3811449 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ようこそ!「雲の上はいつも青空」

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

ニューストピックス

2007年10月13日
XML
カテゴリ:あおぞら研究所

先日の経営セミナーの続きですえんぴつ 

「我が社は社員がよう働いてくれたからなぁ」が口癖だったそうです。
ご本人も、「いくら寝ずに悩んでも、前向きに考えないと物事は決して解決しない。
だから悩むのをやめて、最初から前向きに取り組めばいい」と、前向きな方でした。
 
昭和5年の不況時には、世の中ではリストラが大流行。ところが松下氏はひとりも
首を切りませんでした。せっかく育てたのに、いま切れば、景気が良くなったとき
また最初から育てなくてはならなくなるから。しかし不況で製品は売れず、倉庫に
入りきれない在庫の山を抱えています。そこで、生産を半分にすればいい、と
社員を半日だけ働かせ、残りの半日は在庫を売りに行かせました。
こうして、2ヵ月半で在庫を売りさばき、ひと足早く不況から脱出したのです。

社員の転勤時には「左遷された」と思わせないよう、「君しかいない」と送り出しました。
「あそこは成績が良くないから、君が行って立て直してくれ」と。出来ることから一つずつ
解決するようアドバイス。昭和55年、70億の私財を投じてつくった松下政経塾の塾頭に
営業マンを抜擢する際には、「(政治に関して)素人だから良いんだ」と激励しました。

部下育てにあたっては、部下の意見をよく聴き、松下氏の思うところの50%以上のものなら
「それでやってみなさい!」と背中を押して、自分でやらせてみる。そうすると、失敗したとき
上からの指示のせいにせず、部下が自分で失敗原因を考え、次から失敗しないよう努力する。
口は一つしかないが、耳は2つある。人の話をよく聴くためにある。聞き上手=話し上手である。

また、松下氏は実行する前にプラン等を発表してきました。他社にバレてしまいますが・・?
「口に出して言うと、8~9割は出来たのと同じだ!」先に公言することで、出来なかったと
思われないよう必死に努力するのです。社員も一丸となって、努力します。
「成功の要諦は、成功するまで続けるところにある。途中で止めるのが失敗だ!」
  
「世界の総ての物は生成発展している。自分の考え方も、停まると退化したのと同じだ。」
いつも仕事のことばかり考えていたそうです。テレビニュースや新聞広告を見て、秘書に突然
「この洗濯機のシェアは何%か?」、移動中の乗用車で「あそこの信号機はどこの製品か?」
後日、自社のものでないと判ると、なぜ自社が他社に負けたのか原因を調べさせ、一つひとつ
改善していったのです。 何で?何で?を一生持ち続けた、「永遠の少年像」です。

また、森羅万象あらゆることから学びました。桜の花を見ては、冬の辛い時期を耐えてきたから
いま美しく花開いている。相撲を見ては、力士のあの勇ましい姿は日ごろの厳しい練習の成果
である、と。 「心して見れば、万物ことごとく我が師となる。」

ご夫人もまた、素晴らしかったそうです。決して前に出ず、陰で夫を支え続けました。
松下氏が平成元年に94歳で、むめの夫人が平成5年に97歳で天寿を全うされました。


このような松下氏の生きざまから学ばれた蟻馬先生の人生のテーマは、
「知り合いになって良かったと思われる人になること」
これは、私も本当にそうなりたいと思っていることです。
そう思われることで、さらなる元気と勇気が湧き、もっと成長できると思います。

蟻馬先生が最後におっしゃった言葉です。
「知っているだけではダメ、実行しなくては意味がない。」
「過去をどれだけ振り返っても、過去を変えることはできない、変えられるのは未来のみ。」
「あのときは若かったなぁ、と過去を振り返るのではなく、今日が一番若い、と
未来を見つめること。人生は一日一日減っていくが、増えることはない。」



松下氏の人となりにも大変感銘を受けましたが、
私が一番ドキッとしたのは蟻馬先生の一番最後のひと言です・・

          お金は、使えばなくなる
 
          頭は、使えば良くなる
 
    時間は、使っても使わなくても、なくなる・・

後悔しないよう、一日一日を大切に生きているつもりではありましたが、
ドキッとするということは、まだ十分にはできていなかったのかも知れません。
あらゆることを考えさせられた、経営というより人生勉強のセミナーでした。
 


余談ですが、このセミナーの後、前日に引き続き映画の試写会に行ってきました。
この日は郊外のシネコンで、車で移動してギリギリで間に合いました。
アクションものでしたが、どうも私にはいまひとつでした・・ 







最終更新日  2007年10月13日 11時50分48秒
コメント(10) | コメントを書く
[あおぞら研究所] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「松下幸之助翁に学ぶ」 ~後編~(10/13)   名人ジャパン さん
「知っているだけではダメ、実行しなくては意味がない。」
 いい言葉ですね。私なんぞも、考えていてもなかなか前に進まないことがあります。要するに、やる気がないといわれても性がないと思ってます。反省!

(2007年10月13日 12時37分27秒)

Re:「松下幸之助翁に学ぶ」 ~後編~(10/13)   元気パパ1956 さん
自分の時間を使うために会社辞めましたね。
今日も4時半に起きてきっちり時間使ってます(笑)
溜まった雑誌斜め読みして全部捨てて、オーディオルームきっちり掃除して、衣替えして、お昼ご飯作って、モルツ飲んで・・(笑)
これからそのオーディオルームで心置きなく大音量で映画です。(子供が図書館に勉強しに行きましたので・・)
(2007年10月13日 12時49分47秒)

名人ジャパンさんへ   ☆サニー さん
名人ジャパンさん
>「知っているだけではダメ、実行しなくては意味がない。」
> いい言葉ですね。私なんぞも、考えていてもなかなか前に進まないことがあります。要するに、やる気がないといわれても性がないと思ってます。反省!
-----
そんなこともあるかも知れませんね。
私はどちらかというと、迷わず即行動するタイプです。
やらなくて後悔するのがイヤで、やって失敗しても納得するので。
じゃぁ次はこうしようって、ヒントにもなりますしね^^

(2007年10月13日 13時36分13秒)

元気パパ1956さんへ   ☆サニー さん
元気パパ1956さん
>自分の時間を使うために会社辞めましたね。
-----
そこが凄いんですよね~ 私はもう少し経済力を付けてから。
今のうちに、自分で勉強したいこともあります。
残業はしないので、アフター6は全部自分の時間に使っています♪


>今日も4時半に起きてきっちり時間使ってます(笑)
>溜まった雑誌斜め読みして全部捨てて、オーディオルームきっちり掃除して、
衣替えして、お昼ご飯作って、モルツ飲んで・・(笑)
>これからそのオーディオルームで心置きなく大音量で映画です。
(子供が図書館に勉強しに行きましたので・・)
-----
パパさん、今ごろはお楽しみ中ですね♪

私は以前から夏場はあおぞら菜園のお手入れで午前5時に起きていましたが、
今年からは遅く帰っても毎日午前4時~5時には起きます。ド深夜型から朝型へ。
早朝って、すごく貴重ですよね。同じ2時間なら、深夜より早朝です。
ちなみに今朝は、グリーンカレー作っていたら記事完成が時間切れでした^^;

昨年・今年と引き続き、年頭に掲げた目標が「“忙しい”を言い訳にしない」。
予定が重なって片方ダメなのは仕方ないけど、延ばし延ばしを止めようと。
来年は、目標に掲げずとも身に染み込んでいることが直近の目標です。

(2007年10月13日 14時03分00秒)

Re:「松下幸之助翁に学ぶ」 ~後編~(10/13)   LUCKYFIELDS さん
『時間は使っても使わなくてもなくなる』

私は昔大阪市大の服部正(作曲家ではないですよ)教授(心理学)に人生なんでもいいから一つの自慢できる趣味を持ちなさいといわれました、私の場合移り気ですので一つに限定できないので10代は歌舞伎、20代は海外へ、30代はラグビー、40代はオーディオ、50代はご存知日本酒にそれぞれ普通の人以上にのめり込みましたそして60代今何をターゲットにしようかと、『落語』に傾倒するのも一つの選択肢ですし、又『文楽』『歌舞伎』に戻るかも。
いずれにせよ10年単位で脱皮しています。
(2007年10月13日 19時32分58秒)

Re:「松下幸之助翁に学ぶ」 ~後編~(10/13)   苺1A さん
「知り合いになって良かったと思われる人になること」というのは、いつも念頭に置いて活動していました。ある時、挫折を味わい、これまでの自信も
粉々に砕け散りました。
しかし、再度奮起してもう一度、一から始めました。今まで信頼してくれた人に恩返しをするためにもさらなる飛躍と挑戦を続けていきたいと思います。この記事には、いろいろと改めて考えさせられました。ありがとう。 (2007年10月14日 08時56分20秒)

LUCKYFIELDSさんへ   ☆サニー さん
LUCKYFIELDSさん
>『時間は使っても使わなくてもなくなる』

>私は昔大阪市大の服部正(作曲家ではないですよ)教授(心理学)に人生なんでもいいから一つの自慢できる趣味を持ちなさいといわれました、私の場合移り気ですので一つに限定できないので10代は歌舞伎、20代は海外へ、30代はラグビー、40代はオーディオ、50代はご存知日本酒にそれぞれ普通の人以上にのめり込みましたそして60代今何をターゲットにしようかと、『落語』に傾倒するのも一つの選択肢ですし、又『文楽』『歌舞伎』に戻るかも。
>いずれにせよ10年単位で脱皮しています。
-----
10年単位で、すごいですね~ 考えたことなかったです。
あちこちに手を出していて、一つに絞るのが難しいです。
自慢できること・・やはりアウトドアですね(あおぞら菜園含む)。
トレーニングを重ねて(←ただ単に楽しみたいだけ^^;)
いつか期間限定で無人島暮らししてみたいです。

(2007年10月15日 10時42分08秒)

苺1Aさんへ   ☆サニー さん
苺1Aさん
>「知り合いになって良かったと思われる人になること」というのは、いつも念頭に置いて活動していました。ある時、挫折を味わい、これまでの自信も
>粉々に砕け散りました。
>しかし、再度奮起してもう一度、一から始めました。今まで信頼してくれた人に恩返しをするためにもさらなる飛躍と挑戦を続けていきたいと思います。この記事には、いろいろと改めて考えさせられました。ありがとう。
-----
そのお気持ちはきっと皆さんに伝わっていますよ。
これからも頑張って下さいね♪

(2007年10月15日 10時43分55秒)

Re:「松下幸之助翁に学ぶ」 ~後編~(10/13)   早起き幸ちゃん さん
今、読ませて貰いました。感動しながら自分の目が丸くなって行くのが分かりました。
そして、蟻馬先生の最後のひと言、

時間は、使っても使わなくても、なくなる

肝に命じます。 (2007年10月15日 20時59分11秒)

早起き幸ちゃんさんへ   ☆サニー さん
早起き幸ちゃんさん
>今、読ませて貰いました。感動しながら自分の目が丸くなって行くのが分かりました。
>そして、蟻馬先生の最後のひと言、

>時間は、使っても使わなくても、なくなる

>肝に命じます。
-----
時間だけは、どんなにお金を積んでも手に入れることが出来ませんよね。
大事に、使いたいですね。

(2007年10月16日 10時22分01秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.