089560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風まかせ

PR

X

カレンダー

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月

ニューストピックス

お気に入りブログ

26日、火曜日 New! マロの母さん

プロフィール


Weiss

サイド自由欄

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

カテゴリ

2011年01月20日
XML
カテゴリ:手づくり
かかとの編み方がやっとわかりました。やっぱり読むだけよりも実際に編みながら読んだ方がわかりやすいです。手持ちの日本語の本はどれも履き口からの編み方なので、逆にすればいいんだよな……と思ってもさすがにかかとはわかりませんでした。"Toe-Up 2-at-a-Time Socks"に載ってるサンプルの編み方はおそらくラップ&ターンとかいうかかとだと思います。

ここで編みながら気づいたのだけど、まち部分までのぐるぐる編みを、多分甲と足の裏逆にしてしまってる……( ̄▽ ̄;)
あれー、ちゃんと確かめたのになー??(´・ω・`)??

その上、まちが来るからまっすぐなのはこれくらいで良いよねーとか勝手に短くしちゃったけどかかとはそんなに長くありませんでした。子供用ってくらい短くなったorz 下の子に入らなかったらこれかーちゃん解くよ……(´Д`) あ、でも横幅は私の足に合わせたな……。ゲージもOPALの糸はかなり細いので目数増やしたり。……やっぱ解いた方が良いような気がして来た……( ̄▽ ̄;)

まあこれでかかとの編み方もわかったし解くことになっても得るところはあったよ(´・ω・`)

ちなみにサンプルの編み方はサンプルだけあって全部メリヤス編みなので、甲側と裏側をわかりやすくしようと思って、この本のCパターンを参考にしました。甲側が鹿の子編みになってます。







最終更新日  2011年01月21日 02時57分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[手づくり] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.