000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Comfortable sports life  SuzySports

PR

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

Freepage List

Calendar

2010.03.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類







 会社更生法に基づき、経営再建を進める日本航空は2日、経営合理化策の一環として、女子の国内トップリーグ、Wリーグに所属するバスケットボール部「JALラビッツ」を、10月開幕の2010~11年シーズン限りで廃部すると発表した。



 同チームは1967年に設立。現在は元日本代表主将の矢代直美ら16人が所属している。全日本総合選手権では優勝1度、Wリーグでは準優勝3度の実績がある。今季は全日本3位、Wリーグ4位だった。選手が客室乗務員を務めていることでも知られ、08年9月には同チームをモデルにした映画も公開された。



 東京都内で記者会見したチームの渡辺智部長は「国民の皆さまの理解をいただいて、早期再生へ全力を傾けている。合理化策として総合的に判断した結果」と説明した。チームや選手の受け入れ先は未定。今後、選手の希望を聞くなどして対応を決めるという。



 4月からの新シーズンは活動を継続。今季得点王の岩村裕美主将は「厳しい状況は把握しているので、来季も続けられることに感謝している。この1年をしっかり戦いたい」と話した。



 JALの経営再建を巡っては、子会社のJALグランドサービスも3月いっぱいで陸上部の廃部を発表した。




日航、子会社の陸上部を廃部 女子バスケ存続は未定

宮崎女子ロード、30回の歴史に幕

ソフトボール パナソニック電工も休部へ

ソフトボールのレオパレス21が廃部へ

アコムが陸上部を廃部へ 経営環境悪化で

黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または産経新聞に帰属します。
あなた少しお腹が気になりませんか?










Last updated  2010.03.02 21:55:40
コメント(0) | コメントを書く


Free Space


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.