。
ただ、1000円払えばエコノミークラスの利用者でも使えるみたい。
夜中の0時発の便なので、その他の飛行予定もなく、
待っているのは私たちの乗る飛行機の乗客ばかり。^^;
ビジネスクラスの設定がないので誰も使ってません。

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典である
プライオリティ・パスという世界の空港ラウンジが利用できるカードを
持っていたので、嫁さんに聞いてきてもらったのですがダメでした。

でもクレジットカードでOKとのこと。
空港ラウンジはゴールドカード以上で利用可能となることが多いのですが、
このラウンジはある2種類のカードの会員のみ利用できるとのこと。
そのカードに該当したのでめでたく無料で利用できました。^o^

ちなみに、その2種類のカードというのは、、、
DINERS CLUB PREMIUM CARD
JCB THE CLASS
の二つ。

私は前者のダイナースのプレミアムカードを持っているので使えました~。^o^
ラウンジで普通のダイナースはダメでプレミアム限定というのは初めてだな~。

■羽田国際線ラウンジ

このラウンジ、結構広くてたぶん100名以上収容可能。
でも利用者は私と嫁さんの二人だけ。^^;
飲み物や軽食がいただけます。
(クッキーやスナックしかなかったのは時間が時間だから??)
時間までのんびり過ごしました。

お次は韓国の地下鉄。
こんなサインがあります。

■地下鉄の車内に貼ってあるサイン

携帯電話は禁止、ではなく。。。
マナーモードにするのは日本と同じですが、
通話は小さな声で、と書いてあります。
つまり通話は禁止されていません。
国によって違うものですね~。

明洞でドクターフィッシュを体験。

■ドクターフィッシュ
なんと人間の皮膚の角質を食べてくれるお魚なのです。
大量に来るとくすぐったいのですが、なれると気持ちいい。^o^
つるつるになったような。。。気がします。

そしてこれは。。。
普通にエレベータのパネルです。
この建物は何階建てでしょうか?

■エレベータパネル

存在しない階もあるし。。。
なぜこんなことに?というのは全く謎です。^^;^^;

ということで韓国旅行の記録はこれで終了。^^
次はどこに行こうかな~。^o^







Last updated  2008/11/12 09:02:54 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/11/08
テーマ:韓国!(12533)
前回は「グルメ編」をお届けしました。
今日は「ホテル編」です。
旅行というのは泊まる場所も楽しみの一つだと思います。
しかし今回の旅行は格安ツアーなので、、、
大きな期待(小さな期待も?)はできません。

空港とホテルの送迎はツアーに含まれているのでバスで移動です。
で、到着したのがここ。
「シティパレス」というホテルです。
到着したのは5時過ぎ。もちろん夕方ではなく朝の5時です。^^;

■シティパレス 室内 ベッド

ツインの部屋でベッドはセミダブルではなくダブルのベッド×2だったみたいです。
ということでベッドは大きめでOK。
床暖房の効いた部屋で扇風機が壁にあります。

■シティパレス 室内 扇風機

ちなみに扇風機の羽根が外れていて動きませんでした。^^;

ユニットバス・トイレもありますが、これが。。。かなりすごいです。
洗面台はヒビが結構入っていたり、
ドア枠のシリコンの詰め物が痛みまくっていたり、
シャワーカーテンがバスタブに届かない長さなので
バスタブの外に水が飛び散って水浸しになるし。。。
掃除はしてありますが清潔感はまるでなし、という不思議な空間が。。。

チェックインの時は真っ暗でよく分かりませんでしたが、
次の日の出かけるときに外観が見られました。

■シティパレス 外観

うーーん。。。この写真で見る方がまだキレイに見えるかな。^^;
相当さびれてます。

ホテル名は出発前に分かっていたので、
実はこのような状態は想定の範囲内でした。
だからといってホテルを変えてもらう訳にはいかないのです。。。

到着日は早朝に着くから我慢するとして、
(実際、2時間寝ただけですから。。。)
その次の1泊はツアーとは別に予約しておきました。(^^)v
いやぁ、良かった。

なのでスーツケースは部屋に置いて、
1日分の着替えを持って朝8時過ぎにホテル出発。
終日自由行動なので好きなところにお出かけです。

1日遊び歩いてホテルに向かいます。
到着~。^o^

■リッツ・カールトン ソウル エントランス

今回のツアーのホテルとは大違い。。。^^;

リッツのシンボル、ライオン君と記念撮影。

■リッツ・カールトン ソウル ライオン&プー

外観はこんな感じです。

■リッツ・カールトン ソウル 外観

リッツ・カールトンは日本ではかなり高級なイメージがありますが、
ソウルのリッツはそうでもありません。
ホテルの格付け的には最上級の5つ星(特1級)にはなっていますが。
お値段はクラブルームで2万円程度。もちろん一人ではなく一部屋です。
今回は別の割引があってもっとお得に泊まれました。^^

ベッドルームはこんな感じ。

■リッツ・カールトン ソウル 寝室

寝室が別室になってました。テレビも付いてます。
リビングはこんな感じ。

■リッツ・カールトン ソウル リビング

窓際のテーブルの上には、ようこそのメッセージカードと共に
チョコレートが置いてあります。

別の角度から。。。

■リッツ・カールトン ソウル リビング

ガラステーブルの上にはニンジン飴の入ったボール、
ランプの下にはポプリが置いてあります。

結局、リビングにはテーブルが2つ、デスクが一つ、椅子やソファー、
テレビと冷蔵庫、ミニコンポ、FAXがあります。
FAXが置いてあるところがビジネス色が強い証拠かな。

そしてお風呂場。

■リッツ・カールトン ソウル バスルーム

バスルームは洗面台、トイレ、バスタブ、シャワーがあります。
そうそう、ここにもテレビがありました。
ということでテレビは一部屋に3台も。^^;

韓国旅行をする際の注意点ですが、
歯ブラシやシャンプーといった使い捨て消耗品類は置いてありません。
環境保護の観点から法律で禁止されているようです。
なので、自分で持って行くか、現地のコンビニなどで購入する必要があります。
ちなみにリッツ・カールトンの場合、歯ブラシ、歯磨き粉、ひげ剃り、
ヘアメイクセットなどが置いてはあります。

■リッツ・カールトン ソウル 有料アメニティ
しかし無料ではなく別料金です。
ちょうど冷蔵庫の飲み物を飲むと別料金なのと同じシステムです。

こちらは無料で使える物。

■リッツ・カールトン ソウル 無料アメニティ
もちろん、石けんやタオル類は普通に置いてあって無料で使えます。

リッツのクラブルームなのでクラブラウンジが使えます。

■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ

ソウルのリッツは1日4回のサービス提供。
今回は夜にちょっと1杯と、朝食でしか利用しませんでしたが。。。


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ

そんなに大きくないのですぐ満員になっちゃいます。


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ

では、グルメ編で割愛した朝食のご紹介です。^^
ビュッフェスタイルです。

■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
スモークサーモン、ペンネ、ハム、ホタテのマリネ、エビのマリネ


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
ベーコン、ソーセージ、点心、玉子の蒸し物


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
お粥


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
味噌汁


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
パン


■リッツ・カールトン ソウル クラブラウンジ
チーズ、フルーツ

バリのリッツに比べると見劣りしますが、
ソウルのリッツはビジネス利用を想定しているみたいだし、
料金の差を考えれば十分です。

これで、東京、バリ、ソウルの3カ所のリッツ・カールトンを制覇。
次はどこのリッツに行こうかな~。^o^
ということでソウル ホテル編でした。^^







Last updated  2008/11/08 05:47:40 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/11/03
テーマ:韓国!(12533)
この週末は秋の3連休でしたね~。
嫁さんが安いツアーを見つけてきたので行ってきました。^o^

あ。。。バリ挙式の日記がまだ完結してませんが、
割り込みということで。。。^^;

日程は。。。
1日目(金) 夜羽田集合
2日目(土) 羽田出発 ソウル到着 終日自由行動
3日目(日) 終日自由行動 夜ホテル集合 ソウル出発
4日目(月) 朝羽田到着
という感じ。

よくある「○泊○日」という表記が難しい。。。
ツアーにも書いてなかったし。^^;
なぜなら、2日目ホテルに到着するのは明け方。
これが1泊になるのかどうかかなり微妙だ。^^;^^;

今回はグルメ編でお届けしま~す!

日付が変わる0時発の便なので機内食はないんだろうな~、
と思ってたら。。。ありました。
その名も「食楽空弁」の松花堂シリーズ「紅(くれない)」。
月刊誌『食楽』とJALのコラボ弁当です。

■機内食
上の段、左から。。。
・いくらご飯
・ひじき枝豆煮
・蟹寿司
・焼魚(万鯛)
下の段、左から。。。
・がんも煮
・ゆかりご飯
・蒸鶏唐辛子味噌和え
・きのこご飯

飲み物は白ワインと赤ワインをいただきました。^o^

■赤ワイン

■白ワイン

お次は朝食。
明洞栄養粥専門店にて。

■明洞栄養粥専門店

明洞にあるお店です。


■おかずセット(パンチャ)

まずは小皿が出てきます。
頼んでないのに出てくるのですが、これはパンチャといって
料理を頼むと出てくるものです。
日本のお通しのように感じるかもしれませんが、
別料金を取られるわけではないので安心して食べましょう。^^
おかわりもOKです。

パンチャをつまんでいるといよいよお粥登場~。^o^

■特別あわびのお粥
お値段W15,000(約1,200円)

あわびのお粥です。
普通のあわびのお粥ではなく「特別」が付いていますが、
韓国産のあわびを使っているそうです。
普通の方はきっと中国産なんだろうな~。

嫁さんのお粥はこちら。

■にわとりのお粥
お値段W7,000(約560円)
鶏のお粥です。
国産アワビ使用のお粥は高いですが、
こちらはそうでもありません。^^

どちらも美味しかったです~。^o^

続きまして。。。
お昼ご飯です。

■全州中央会館 本店
これも明洞にあるお店。
石焼きビビンバの創始者のお店らしいです。

ここでもパンチャが出てきます。

■おかず

頼んだのは。。。

■全州石焼きビビンバ
お値段W9,000(約720円)
名物の石焼きビビンバと

■参鶏湯(サムゲタン)
お値段W10,000(約800円)
サムゲタンです。

ビビンバは超具だくさん。
もちろんとっても美味しいです。^o^
サムゲタンも大きなお肉がどーんと入ってます。
そして鶏肉の中にはお米や様々な具が詰まっています。

おやつ、というかお昼の直後ですが。。。
長~いソフトクリーム

■32パフェ
お値段W1,000(約80円)
店名の「32」が示すように、長さ32cmのソフトクリームです。
細身なのでボリューム感はそんなになく、
甘さも控えめなのでペロッと食べられます。
長さが重要なので味は。。。重要ではないようです。^^;

買い物したらクリスピードーナツのタダ券をもらったので
続いてクリスピードーナツ。
日本ではまだまだ大行列ですが、
韓国のクリスピードーナツは普通のファーストフードと同じです。

■クリスピードーナツ
もらったのはドーナツ1個のタダ券なのでコーヒーだけ頼みました。
もう一つのドーナツはサービスでできたてのをもらえたので、
結局二人でドーナツ3個とコーヒー1杯。

晩ご飯は江南にある「元祖サンパッチプ」

■元祖サンパッチプ
ガイドブックの地図を見ながら探したんだけどなかなか見つからず、
もう諦めようかと思った矢先に1本裏の道で発見。^^;
かなりの混雑でした。

頼んだのは名物料理。

■大量の野菜とおかず
サムパブ。
肉を焼いて野菜で包んで食べる料理です。
お値段W8,000(約640円/1名)
この値段で30種類以上の野菜、10種類以上のおかず、
薄切りの三段バラ肉半人前、ご飯などが含まれています。
肉のお代わりや飲み物は別料金。

■豚の薄切り三段バラ肉
お肉を焼いて野菜で包んで食べます。
おかずやご飯なども一緒に包みます。^o^
韓国焼酎は1本W3,000でした。日本円で240円。
めちゃくちゃ安いです。
お肉をお代わりしましたが、野菜は全部は食べきれません。^^;
お腹いっぱいで退散です。

朝食はここでは割愛して。。。
次の日の昼食です。
明洞の「ユガネ」というお店。

■ユガネ
ここの名物はタッカルビ。
頼んだのは「タッカルビ鉄板ライス」
お値段W5,000(約400円/1名)

■ユガネ
こんな感じの小皿が出ます。

目の前の鉄板でお店の人が調理してくれます。

■調理中
手早くささっと炒めて。。。

そして完成。

■タッカルビ鉄板ライス

辛いけど美味しい~。^o^
そして安い。2人前でW10,000(800円)ですから。^^
もっと食べたかったけど、他にも食べたいものがあるので
これだけで我慢。

そして韓国海苔巻き。

■キムネ
通りを歩いて、このお店に決定。^^


■韓国海苔巻き
海苔巻きの盛り合わせがW3,500(約280円)
キムチ、ツナ、牛肉の3種類です。
1本の海苔巻きで3種類を作り分けています。


■ユッケジャン
お値段W5,000(約400円)
牛肉と野菜などの辛いスープというか鍋というか、というもの。
ご飯も付いてきます。

もうお腹いっぱいです。。。^^;

そして帰りの飛行機。
またしても機内食登場。

■機内食
時刻は明け方の4時過ぎです。^^;
でも残さず完食。^^;^^;

ということでグルメ編はこれでおしまい。^^
いやぁ。。。食べ過ぎました。。。
安くて美味しいんだから、そりゃそうだよね~。^^;^^;
大満足の旅行でした。







Last updated  2008/11/03 06:30:19 PM
コメント(6) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.