000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Comfortable sports life  SuzySports

PR

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

Freepage List

Calendar

2010.02.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


【速攻ゴルフ上達法!】超少ない練習で速攻進化のゴルフ上達法! 100切り90切りに打込み練習は必要ありません!




 【バンクーバー=山下昌一、吉永亜希子】トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が決まった――。



 23日(日本時間24日)に行われたフィギュアスケート女子・ショートプログラム(SP)。浅田真央選手(19)はミスのない完璧(かんぺき)な演技。女子SP史上、初めてのトリプルアクセルを成功させ、観衆を魅了した。女王・金妍児(キムヨナ)選手(韓国)に次いで2位。金メダルに手の届く位置につけ、次のフリーの演技に期待をつないだ。安藤美姫選手(22)も4位と健闘。鈴木明子選手(24)もわずかな差で上位に迫っている。



 クランベリー色の衣装に身を包んで、リンクに滑り出した浅田選手はやや緊張した表情。SPのテーマ曲は「仮面舞踏会」。弦楽器の重厚な響きがコロシアムに流れ出すと、勢いよく氷をけった。



 最初に挑んだのが、女子SP史上、だれも成功させたことのないトリプルアクセル。かたずをのんで見守っていたスタンドが一気に歓声に包まれると、笑みがこぼれた。その後も、難易度の高い技を次から次に繰り出し、観衆を魅了した。



 演技が終わり、大拍手が起こると、柔らかな笑顔で会釈した。ぴょんと跳びはねるように手を振った後、リンクサイドのコーチと何度も抱き合った。<73・78>。高い得点が表示されると、目を輝かせて「すごい」と発した。



 「金メダルを取ります」と、あっけらかんと言ってのける「真央ちゃん」もやはり緊張していたのか、少し涙ぐんだ。「ほっとしました。でも、まだフリーがあるので」と気持ちを最終決戦に向けていた。



 この日、浅田選手の演技を見た愛知県豊田市の高田喜代子さん(52)は、「SPはこれまで良くなかったのでヒヤヒヤだったが、今日は感激」と涙声で語った。



 日の丸を振り続けた東京都世田谷区の根田暮美さん(48)も、「真央ちゃんのいい滑りを見ることができて、幸せな気分です」と声を弾ませた。

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または読売新聞に帰属します。
あなた少しお腹が気になりませんか?










Last updated  2010.02.24 16:24:31
コメント(0) | コメントを書く


Free Space


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.